豊田剛一郎の家族構成は?父親も祖父もエリートで姉もいる?

トレンドニュース 豊田剛一郎
スポンサーリンク

小川彩佳さんの夫の豊田剛一郎さんは、不倫密会で会社の代表取締役を辞任するなど社会的にけじめを付けました。

30代で年収180億以上と言われる豊田剛一郎さんの家族構成が気になりました、調べると父親も祖父もエリートだったことが見えてきました。

姉もいるようなので一緒に調べてみました。

スポンサーリンク

豊田剛一郎の家族構成は?

小川彩佳さんの夫の豊田剛一郎さんの経歴は

豊田氏は東京大学医学部を卒業後、都内の病院で脳神経外科医として勤務。その後、外資系コンサルティング大手のマッキンゼー勤務などを経て、中学時代の同級生が創業したメドレーの共同代表に就任した。

となっていますが、実は豊田剛一郎さんの父親と祖父の経歴がエリートだったという情報がありました。

父親がエリート

豊田剛一郎さんの父親は、元衆議院議員で大蔵官僚だったエリートだった豊田潤多郎さんです。

豊田潤多郎さんは、京都出身で超難関の灘中学・灘高校を経て、1972年3月に東京大学法学部公法学科を卒業しました。

  • 1972年に東大を卒業してから大蔵省に入省して、大蔵省主計局などを歴任。
  • 1990年に大蔵省大臣官房企画官を退官して、祖父が創設した医療法人人淳宰晃会宮崎神経科嵯峨病院の副理事長に就任。
  • 1993年に新生党から出馬して衆議院議員に当選。
  • 2014年に落選するまで議員活動を続けた。

という経歴を持ったエリートだったんです。

豊田剛一郎さんは、父親の影響もあって政界進出も目論んでいたようですが、今回の不祥事で断念したようです。

祖父もエリートだった

豊田剛一郎さんの祖父もエリートだったようです。

祖父のさんは、医療法人人淳宰晃会宮崎神経科嵯峨病院を設立エリートだったようです。

小川彩佳さんの父親もエリートだった

豊田剛一郎さんの奥さんの小川彩佳さんの父親も、大学教授で大学医師会会長という医学系でのエリートだったんです。

豊田剛一郎さんの家族構成と姉について

豊田剛一郎さんの実家の家族構成は、両親と2人の姉がいる5人家族だったようです。

豊田剛一郎さんの母親は姉については、情報が出ていないことから一般人のようです。

豊田剛一郎の家族構成のまとめ

豊田剛一郎の家族構成は?父親も祖父もエリートで姉もいる?

  • 父親は大蔵官僚や衆議院銀を歴任したエリートだった。
  • 祖父は、医療法人を起こしたエリートだった。
  • 妻の小川彩佳さんの父親も、大学教授で大学医師会会長というエリートだった。
  • 母親と2人の姉は一般人のようです。

調べてみると、豊田剛一郎さんはエリート家系で育ったエリートだっということが分かりました。

若くしてベンチャー系企業の社長となった豊田剛一郎さんは、小川彩佳さんと子供をもうけて幸せな暮らしをしていればよかったのに、どうして不倫なんてしてしまったんでしょうね?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました