森喜朗の家族はエリート?

トレンドニュース森喜朗
スポンサーリンク

元総理の森喜朗さんは、もともとスポーツ好きだったのでオリンピックの仕事をしているんですね。

多分名誉とかそういうことを考えているわけじゃなく好きなんですよね。

でも、昔から失言が多い人なんですよ。

そんな森喜朗さんを分かりたくて家族構成に興味を持ってみました。

スポンサーリンク

森喜朗の家族構成は?

森喜朗さんは、石川県能美郡根上町(現:能美市)出身で、1937年7月14日生まれの84歳です。

森喜朗さんは、早稲田大学商学部出身で産経新聞を経て、1969年に衆議院議員に当選してから総理大臣を経験して、2012年に引退するまで45年も議員生活をしました。

議員引退後は、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会評議会議長を務めたりと大好きなスポーツに関わってきました。

祖父は

森喜朗さんの先祖は「庄屋」だったようです。

村請制村落の下で年貢諸役や行政的な業務を村請する下請けなどを中心に、村民の法令遵守・上意下達・人別支配・土地の管理などの支配に関わる諸業務を下請けした。社会の支配機構の末端機関に奉仕する立場上、年貢の減免など、村民の請願を奉上する御役目もあった。このような村民側に位置する機能を「惣代機能」と呼ぶ。このように支配階級の末端としての面と被支配階級の代表者としての面を共に持つのが庄屋であり、かかる蝙蝠的性格が近世を通じて庄屋・名主の立場を曖昧なものとし、その社会的機能を不明朗なものとした。

用水路など土木工事を発注し監督もした。

庄屋の身分は百姓であったが、地元の有力な豪農が多く、地侍など戦国大名の家臣だった者も少なくない。したがって初期の庄屋には勝手気ままな振る舞いをすることがあり、村方騒動のなかには庄屋の年貢・村入用不正や村民に対する私的夫役を原因としたものが多い。しかし庄屋の私的権力は領主によって規制され、その力には一定の制約があった。基本的に豪農・富農・大地主など、村の有力者が庄屋となった。 近世後期に至り領主権力が弱体化すると、幕藩領主は庄屋・名主の惣代機能を否定しようと試みるが、「取締役」などの新たな役職を設置する場合があり、近世を通じて庄屋・名主の惣代機能を払拭することはできず、明治政府の課題として持ち越されることになった。

もともと、上に立つ家系の出身なんですね。

森喜朗さんの祖父は、石川県能美郡根上町の町長を務めた森喜平さんです。

父親は

森喜朗さんの父親は森茂喜さんです。

森茂喜さんは、早稲田大学専門部法律科出身で大学卒業後は京都市役所に勤務しました。

大学時代にはラグビー部で活躍しました。

森喜朗さんがラグビー好きなのは父親の影響が強いんですね。

日中戦争時には、特別志願将校として従軍し太平洋戦争時には大隊長(大尉)として従軍し中佐まで階級を上げています。

復員後に根上町議会議員選挙に出馬し初当選し、6年後には祖父の後をついで根上町の町長に就任し9期連続無投票で選ばれています。

森喜朗さんがラグビー好きになるのも、政治家になるのもこうした家系が大きく影響しているんですね。

兄弟は

森喜朗さんには、弟がいて外科医をされています。

奥様は

森喜朗さんの奥様は「千恵子」さんと言って、森喜朗さんが早稲田大学商学部で千恵子さんが早稲田大学教育学部国語国文学科の学生だったんです。

奥様とは産経新聞勤務時代の1961年11月に結婚されています。

お子さんは

森喜朗さんの息子さんは、森祐喜さんと言います。

学歴は、玉川学園後頭部卒で東海大学教養学部中退をしてから渡米しジョージタウン大学の英語学校EFLプログラムを受講しています。

帰国後は、父森喜朗さんの秘書として活動しました。

2006年に石川県議会に当選して2010年に飲酒運転で逮捕され辞職するまで県議会議員を務めました。

2011年に急性膵炎と多臓器不全のために亡くなっています。

森喜朗さんの娘さんは、実業家の藤本真佐さんと結婚した藤本陽子さんと言います。

今回の騒動では、森喜朗さんは孫娘まで心配かけていると報道されているので、藤本陽子さんにはお子さんがいるようですね。

姪の夫

森喜朗さんの姪の夫が、参議院議員の岡田直樹さんと言います。

森喜朗の家族のまとめ

森喜朗の家族はエリートについてまとめました。

森喜朗さんの家族について調べていくと、森喜朗さんが地元石川県能美市の旧家の出身で、祖父の代から政治家の家系だったことが分かりました。

森喜朗さんが、総理大臣まで上り詰められたのはこうした背景があったんですね。

また、森喜朗さんがラグビーをやったのも父親が早稲田大学時代にラグビー部に所属していたというのが大きく影響しているのかも知れないです。

森喜朗さんが、現在オリンピックに関わっているのは、元議員としての名誉にこだわっているのではなく、純粋にスポーツが好きだったんですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました