東京オリンピック2020の中継放送を同時や見逃し配信で見る方法

オリンピック
スポンサーリンク

東京オリンピック2020の開催はほぼ確定のようですね。

となると開催期間中のテレビ中継が楽しみになります。

でも仕事をしていたり家事などの都合で生中継放送が見れないということも多々あると思います。

そこで、ネット配信で競技の様子を同時配信や見逃し配信で見れないかと思って調べてみました。

スポンサーリンク

オリンピックを同時や見逃し配信しているのは?

東京オリンピック2020の視聴には、テレビ中継で見るという人が圧倒的に多そうです。

でも、若者世代へのスマホの普及率は圧倒的に高く、テレビ離れも進んでいます。

若い世代や現役世代は、仕事や家事の都合で生中継を見れないこともあるでしょう。

また、ゆっくり見逃し配信を楽しみたいと考えている人も多いと思います。

オリンピックのテレビ中継やネット配信は、IOC(国際オリンピック委員会)との契約がないと短いニュース映像以外の放送や配信はできないことになっています。

地上波放送での中継

NHK

NHKでは今回のオリンピックを、総合テレビやBS1、ラジオ放送に加え、BS4K、BS8Kでも多くの競技を中継や録画で伝えます。
中でも8Kでの中継は過去最大規模で実施し、開閉会式や注目競技で行います。スタジアムの興奮を日本全国にお届けします。

NHKの場合は、視聴出来ない地域もほぼ皆無でしょう。

民放各局

大会期間中はほぼ毎日、午前9時(日によっては午前5時30分)から、午後11時の競技終了まで、民放5系列が日替わりで競技の生中継をメーンに長時間放送を行う。午後11時からは、その日最も注目された種目を中心に録画放送する番組「TOKYO 2020プレミアム(仮称)」を設定し、見逃しに対応する。

民放各局の放送でネックになるのは、系列局の無い県では一部の競技は見れないということになります。

そこで、どこでも見れるネット配信の価値が高まります。

ネット配信するのは

東京オリンピック2020のネット配信でも、中継や見逃し配信ができるのはIOC(国際オリンピック委員会)との契約をしているところだけです。

NHK

こちらは、NHKの東京オリンピック2020の特設サイトです。

オリンピックのニュースやスケジュール、動画などを配信中。

大会期間中(7/23~8/8)は試合結果など、​オリンピックの「今」をお届けします。

gorin.jp

民放各局合同(加盟テレビ132社)のオリンピック公式の動画配信サイトです。

2008年の北京オリンピックからスタートした、
民放テレビ局によるインターネットでのオリンピック公式競技動画配信サイト。
それが「gorin.jp」です。

このサイトでは、北京オリンピック以降の競技映像を中心に、
オリンピックの名場面の映像を数多く配信しています。
オリンピックの感動のシーンを、いつでもどこでもお楽しみいただけます。

Olympics

Olympicsとは

TV. リプレイ、シリーズ、フィルムなど、オリンピック関連コンテンツを毎日ノンストップで配信。 Home of Team USA. アメリカの厳選メディアパートナーと共にOlympic Channel Plusコンテンツをお届けしています。

YouTube Tokyo 2020

こちらは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の公式チャンネルです。

東京オリンピック・パラリンピックに関連する動画が配信されています。

オリンピックの配信をテレビで見る方法

スマホやパソコンで東京オリンピック2020の配信動画が見れるサイトは分かりました。

ただスマホで見ていると、スマホを持つ手が疲れたり、画面が小さくて目がつかれるといった問題が生じます。

電車の中や仕事の合間に見るくらいならスマホの方が便利ですけど、自宅に戻ってのんびりと楽しむならテレビの大画面で見たほうが楽ですよね。

実は、YoutubeやNetflixなどのインターネット動画配信をテレビで見れる簡単な方法について書いた記事が別にあります。

>> インターネット動画配信をテレビで見れる簡単な方法はこちらから

クリックで移動します

オリンピックの配信のまとめ

東京オリンピック2020の中継放送を同時や見逃し配信で見る方法についてまとめました。

東京オリンピック2020は開催される方向で推移しています。

競技のテレビ中継をゆっくりと見れる人は良いのですが、仕事や家事の都合でリアルタイムに中継を見れない人もたくさんいると思います。

そこで、スマホで見れるインターネット配信の期待が高まります。

オリンピックの競技内容の生配信や見逃し配信は、IOCと契約している事業者以外は、ハイライトしか配信できないことになっています。

現在、競技内容を配信できるのは、NHKの特設サイト、gorin.jp、Olympicsの3つになりますので、公式ページへのリンクを張ってあります。

また、スマホで見るのも便利ですが、テレビの大画面にスマホの画面を映す方法も合わせて説明しました。

大会期間中(7/23~8/8)は、ネット配信を活用して東京オリンピックを楽しみましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました