鈴木亮平の演技は下手なの?若い頃から人気?

鈴木亮平
スポンサーリンク

7月4日放送開始のドラマ「TOKYO MER 走る緊急救命室」で喜多見幸太を演じる鈴木亮平さん。

2007年に俳優デビューしてから俳優一筋だった鈴木亮平さん。

演技力の評価も高い鈴木亮平さんには「演技下手」と言う声もあるようです。

鈴木亮平さんに演技下手と言う声が出る理由について考えてみました。

スポンサーリンク

鈴木亮平の演技は下手なの?

鈴木亮平(38歳)さんは

  • 2006年に大学を卒業してからアクターズクリニックに所属して俳優を目指した。
  • 2007年12月の映画「椿三十郎」で俳優デビューした。
  • 2011年7月に一般女性と結婚し11月に長女が生まれる。
  • 2017年頃からドラマで主演を演じることが多くなった。

鈴木亮平さんは、最近は主演を演じる事が多いし出演した作品は多く演技の幅も広いです。

鈴木亮平さんの演技力の評価も高いのに「演技下手」と言う声があるようなので調べてみました。

鈴木亮平の演技下手説

鈴木亮平さんの演技下手と言う声にはどういう声があるんでしょうか?

確かに、鈴木亮平さんが演技下手という声はあるようです。

でも、鈴木亮平さんの演技が下手という訳ではなさそうですね。

どうやら鈴木亮平さんが下手というのは、演技が上手すぎて役になりきることで演じている役が下手に感じるということのようです。

ということは鈴木亮平さんの演技が下手という声は、演技そのものよりも見る側の主観が影響している気がします。

主観の影響とは

鈴木亮平さんを始めとする役者は、なるべく脚本に対して忠実に演じながらも自分の個性を出そうとしています。

そうした演技を見ている視聴者の主観が鈴木亮平さんの演技の評価に大きく影響を与えることがあります。

  • 作品に原作がある場合は、原作のイメージが強くて鈴木亮平さんのイメージに合わないとき。
  • 作品のキャラに対するイメージが、鈴木亮平さんのキャラと合わないとき。
  • 鈴木亮平さんが役になりきった時に、その役が嫌いなタイプだったとき。

鈴木亮平さんから感じるイメージと、思っていたイメージとの違いで違和感を感じてしまうことがあります。

このような状態になることを、主観による影響だと思うんです。

鈴木亮平の演技上手い説

今度は、鈴木亮平さんの演技がうまいという声を見てみましょう。

鈴木亮平さんの演技を評価する声はかなり多いですね。

鈴木亮平さんの演技力については、いろいろな役で上手いという声が上がっているので演技力もしっかり評価されていると感じます。

鈴木亮平さんは主演でなくても、周りの役者も引き立てられるだけの演技力を見せてくれています。

鈴木亮平は若い頃から人気?

鈴木亮平さんは、俳優になりたくて俳優の道を進んできました。

鈴木亮平さんの演技の魅力は、役になりきれる憑依型の演技を見せることは当たり前。

さらに、視聴者が作品に期待していることを感じ取ってその気持ち答える演技であったり、視聴者がしっかりと引き込まれるような絶妙な演技ができるところです。

こうした演技力は、鈴木亮平さんの天性の部もあるかもしれないけど、俳優をやりたくて俳優になったと言うところから生まれていると思います。

誰にでも最初はあるように、鈴木亮平さんの若い頃は今のように視聴者を引き込む演技力はなかったと思います。

でも、役者としての演技に取り組む姿勢に惹かれるファンを少しずつ増やしてきたから、今の人気があると思います。

鈴木亮平さんのブレイクは、2013年の映画「HK 映画変態仮面」と2014年の朝ドラ「花子とアン」のギャップが大きかったあたりからです。

その頃から俳優の鈴木亮平さんの人気は一気に上がってきたと思います。

今後の活躍にも期待ができますね。

鈴木亮平の演技のまとめ

鈴木亮平の演技は下手なの?若い頃から人気?について調べました。

ドラマ「TOKYO MER」で喜多見幸太を演じる鈴木亮平さん。

鈴木亮平さんは確実に出演経験を積み上げて来ているので演技力は評価されてきていると思っていましたが、「演技下手」と言う声も散見されます。

でも、それらの声もどこが下手という声ではないので、鈴木亮平さんが主観的に合わないので下手に見えてしまっている可能性もあります。

現に鈴木亮平さんの演技がうまいという声のほうが多いということからも、演技力の評価は円熟の域にあると思います。

今後も鈴木亮平さんの活躍に期待が持てます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました