さんまがワクチン受けない理由は実家の場所や生い立ちが本当だから?

明石家さんま
スポンサーリンク

明石家さんまさんは、コロナウィルスワクチンの摂取を悩んでいると発言しています。

ただ、明石家さんまさんは自分に追従してワクチン接種を判断するのは危険だとも言っています。

明石家さんまさんがワクチン接種を悩んでいるのには理由があるからです。

その理由とは明石家さんまさんの実家の場所や生い立ちが本当だからということらしいので調べてみました。

スポンサーリンク

さんまがワクチン受けない理由

明石家さんま(66歳)さんはワクチン接種に悩んでいる理由は、そもそも自分の免疫力が高いからと話しています。

その理由は、明石家さんまさんの実家の場所や生い立ちに関連しているようです。

明石家さんまさんは

「小さい頃から野山を走り、川で泳ぎ、海で泳ぎ、魚を釣りに行くってなったらゴミの山の所に行ってミミズを取って。その時にいろんな菌を体に入れて免疫力がついた」

https://news.yahoo.co.jp/articles/128929285800ffb3eb921464bd1108a712caa420

というように、幼少期から様々な遊びの中で自身の免疫力を高めてきたようです。

さらに、自身の免疫力高める効果が強い「赤ワインや発酵物」を積極的に摂取しているそうです。

また、明石家さんまさんに言われている生い立ちの厳しさも本当のようで、精神的にも強いものを持っているようです。

その結果としてさんまさんは

「体の力が他の人より強いので、偶然にも66年間病気したことがないんで、そういう状態で、こういう環境もあるし生い立ちも含めてこういう体が出来上がってるだけ」

https://news.yahoo.co.jp/articles/128929285800ffb3eb921464bd1108a712caa420

と話しています。

明石家さんまさんは、自らの生い立ちのおかげで幼少期から免疫力高められる環境で過ごしてきて、66年間病気をしない体になったわけです。

明石家さんまさんは、同年代の方がさんまさんの「ワクチン接種を悩む」姿に同調するのは、賛同できないと言っています。

それは、誰しもが明石家さんまさんのような基礎免疫力があるわけではないと考えているからでしょう。

さんまの実家の場所

明石家さんまさんの幼少期の過ごし方は本当なのか、実家の場所について調べてみました。

明石家さんまさんの実家は、現在奈良県の奈良市にあるのではと言われています。

関西弁が流暢なので実家は大阪にあるという説もありますが、奈良県が正しいようです。

更に調べてみると、明石家さんまさんの生家は和歌山県の東牟婁郡(ひがしむろぐん)ということがわかりました。

地図でもわかるように、和歌山県東牟婁郡は和歌山県の最南端に位置します。

東牟婁郡は、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村、串本町の4町1村で人工は34千人ほどとなっています。

殆どが山林に囲まれ海に面している東牟婁郡で生まれ育ったということは、明石家さんまさんの幼少期の遊び方本当だと言えますね。

その後転居した、奈良県奈良市も半分は山林に囲まれているので、明石家さんまさんが自然の中で遊んで基礎免疫力をつけていったという話を裏付けていますね。

さんまの生い立ちは本当?

明石家さんまさんの体力の強さと生い立ちについて調べてみました。

明石家さんまさんが3歳の時に実母が亡くなり、小学4年の時に父親の再婚で義母ができたといいます。

でも義母との関係はあまり良くなかったようで、義母に好かれようと笑いを取ろうとして必死だったと言います。

現在の明石家さんまさんの笑いへの姿はこの頃に形成され始めたかもしれないです。

自分の連れ子のみを可愛がる義母との関係は悪いままでしたが、連れ子の義弟には慕われ実の兄にも可愛がられていた明石家さんまさんは、この頃から逆境には負けない強い精神力や笑いの力でポジティブに生きるという感性を養ったのかもしれないですね。

明石家さんまさんのこうした環境と精神力が、免疫力の向上や現在まで病気をしない強い体に繋がっている可能性が高いです。

さんまがワクチン受けない理由のまとめ

さんまがワクチン受けない理由は実家の場所や生い立ちが本当だからについて調べました。

明石家さんまさんが「コロナワクチン接種」を悩む理由には、自身の持つ基礎免疫力の高さから必要性について悩んでいるというところがあると思われます。

明石家さんまさんの生い立ちが、このような強いからだと精神力を作り上げてきたように思えます。

お笑いをやっている明石家さんまさんの外見からは想像がつかないことですね。

明石家さんまさんは、自身の免疫力の高さやその理由についてよくわかっているからこそ、安易に自分を真似て「ワクチンは打たない」と言う結論出されないように心配しています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました