マクラクラン勉はハーフで国籍は?両親の出身はどこ?

オリンピックテニス
スポンサーリンク

東京五輪2020の男子テニスに日本代表で出場するマクラクラン勉選手。

名前から見るとハーフに見えます。

マクラクラン勉選手は日本代表なので日本国籍を取得したと思われます。

マクラクラン勉選手の両親の国籍はどこなんでしょうか?

そんな疑問について調べてみました。

スポンサーリンク

マクラクラン勉はハーフなの国籍は?両親の出身はどこ?

東京五輪2020では、錦織圭選手とダブルスを組むマクラクラン勉選手。

マクラクラン勉選手について調べてみると

  • 氏名:マクラクラン勉(Ben McLachlan)
  • 出身:ニュージランド・クイーンズタウン
  • 国籍:日本
  • 生年月日:1992年5月10日生まれ29歳
  • 競技名:男子テニス
  • 種目名:ダブルス
  • 身長・体重:185cm・79kg

と言うところですね。

マクラクラン勉の両親はどこ出身?

マクラクラン勉選手の両親について調べてみると

父親は、ニュージーランド人のクレーグさんと言います。

母親は、日本人の夕利子さんと言います。

ということなので、ハーフというのは間違いないのですが日本人の面影はあまり見られないですよね。

マクラクラン勉選手は、ニュージーランドで生まれて小学生の頃に母親の実家がある大阪市柏原市に4ヶ月住んだことがあるそうです。

マクラクラン勉選手にはリキさんという兄がいて、一緒にテニスをやってきて現在はマクラクラン勉選手のコーチをしてくれているそうです。

兄弟でタッグを組んでいるなんてすごいですね。

マクラクラン勉選手は6歳でテニスを始めているんですが、テニス以外にもラグビーやバスケットボールなどスポーツに馴れ親しんでいたようです。

空手をやっていた父親の影響もあって、緑帯の階級も持っているそうです。

ニュージーランドの生活が長いマクラクラン勉選手は、英語はペラペラだけど日本語は話せるんでしょうか?

マクラクラン勉の国籍は

マクラクラン勉選手は、小学生時代に大阪で暮らした以外はニュージーランドで暮らしています。

生まれたのもニュージーランドなので元々ニュージーランドの国籍を持っています。

日本の法律では、両親のどちらかが日本人の場合は日本国籍も持っていることになります。

つまり、マクラクラン勉選手は二重国籍だったんですが、日本の場合は二重国籍を認めないので22歳までにどちらの国籍か選ばないといけないんです。

マクラクラン勉選手は、2017年6月に日本国籍を取得しましたので、現在の国籍は日本になります。

マクラクラン勉が日本国籍を選んだ理由

マクラクラン勉選手は日本国籍を取得した理由について

「日本人として戦う方がより多くの機会に恵まれるだろうと信じていたので、日本を代表して戦うことを決めました。子どもの頃にも多くの時間を日本で過ごし、プロになってからも日本の試合にたくさん出場していました」

https://news.tennis365.net/news/today/201712/117715.html

と話しています。

自ら日本国籍を取得することを選んだマクラクラン勉選手は、以後日本代表として活躍しています。

日本語の会話力は

マクラクラン勉さんの母親が日本人ということで、生活の中で多少の日本語は使われているようです。

実際のところのマクラクラン勉選手の日本語力は、女子テニスの大坂なおみ選手よりは流暢でインタビューでは片言ながら日本語で受け答えしています。

これから日本語も上達していくのではと思いますね。

マクラクラン勉はハーフなの国籍は?のまとめ

マクラクラン勉はハーフで国籍は?両親の出身はどこ?について調べました。

マクラクラン勉選手は、ニュージランドで生まれ育っています。

父親がニュージランド人で、母親が日本人というハーフですが日本人離れのルックスをしています。

小学生時代に母親の故郷の大阪で暮らしたこともありますが、殆どはニュージーランドで暮らしています。

2017年に日本国籍を取得して、日本代表として活躍しています。

東京五輪での活躍が楽しみです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました