姫路城 ランチ 人気は好古園!

姫路城は、とってもきれいなお城ですが、かなり広くて歩き疲れます。

姫路城のすぐ隣りにある好古園は、落ち着いた日本庭園ですが、中にある活水軒がランチの人気です。

好古園の落ち着いた雰囲気の中で、活水軒でいただくランチは、歩き疲れたあなたを癒やしてくれます。

姫路城のランチ人気は好古園の活水軒

姫路城とセット割クーポンのある、姫路城に隣接した日本庭園の好古園。

園内は、時代劇のロケに使われることが多く、ロケ地ポイントも多数あります。

素晴らしい庭園の好古園の中にあるレストランが活水軒です。

活水軒の営業時間は、10時~16時半(オーダーストップ16時)ですが、お昼は混雑して順番待ちになる場合もあるので、11時後に入ると良いみたいですよ。

活水軒の口コミ乗せときますね。

中待ちの方々の最後尾に並び、名前を書いておき、15分程して呼ばれた。
内観は、ガラス張りになっていて、滝の流れる素晴らしい庭園を眺められる。
屈服の良い鯉たちもが優雅に見える。
幸いにも窓側の席を案内され庭園をゆっくり眺める事ができた。
待っている時から気づいていたが、辺りを見渡すと3割程しか埋まっておらず、後は予約席だった。
そりゃ、並ぶはずだよねぇ~。
入ってすぐ、こちらのレストランに向かいましたが、なんと10人以上
待っている状態で、とりあえず名前を書いてから、庭園を見て
まわりました。見て回っていてからも、まだ5人待ちでしたが、
なんとか、順番がきて座ることができました。〈3連休前の
金曜日です〉
窓際の席でなくて、残念でしたが本当にきれいな池と庭園を
眺めながらお食事でしきるレストランでした!
姫路城と庭園を見学して喉が渇いたので、庭園の中にあるレストランに入りました。
 「活水軒」というレストランです。中に入ると、正面が庭園の池に臨めます。もう3時くらいで空いていたので、あっさり窓際の席につけました。ただ、窓際の席は二人掛けのデスクみたいで、眺望はいいですが、くつろぐには向きません。
 生ビールを頼みました。
 エビスビールですね。庭園内のレストランでエビスを飲めるとは思いませんでした。
 素晴らしい景色を観賞しながらビールを楽しみました。ていうか、この暑い日にクーラーのきいた部屋で過ごせるだけで極楽です。
寒風吹くなか、訪れたのが姫路城横の好古園(有料)にある
こちら「活水軒」さんでした。
お店は結構混んでいて(外国人の方も結構いました)、
たまたま空いていた、池に面した二人席(カップルシート)に通されました。
私は穴子弁当とにゅうめんがセットになった「播磨セット」(2,100円)をチョイス。
見上げれば威厳に満ちた姿でそびえる姫路城。美しく整えれた日本庭園。観光客向けのお食事処ですが、お料理は丁寧に作られていて美しく美味しい。スタッフの方もベテランさんばかりで、外国人観光客に流暢な英語で食べ方を説明。姫路城見学の後にお勧めです。

好古園の活水軒のメニュー

好古園のレストラン活水軒の代表的なメニューはこちらです。

播磨灘で取れる伝助穴子は、大きいんです。

伝助穴子は普通の3~4倍はあるみたいです。

姫御膳(2570円税込み)

ちょっとお値段貼るけど、庭園を眺めながらゆっくりと味わうのに良いかなと思います。

穴子重セット(2050円税込み)

View this post on Instagram

#活水軒 #あなご #穴子重 #姫路 #姫路城

A post shared by tg1284 (@tg12840019) on

穴子が大きくて、ちょっと嬉しい感じです。

穴子丼セット(1350円税込み)

View this post on Instagram

#活水軒#姫路#好古園

A post shared by さっちゃん (@satchan310) on

新鮮な穴子は美味しい。お値段も手頃です。

冷たい蕎麦穴子丼セット(1350円税込み)

そばでもうどんでも、みんな穴子がついてくるのが姫路らしいです。

冷たいうどん(または温かいうどん)穴子丼セット(1350円税込み)

こちらは、うどんバージョン。

ざる夢そば・穴子天ぷら(1350円税込み)

ざるそばには、天ぷらで。

彩り活水軒官兵衛弁当(1750円税込み)

こちらは、数量限定なので注文時に確認ですね。

他にもたくさんメニューはあるようなので、姫路城見学で疲れた体を休めながら、素敵な庭園を眺めて優雅にランチはおすすめです。

この記事は、2019年9月に作成されました。
ご不明な点は、公式サイトなどで確認してください。
 
 

姫路城の好古園とは

発掘で見つかった屋敷割や通路の地割を生かして、9つからなる池泉回遊式庭園として再現されました。

園内には、築地塀・屋敷門・長屋門や渡り廊下で結んだ「活水軒」「潮音斎」などの建物や、塀で区切られた路地や門など、時代劇のロケ地として使われることも多い庭園です。

まとめ

姫路城の西側にある庭園の好古園内にある、レストラン活水軒は、地元名産の穴子を中心とした料理を、静かで美しい定年を眺めながら、歩き疲れた体を癒やしながら、落ち着いた時間を過ごすのに向いています。

ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました