玉井陸斗の中学はどこで親や兄弟は?

オリンピック水泳
スポンサーリンク

東京五輪の飛び込みに14歳で五輪初出場の玉井陸斗さん。

玉井陸斗さんはデビュー戦となる2019年の日本室内選手権飛込競技大会で史上最年少の12歳7ヶ月で優勝している。

玉井陸斗さんは14歳というと中学生なのでどこの中学か注目されています。

そこで、玉井陸斗さんの中学やここまで育ててきた両親や兄弟について調べてみました。

スポンサーリンク

玉井陸斗の中学はどこ

玉井陸斗さんのプロフでは

  • 氏名:玉井陸斗(たまい りくと)
  • 誕生日:2006年9月11日生まれの15歳
  • 出身:兵庫県宝塚市
  • 身長・体重:155cm・50kg
  • 所属:JSS宝塚

というように、兵庫県の宝塚市の出身です。

宝塚市の中学に在籍

玉井陸斗さんの中学校について調べていくと

兵庫・宝塚市の高司中に入学した4月、シニア初戦の日本室内選手権で史上最年少優勝。

https://www.nikkansports.com/sports/news/201912040000906.html?mode=all

と言う情報がありました。

玉井陸斗さんの通う宝塚市の高司中

宝塚市の高司中の所在地は

  • 学校名:宝塚市立高司中学校
  • 住所:〒665-0051 兵庫県宝塚市高司2丁目3−1
  • 最寄り駅:阪急今津線 小林駅 徒歩14分

玉井陸斗さんの出身小学校は

玉井陸斗さんの出身小学校は、宝塚市高司小学校です。

  • 学校名:宝塚市立高司小学校
  • 住所:〒665-0051 兵庫県宝塚市高司4丁目4−55
  • 最寄り駅:阪急今津線 小林駅 徒歩22分

玉井陸斗さんの自宅は

玉井陸斗さんの現在の高司中学校と高司小学校は徒歩6分という距離です。

玉井陸斗さんの自宅も、おそらく兵庫県宝塚市高ではないかと思われます。

玉井陸斗さんの経歴がすごい

玉井陸斗さんの主な戦績を見ると

  • 2019年:日本室内選手権飛込競技大会で優勝
  • 2019年:第95回日本選手権水泳競技大会飛込競技で優勝
  • 2020年:第96回日本選手権水泳競技大会飛込競技で優勝

というように、デビューが2019年なので主な戦績が少ないのに驚きですが、全て優勝というのがこれまたスゴイ。

玉井陸斗さんは、3歳で水泳を始めて小学1年で飛込競技を始めているというので、両親がどういう期待を込めているのか気になりますね。

玉井陸斗の親は

玉井陸斗さんのご両親は、一般人で情報も限られていました。

ということは、玉井陸斗さんのご両親は有名な水泳選手ではなかったようです。

父親が隆司さんと言って、陸斗さんには甘々だったようです。

母親は美里さんと言って、しっかり者のようです。

「お父さんは少し抜けているところがあるので、自分がしっかりしないとなって。お父さんは欲しいものを全て買ってくれたり、僕は甘やかされて育っていると思います(笑)。お母さんは僕と性格がちょっと似ていて、節約家だったりとか、考えてお金を使います。例えばゲーム機とか。玉井家はお母さん以外、ゲームが好きなので、お父さんやお兄ちゃんがソフトをガンガン買ってしまうんです。僕はお母さんと考えていることが同じなので、そんなに買っちゃっていいのかなって思ったり」

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/82559

玉井陸斗さんは、小学生で飛び込みを始めてからは馬淵崇英コーチの指導を受けていたそうです。

馬淵崇英コーチって、競泳の瀬戸大也さんの奥さんの馬淵優佳さんの父親ですよね。

数多くの飛び込みの選手らを育ててきたコーチのもとで練習してきたんですね。

玉井陸斗さんの所属先には、寺内健さんというあこがれの先輩がいて玉井陸斗さんに大きな影響を与えてくれたそうです。

玉井陸斗さんにとっては、馬淵崇英コーチが父親で大先輩の寺内健さんが兄みたいなもんなんでしょうね。

素晴らしい環境で練習をしながら、両親の愛情で育まれてメキメキ腕を上げているんでしょうね。

玉井陸斗の兄弟は

玉井陸斗さんにはお兄さんもいますが、情報が無いので細かいことはわかりません。

玉井陸斗さんが3歳で水泳を始めたのは、兄の影響だったと言うからお兄さんが水泳をやっていたというのは間違いないと思いますが、現在も続けているのかについてはわかりません。

玉井陸斗の中学はどこのまとめ

玉井陸斗の中学はどこで親や兄弟は?について調べました。

玉井陸斗さんは、兵庫県宝塚市出身で中学校も小学校も兵庫県宝塚市高司にある市立校です。

小学校と中学校が歩いて6分のところにあるので、玉井陸斗さんの実家もこの周辺にあるものと思われます。

小学生から飛び込みを始めて、馬淵崇英コーチや大先輩の寺内健さんがいる環境でメキメキ上達している玉井陸斗さん。

14歳(記事執筆時点)と言う年齢を考えると、これからメキメキと頭角を現していくと思われます。

玉井陸斗さんの両親は水泳選手という訳ではなかったようですが、水泳を始めたきっかけが兄を真似てということなので兄は水泳としていたんですね。

成長段階にある玉井陸斗さんが、8月6日の男子高飛び込みでどんな記録を出すのか注目ですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました