さだまさしの歌詞が泣ける曲や理由は?

さだまさし
スポンサーリンク

シンガーソングライターのさだまさしさんは、幼い頃からギターに馴れ親しんでいました。

そのせいかさだまさしさんの曲はギターの独特な旋律も特徴ですが、歌詞にも特徴があります。

それは、聞いている人が自然に引き込まれたり、自然に泣けてしまう歌詞が多いことです。

さだまさしさんの歌詞の秘密を探ってみました。

スポンサーリンク

さだまさしの歌詞に泣ける曲は?

シンガーソングライターのさだまさしさん(69歳)は、1972年にグレープで「グレープ」を結成して音楽活動を開始しました。

1074年に出した「精霊流し」がヒットしてメジャーになりました。

1976年に「グレープ」が解散してから、さだ企画を設立して独立してソロ活動を始めました。

さだまさしの曲調

さだまさしさんは、バイオリンの弾き語りというイメージがありますけどバイオリンの英才教育を受けていたんですね。

バイオリンの独特なメロディや声質や歌い方が特徴的ですね。

そして一番の特徴は、亡くなった人の思い出や奇跡のようなストーリーや雄大な風景が浮かび上がる歌詞です。

さだまさしさんの曲には、多くの人を引き寄せる何というか不思議な魔力があるんですよね。

なんというか、心の奥にしまい込まれていた何かを思い出させてくれるような不思議な力があるんです。

泣ける歌詞があります

さだまさしさんの曲を聞いていると、自然と心が和めると言うか歌詞の中にからその場の風景が浮かんでくると言うか、胸にしみてくるようで切ない思いが伝わってくるような歌詞も多いです。

例えば

関白宣言

前半はめっちゃ亭主関白の世界で結構笑えるんだけど、後半に入るとじんわりと心に響いいてくる歌詞なんですよね。

償いや案山子

償いや案山子の曲にも、さだまさしさんの曲には自然と涙を誘われてしまう曲になっています。

最後には笑顔になれる

さだまさしさんの曲には、人との関わりをさださんの目線で見た情景が切々と歌いこまれています。

人生の喜びや悲しみを歌に込めるから、さだまさしさんの曲にはごく自然に聞く人の心を引き込んでくれるんですね。

さだまさしさんの曲に泣けていっても、最後には幸せな気持ちになれるんです。

さだまさしさんの曲には、そういう魅力があるんです。

さだまさしの歌詞に泣けるのまとめ

さだまさしの歌詞に泣ける曲や理由は?について調べました。

さだまさしさんの曲には、独特な旋律や歌い方もありけど特徴的なのは歌詞といえます。

さだまさしさんは、自分の視点で見える人との関わりを素直に歌詞にしているんです。

そこが、さだまさしさんの歌詞に惹きつけられる部分と言えます。

さだまさしんの曲の中には、本当に泣けてしまう曲も数多くあります。

それは、聞いてる人の心の奥しまわれている思い出が引き出されるからかもしれません。

それでも最後には幸せな気持ちになれるんです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました