毎田暖乃は天才子役?演技は上手いの下手なの?

毎田暖乃
スポンサーリンク

新ドラマ「妻、小学生になる」で10年前に亡くなった妻の生まれ変わりとして現れた小学生白石万理華を演じている毎田暖乃さんに注目しました。

ヒロインが小学生で子役というドラマも物珍しさがありますけど、演じている子役の毎田暖乃さんの演技が気になって調べてみました。

スポンサーリンク

毎田暖乃は天才子役?

新ドラマ「妻、小学生になる」を見ていて、 新島圭介(堤真一)の亡くなった奥さん新島貴恵(石田ゆり子)の生まれ変わりの小学生の白石万理華を演じている毎田暖乃さんの上手さに引き込まれちゃいました。

ひょっとして、毎田暖乃さんって天才子役?

なんて気になっちゃいます。

毎田暖乃とは

まずは、毎田暖乃さんのプロフィールから

  • 本名:毎田暖乃(まいだ のの)
  • 生年月日:2011年9月25日(10歳)
  • 出身地:大阪府
  • 身長:132cm(2022年1月23日現在)
  • 活動開始:2019年
  • 事務所:ルート

毎田暖乃さんは、広瀬すずさんのファンで「なつぞら」で演じている広瀬すずさんみたいになりたいと思って2019年に芸能事務所「ルート」に入りました。

毎田暖乃さんの主な経歴

  • 2019年:朝ドラ「スカーレット」でヒロインの友人・照子の長女・雪子役
  • 2020年:朝ドラ「おちょやん」でヒロイン・竹井千代の幼少期役とヒロインの姪で養女となる春子役と2役こなす
  • 2022年:ドラマ「妻、小学生になる」で白井万理華役

出演回数こそまだ少ないけど、結構重要な役を演じています。

毎田暖乃は天才子役?

ドラマ「妻、小学生になる」の1話を見て、「え?この子上手すぎ」と思ってしまいました。

だって、小学生なのに主人公の妻なんですから。

小学生そのままと大人の妻の2役を演じているんですからね。

「おちょやん」で高評価を得ている

「おちょやん」で、毎田暖乃さんは自由奔放な役どころの父親に振り回されて泣いたり怒ったりとかなり難しい役を演じて好評価を得ています。

毎田暖乃さんはまだ小学生なのに、アドリブ演技も見せたり繊細な感情表現も見せて視聴者を巻き込んでいました。

正しく天才子役と呼んでも良いのではと思える演技力を見せていました。

しかも、毎田暖乃さんは「おちょやん」が2作目の出演作品なんです。

2作目で、ここまでの演技の幅の広さを見せている毎田暖乃さんは、やはり天才子役と言ってもよいのでは思います。

毎田暖乃の演技は上手いの下手なの?

毎田暖乃さんの演技について世間はどう評価しているのか拾ってみました。

演技が上手いという声

私が感じたのと同じように毎田暖乃さんの演技の巧さは、もはや子役というよりも女優レベルではないと感じている人が多いですよね。

天才子役と言う声

毎田暖乃さんは、天才過ぎて主役を完全に凌駕していると言っても過言ではないという感じですよね。

ドラマ「妻、小学生になる」でも、1話後半では堤真一さんに向ける言葉はすごかったです。

毎田暖乃さんに対して、演技が下手という声が殆どないというのが驚きとともに、彼女を天才子役として認めている人が多いということですね。

まとめ

毎田暖乃は天才子役?演技は上手いの下手なの?について調べました。

ドラマ「妻、小学生になる」は、この設定でどういうドラマになるのと興味が湧いて1話を見てみたら、驚きましたよ。

石田ゆり子さんの生まれ変わり役の小学生を演じている毎田暖乃さんの演技の上手さに。

調べてみると「おちょやん」ですでに演技力を評価されて、天才子役と呼ばれ始めていました。

今回の「妻、小学生になる」で、毎田暖乃さんは天才子役と言う呼称が定着するんではと思います。

ドラマ「妻、小学生になる」の放送が楽しみになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました