市川実日子は大田区出身なのにカムカムでなぜ関西弁ペラペラ?

市川実日子
スポンサーリンク

カムカムエヴリバディの大阪編と京都編に出演している市川実日子さん。

市川実日子さんは東京出身なのに関西弁がペラペラな理由が気になります。

スポンサーリンク

市川実日子はカムカムで関西弁ペラペラ?

NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で野田一子(ベリー)役を演じている市川実日子さん。

市川実日子さんは、東京出身なのにカムカムでは見事な関西弁を披露しています。

その理由について調べてみます。

市川実日子は大田区出身

市川実日子さんは、公式プロフィールで東京都出身となっています。

学区の縛りがある出身中学や小学校は

  • 出身中学校:大田区立貝塚中学校(東京都大田区中馬込3丁目)
  • 出身小学校:大田区立馬込小学校か大田区立馬込第三小学校

と言われているので、実家は東京都大田区にあったと思われます。

ただし、入学した小学校は印西市立木刈小学校(千葉県印西市木刈2丁目)なので、元々は千葉県印西市に住んでいたと思われます。

つまり、市川実日子さんは生粋の関東人ということになります。

また、市川実日子さんの両親が関西出身かどうかについてはわかりません。

市川実日子はカムカムの京都と大阪ロケで違和感なし

市川実日子さんは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の大阪編ではベリーと言う名前で主演の深津絵里さんとオダギリジョーさん映じる大月錠一郎さんをめぐる恋の鞘当てを演じていました。

実は市川実日子さん演じるベリーさんは京都の茶道家の一人娘ということで、京都編では野田一子を演じています。

カムカムエヴリバディは岡山編からずっと見ていますけど、市川実日子さんの関西弁に違和感を感じません。

市川実日子さんの関西弁については、多くの方が評価しているので間違いなく上手いと言えるでしょう。

市川実日子はなぜ関西弁ペラペラ?

市川実日子さんが関西弁ペラペラな理由について考えてみました。

市川実日子さんは、1998年に映画「How to 柔術」で女優デビューしているので併有歴も長いので関西弁を使う作品に何度か出演していると考えても可怪しくないと思います。

代表例として、2010年の映画を選んでみました。

映画「マザーウォーター」(2010年)

この映画「マザーウォーター」では、市川実日子さんは京都の街で豆腐屋を営む女性・ハツミを演じています。

まとめ

市川実日子は大田区出身なのにカムカムでなぜ関西弁ペラペラ?について調べました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました