上白石萌歌の演技は下手なの上手いの?演技力の評価についても

上白石萌歌
スポンサーリンク

朝ドラ「ちむどんどん」の出演が決まった上白石萌歌さん。

朝ドラに出演となれば上白石萌歌さんの演技力も高いと思われます。

そこで上白石萌歌さんの演技は下手なのか上手いのかということが気になります。

上白石萌歌さんの演技力の評価についても、合わせて調べてみました。

スポンサーリンク

上白石萌歌の演技は下手なの上手いの?

このところテレビでよく見かける女優の上白石萌歌さん(22歳)は、ドラマ「義母と娘のブルース」で注目を浴びていました。

最近では、adieu と言う名前で歌手活動も活発に行なっています。

姉は、朝ドラ「カムカムエヴリィバディ」でヒロインを演じた上白石萌音さんです。

姉妹で2シーズン連続で朝ドラ出演となっています。

はたして上白石萌歌さんの演技は下手なのか上手いのか気になるところです。

上白石萌歌の演技は下手説

まずは、上白石萌歌さんの演技が下手という声にはどういうものがあるのか見てみましょう。

上白石萌歌さんの演技が下手という声を拾ってみると、見えてくることがありました。

  • 演技が下手すぎと酷評している声は少ない。
  • 役柄にあってなくて、違和感を感じたり感情移入しにくい。

どうやら、キャスティングされた役柄に対するイメージと合っていないことから違和感を覚えるという声が多いようです。

これらは、視聴者側の主観の影響が大きいと思えます。

上白石萌歌の演技は上手い説

次に、上白石萌歌さんの演技が上手いという声を見てみましょう。

上白石萌歌さんの演技が上手いという声をよく見てみると、演技が下手と言う声が上がった作品での評価が多いことに気が付きます。

つまり、同じ作品を見ている視聴者の声が「下手」と「上手い」に分かれているということなんです。

どういうことかと言うと。

演技の評価は主観の影響が大きい

作品に原作があったり前評判が高かったりすると、必然的に上白石萌歌さんが演じる役柄に対してのイメージが出来てしまいます。

自分の持っているキャラクターに対するイメージと上白石萌歌さんの演じる姿が重なるのか違和感を感じるのかというところで、演技が下手か上手いかの評価に分かれると思います。

これは見る側の主観なので、作品ごとに変化するものと思われます。

そう考えると、「演技が下手」と「演技が上手い」と言う声が出るのは仕方ない部分でもあり、そのことを悪く取る必要はないと思います。

上白石萌歌の演技力の評価は?

上白石萌歌さんには、同じく女優で歌手の姉の上白石萌音さんがいます。

2人はよく似ていると言われるので、視聴者の中には間違えて評価する人もいれば、比較して見る方もいるようです。

姉妹で同じ職業というのは演技の比較をされやすいけど、区別のつかない方もいるということは顔が似ている以外にも、演技のレベルも同じくらいと言うことでしょうか。

2人共、朝ドラへの出演を果たしていますしね。

舞台での評価も高い

上白石萌歌さんは、2016年のミュージカル「赤毛のアン」で主演のアンを演じています。

舞台は、映画やドラマと違って撮り直しが効かない一発勝負ですから、舞台での評価は実力の指標にもなります。

上白石萌歌さんは、アン役での歌唱力と表現力の素晴らしさに評価を受けています。

姉の上白石萌音さんも舞台出演は多く、現在は「千と千尋」の主演の千尋役で素晴らしい評価を受けています。

撮り直しの効かない舞台公演で卓越した歌唱力と表現力が評価されたということは、上白石萌歌さんの演技力は間違いなく高いものだと考えられます。

まとめ

上白石萌歌の演技は下手なの上手いの?演技力の評価についてもについて調べました。

上白石萌歌さんの「演技が下手」と言う声と「演技が上手い」と言う声は、同じ作品に対して出ていることが多いということがわかります。

つまり見る側の主観が強く働いた結果と言えます。

同じ作品で評価が分かれるのは仕方ないことで、この評価だけで演技力を評価するのは難しいと思います。

そういう意味では映画やドラマと違って撮り直しが聞かず、視聴者の目前で演技する舞台での評価は一つの指標になると言えます。

上白石萌歌さんが2016年に主演した舞台「赤毛のアン」で、歌唱力や表現力が高く評価されたという事実は、彼女の演技力の評価が高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました