目黒蓮は演技うまいの下手なの?演技力の評価についても

目黒蓮
この記事は約7分で読めます。

ドラマ「silent」で川口春奈さんの元恋人を演じる目黒蓮さん。

キャスト設定では指定難病「若年発症型両側性感音難聴」という役どころ。

目黒蓮さんは、セリフが殆どない中での演技ということで演技力が試されるところです。

目黒蓮さんの演技はうまいのか下手なのかというところに着目して、演技力の評価を見てみたいと思います。

目黒蓮の演技はうまいの下手なの?

ドラマ「silent」でヒロインの川口春奈さんの元恋人役を演じる目黒蓮さん。

ドラマのキャスティングでは、目黒蓮さんは「若年発症型両側性感音難聴」で耳は聞こえない役を演じています。

難聴ということで、目黒蓮さんは会話で意思を伝えることはできないんですね。

この難しい役どころは目黒蓮さんの演技力が試されるところでもありそうですね。

目黒蓮のプロフィール

目黒蓮さんの演技がうまいのか下手なのかを見る前に、簡単なプロフィールを確認しておきましょう。

  • 氏名:目黒蓮(めぐろ れん)
  • 愛称:めめ
  • 誕生日:1997年2月16日(27歳)
  • 2010年10月:旧ジャニーズJr.所属
  • 2019年1月:Snow Man加入
  • ドラマ出演:2015年1月から出演、「silent」で5作目
  • 映画出演:2022年3月から3作
  • 舞台出演:2012年9月から17作出演

目黒蓮さんの出演歴を見てみると、ドラマや映画よりも舞台出演が多いようですね。

舞台は、滝沢歌舞伎など旧ジャニーズ系の舞台が中心で、旧ジャニーズらしい感じですね。

目黒蓮の演技はうまいのか下手なのか?

目黒蓮さんのプロフィールを見ていると、旧ジャニーズ系の舞台以外のドラマや映画への出演経験は少ないように見えます。

現在出演中のドラマ「silent」では、難聴という役回りなので意思伝達や感情表現は表情の変化で行うという演技力が求められると言えます。

でも目黒蓮さんは、2022年に第31回 TV LIFE年間ドラマ大賞 主演男優賞(『消えた初恋』)を受賞しているんですね。

目黒蓮さんに対しての世間の声は別として、目黒蓮さんの演技は業界ではしっかり評価されていると受け止めて良いでしょう。

こうした経緯を踏まえたうえでドラマ「silent」で難聴の役を演じるキャスティングがされたということは、目黒蓮さんは「演技がうまい」と評価されていると考えて良いと思います。

少なくても目黒蓮さんの演技が下手なら、今回のキャスティングは無かったと考えられます。

目黒蓮の演技力の評価は?

目黒蓮さんは、最近放送されたドラマ「silent」で素晴らしい演技を披露して話題になりました。

目黒蓮さんの演技については、上手いという声の他に下手という声も見受けられます。

これらの違いは何なのか気になります。

目黒蓮の演技が下手と言われる理由

実際には、目黒蓮さんの演技は高い評価を受けていますが、一部の人々は彼の演技に対して批判的な意見を持っていることがあります。

これは主観的な評価であり、個々の感じ方によるものです。

これらの意見をまとめてみると、次のようなことが言えます。

  • 演技経験不足
  • 表情の硬さ
  • セリフ回し
  • 役柄への理解不足

これらについて、詳しく見てみると

演技経験不足

目黒蓮さんは、まだ俳優としてのキャリアが浅いため、演技経験不足によるぎこちなさや、演技の幅の狭さを感じさせることがあります。

表情の硬さ

目黒蓮さんは特に、感情表現が豊かで繊細な演技が求められる場面では、表情が硬く、感情が伝わってこないという意見があります。

セリフ回し

目黒蓮さんはセリフ回しや発声が単調で、棒読みのように聞こえてしまうことがあります。

役柄への理解不足

目黒蓮さんは役柄の背景や心理状態を十分に理解できていないため、表面的な演技に留まってしまうことがあります。

目黒蓮の演技が上手いと言われる理由

目黒蓮さんは、耳が聞こえない役を演じるドラマ「silent」で、手話や表情を駆使して感情を伝える高度な演技を披露しました。

彼の表現力と繊細さが称賛されています。

目黒蓮さんの演技が上手いと言われる理由をまとめると

  • 自然な演技
  • 存在感
  • ビジュアル

といったことがあげられます。

これらについて、もう少し詳しく見てみると

自然な演技

目黒蓮さんは、自然体で飾らない演技が持ち味です。

肩の力が抜けていて、見ているこちらも自然と作品に入り込むことができます。

存在感

目黒蓮さんは演技経験は浅いながらも、画面に映るだけで強い存在感を放ちます。

その圧倒的な存在感は、多くの視聴者を惹きつけます。

ビジュアル

目黒蓮さんは、端正な顔立ちと美しいスタイルをしており、ビジュアル面でも多くのファンを魅了しています。

ビジュアルと演技力の両方を兼ね備えた俳優は希少価値が高く、今後さらなる活躍が期待されます。

目黒蓮の演技力評価は

目黒蓮さんの演技力は、多くの視聴者から高く評価されています。

ドラマ「silent」での好演により、その演技力は確実に評価されています。

彼は感情を手話や表情で表現し、視聴者の心に深く訴えることができます。

今後の作品で、さらに演技の幅を広げ、深みのある演技を見せてくれることが期待されています。

目黒蓮の演技が評価された作品は?

目黒蓮さんの演技が評価された代表的な作品は以下の通りです。

ドラマ『silent』

このドラマは見逃し配信でフジテレビドラマ歴代最高の再生数を記録し、社会現象を巻き起こしました。

このドラマは視聴者から非常に高い評価を受けています。

目黒さんの中途失聴者という難役への挑戦は、視聴者や専門家から絶賛されました。

また、彼の演技は「キムタクの後継者」との声が業界内で上がり始めているほど。

視聴者からは「初回から号泣した」「切なすぎて涙腺崩壊」「めめの演技に心を持ってかれた」などと絶賛の声が殺到しています。

また、この作品での演技が評価され、TV station ドラマ大賞2022で「助演男優賞」を、第32回 TV LIFE 年間ドラマ大賞で 「助演男優賞」を、第114回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 で「助演男優賞」を受賞しました。

映画『月の満ち欠け』

この映画での演技が評価され、第46回日本アカデミー賞 で「優秀助演男優賞」と「新人俳優賞」をW受賞しました。

また、第96回 キネマ旬報ベスト・テン で「新人男優賞」を受賞しました。

この映画も視聴者や専門家から高い評価を受けています。

目黒さんの演技は「優秀助演男優賞」と「新人俳優賞」をW受賞するほど評価されました。

視聴者からは「目黒蓮くんの演技がすばらしかった。特に第一話の再会シーン。思わずもらい泣き。こんなに自然と涙が出たの久しぶりだった。」という感想が寄せられています。

映画『わたしの幸せな結婚』

この映画での演技が評価され、第15回 TAMA映画賞 の最優秀新進男優賞を受賞しました。

この映画についても視聴者からは高い評価が寄せられています。

視聴者からは「今田美桜さんに感動」「主人公が綺麗過ぎて目の保養になりました。メイン2人のやり取りがどきどききゅんが止まらなくて結婚当初に戻りたいほど幸せなひと時でした。」といった感想が寄せられています。

目黒蓮の演技の特徴や今後の伸びしろ

目黒蓮さんの演技の特徴や、今後の演技の伸びしろについて着目してみます。

目黒蓮の演技の特徴

目黒蓮さんの演技の特徴をまとめると、次のように言えます。

  • 自然体: 飾らない自然な演技が持ち味です。
  • 存在感: 画面に映るだけで強い存在感を放ちます。
  • ビジュアル: 端正な顔立ちと美しいスタイルをしており、ビジュアル面でも多くのファンを魅了しています。

目黒蓮の演技の伸びしろ

目黒蓮さんは、まだ20代後半と若く、俳優としてのキャリアも浅いため、今後の伸びしろは非常に大きいと言えるでしょう。

  • 今後、様々な役柄に挑戦することで、演技の幅を広げていくことが期待されます。
  • 演技経験を積むことで、表情やセリフ回しなどの技術を磨いていくことが期待されます。

演技経験を積み、様々な役柄に挑戦することで、さらに演技力を磨いていくことが期待されます。

目黒蓮の今後の課題は

今までのことを踏まえて目黒蓮さんの演技の今後の課題を、あえてまとめてみました。

  • 演技の幅を広げる
  • 表情やセリフ回しなどの技術を磨く
  • 主演級の演技をこなせるように成長する

目黒蓮は演技うまいの下手なののまとめ

目黒蓮は演技うまいの下手なの?演技力の評価についてもについて調べてみました。

ドラマ「silent」で難聴の役を演じている目黒蓮さん。

言葉による演技表現ができない状況での、目黒蓮さんの演技の評価が高いようです。

ドラマや映画への出演数が少ないのに主演男優賞を受賞している目黒蓮さん。

世間の声からも、目黒蓮さんの演技力の評価は期待値も含めて高いと感じられます。

タイトルとURLをコピーしました