プラレールリアルクラスはいつ発売で値段は?レールの互換性についても

鉄道模型

今までと違ってリアルさを追求したプラレールリアルクラスが登場。

発売日や値段が気になります。

従来のレールパーツとの互換性は?

気になるところを調べてみます。

プラレールリアルクラスはいつ発売で価格は?

1959年に発売された「プラスチック汽車レールセット」は、まだ手動で押すものでした。

1961年には乾電池で動く「電動プラ汽車セット」が発売されて、現在に至っている超ロングセラー玩具です。

筆者の子供時代にも、プラレールで遊んでいました。

プラレールリアルクラス誕生

誕生から60年以上も経っている長寿玩具のプラレール。

鉄道現場では、運行トラブルの訓練や見習い運転士の研修にプラレールが導入されていると言うから驚きですよね。

プラレールの縮尺は概ね1/80となっているようで、鉄道模型でいうHOゲージと同じ縮尺のようです。

でもプラレールの車両の長さは、実際の半分くらいに縮められてデフォルメされています。

車両の見た目も実物の特徴は押さえていますが、鉄道模型のようにリアリティを追い求めてはいません。

それは、子供の頃から慣れ親しむ玩具という位置づけだからかもしれないですね。

とは言えプラレールは手軽にレイアウトを楽しめて、おとなも楽しめる鉄道玩具でもあるんです。

そんな大人心を刺激する「プラレール リアルクラス」が登場したんです。

プラレールリアルクラスの発売日や価格について

プラレール リアルクラスの第1段発売は、2023年6月22日です。

価格は、第1段で発売される2編成とも¥7700円(税込み)となっています。

発売元のタカラトミーでは、予約受付中です。

>>タカラトミーのプラレールリアルクラスのページを見る。

Amazonや楽天などでも予約を受け付けていますが、こちらの方は定価よりも若干安く手に入るようです。

プラレールリアルクラスの特徴

プラレール リアルクラスのだ1段として2023年6月22日に発売されるのは

  • 小田急ロマンスカー3100形NSE
  • 185系特急電車(踊り子・緑ストライプ)

の2編成です。

従来の玩具性の強い造形から、見た目のリアルさを追求した造形となっています。

プラレール リアルクラスの屋根上の構造物(運転席・エアコン・パンタグラフ)に交換パーツが存在するのには理由があります。

従来のプラレールのレールパーツの一部には、リアルクラスの高さが問題になる物があるためです。

観賞用として楽しむには高さのあるパーツを、走らせて楽しむには低いパーツと使い分けます。

プラレールリアルクラスのレールの互換性は?

プラレールリアルクラスには、リアルさにこだわった専用レールが用意されています。

記事執筆時点では、直線レールと曲線レールの発売が決まっているようです。

リアルレールの接合部のジョイントは、従来の青レールと同じ構造のため現在発売されているプラレールの様々なレールパーツと接合が可能な作りになっています。

ただし一部のトンネルや鉄橋パーツでは、リアルクラスの屋根パーツをロータイプに換装しないとひっ

かかってしまうようです。

具体的には、「大きな鉄橋」や「地下直線レール」や「高架レール」の立体交差などでロータイプでないと干渉してしまうようです。

これらのレールパーツもリアルタイプに適合した商品が出ると、リアルさが向上して良いですよね。

プラレールリアルクラスはいつ発売で値段のまとめ

プラレールリアルクラスはいつ発売で値段は?レールの互換性についても調べてみました。

大人心をくすぐるプラレールリアルクラスは、6月22日に発売です。

既存レールパーツとの接合が可能なリアルレールですが、一分のパーツではロータイプの屋根パーツに換装しないといけないようです。

眺めてもよし、走らせてもよし。

プラレール好きにはたまらない新商品ですね。

タイトルとURLをコピーしました