本田真凜の実家はどこで職業は?金持ち家族の構成についても

本田真凜

本田真凜さんの出身地は京都府伏見区となっています。

実家は今でも伏見区にあるんでしょうか?

実家はお金持ちという情報もあります。

本田真凜さんのご両親はどんなお仕事をされているんでしょうか?

家族構成についても合わせて調べてみました。

本田真凜の実家は京都のどこ?

本田真凜さんの実家について調べる前に、簡単なプロフで確認してみましょう。

  • 氏名:本田 真凜(ほんだ まりん)
  • 誕生日:2001年8月21日(22歳)
  • 出生地:京都市伏見区

本田真凜さんの場合、出生地が京都市伏見区となっているので伏見区で生まれたけど育ったのは京都市内でも別かもしれないですね。

本田真凜の出身幼稚園や出身小学校は?

本田真凜さんの出身小学校は、関西大学初等部と言われています。

私学のために学区で推定することはできません。

でも、よく調べると本田真凜さんがは小学2年のときに開校したての関西大学初等部に転校したそうです。

それまでは地元の小学校に通っていたそうです。

本田真凜さんが最初に通っていた小学校が公立校なら、学区から実家の場所が絞れる可能性はあります。

本田真凜さんの兄の本田太一さんは、幼稚園から小学校までは本田真凜さんも一緒に通っていたと話しています。

ただ、小学生になってから本田真凜さんは転校していったそうなのでつじつまが合いますよね。

そこで、本田太一さんの通っていた幼稚園と小学校はどこか気になります。

  • 出身幼稚園:京都幼稚園(京都市東山区今熊野日吉町16-12)
  • 出身小学校:京都女子大学附属小学校(京都市東山区今熊野北日吉町6−3)

残念ながら本田太一さんの出身小学校も私学のために学区縛りはありません。

ただ、幼稚園と小学校は徒歩7分程度の距離なので実家は京都市東山区にあった可能性も考えられますね。

本田真凜の実家は金持ちで職業は?

本田真凜さんの実家はお金持ちという説があります。

まぁでも普通に考えれば、フィギュアスケートアスリートは最低でも年間300万円ほどはかかるそうです。

トップアスリートになると、コートを雇ったり衣装代や遠征費などを含めると年間1000万円はかかると言われています。

しかも、兄の太一さんを含め本田真凜さんは私立学校に通学しています。

そう考えれば、本田真凜さんの実家は子どもたちにお金をかけられるだけの資金力を持っていたと言えるでしょう。

巷で言われている、本田真凜さんの実家はお金持ちという声はまんざらでもないと言えそうですね。

本田真凜さんの実家の職業は?

本田真凜さんの実家は、もともとは運送会社を経営していたそうです。

本田真凜さんの祖父になる人が、婿養子に入ってから商社マンだった経歴を活かして高価な精密機器を扱う物流会社に変えたそうです。

祖父は精密機器の製造から運送並びにメンテや保管までを行う会社に成長させて、他社が追従できないビジネスモデルを作り上げたそうです。

現在では、関連会社が4社もある燃焼20億円の企業になっているそうです。

会社の経営は、本田真凜さんの叔父に当たる次男の本田淑久さんが引き継いでいるそうです。

本田真凜さんの祖父の本田一三さんが作ったのは「丸一商事」ではないかと言われています。

  • 会社名:丸一商事株式会社
  • 所在地:京都市伏見区横大路下三栖里ノ内13番

本田真凜さんの実家が経営している会社が伏見区にあることから、実家は会社の近くの伏見区にあるのではないかと思われています。

でも、幼稚園や小学校が東山区にあるので実家は東山区周辺かもしれません。

いずれにしても、本田真凜さんの実家はお金持ちという説は的外れでは無さそうですね。

本田真凜さんの実家には、トレーニングルームもあるようなので実家は相当な大きさ(200坪位との噂)があるようです。

本田真凜の家族構成は?

本田真凜さんの家族構成について見てみましょう。

本田真凜さんの家族構成は、ご両親と兄弟が4人の7人家族のようです。

本田真凜の父親はどんな人?

本田真凜さんの父親は、本田竜一(ほんだ りょういち)さんと言います。

父親は元スケート選手ということで、子どもたちの大半がスケート選手になったの必然だったのかもしれませんね。

子どもたちのサポートをするために祖父の会社の経営は次男である本田淑久さんに譲り、会社の株主であり役員を務めているそうです。

それでも、役員報酬や株式配当でそれなりの収入があるものと思われます。

本田竜一さんは、子育ての経験をまとめて本を出版しています。

>>本田家流 子育てのヒントの購入はこちらから

これを読めば、子供をトップアスリートに育てられるかもしれないですね。

本田家の子育ての理念は「子供の可能性を探るため、色々と習い事をさせること」ということで、5人の子どもたちが望むことを経験させた上で、本田真凜さんが最終的に選んだのはフィギュアスケートだったということなんですね。

本田真凜の母親はどんな人?

本田真凜さんの母親は、本田真紀(ほんだ まき)さんと言うそうです。

母親の真紀さんは、子どもたちの送り迎えやお弁当作りとサポートしてきたそうです。

母親も、5人の子育ての経験を活かして子育てのための講演会を開いたりしているそうです。

本田真凜の兄弟はどんな人?

本田真凜さんは5人兄弟の真ん中だそうです。

  • 長女:6歳年上の本田真帆さん
  • 長男:3歳年上の本田太一さん(元フィギュアスケート選手)
  • 次女:本田真凜さん本人(フィギュアスケート選手)
  • 三女:3歳年下の本田望結(ほんだ みゆ)さん(女優でありフィギュアスケート選手)
  • 四女:6歳年下の本田紗来(ほんだ さら)さん(女優でありフィギュアスケート選手)

長女の本田真帆さんだけは、体が弱かったせいでフィギュアスケート選手にはなっていません。

それでも本田家では4人の子供がフィギュアスケート選手ということで、実家がお金持ちと言われるんですよね。

本田真凜の実家はどこで職業はのまとめ

本田真凜の実家はどこで職業は?金持ち家族の構成についても調べてみました。

本田真凜さんは5人兄弟の真ん中で、長女を除く4人の兄弟がフィギュアスケート選手ということです。

それだけでも本田真凜さんの実家はお金持ちだと思われても仕方ないですね。

実際、本田真凜さんの実家では年小20億円と言われる独自のビジネスモデルを持つ精密機械のグループ会社を持つ企業体を運営してます。

本田真凜さんの父親は、会社の株を持ち役員についているということでそれなりの収入があるということですね。

タイトルとURLをコピーしました