江ノ島神社の初詣でご祈祷を受けると参拝が早く終る!

厄年の方や、事業主の方だったら初詣の時に、ご祈祷を受けるのは普通かなと思います。

でも 江ノ島神社の初詣で、めっちゃ混む三が日に参拝待ちの長い列を尻目に見ながら、ささっとご祈祷を受けて、おみくじ引いて、お守り買って帰ることができるとしたら、江ノ島神社の初詣は「ご祈祷」がいいと思いませんか?

もちろん、祈祷料が掛かるので、費用対効果で判断してくださいね。

江ノ島神社の初詣でご祈祷受けると、参拝より早く終る

江ノ島神社に初詣に行くと、参拝するまでの待ち時間は、2時間3時間は当たり前という話を聞いたことないですか?

多分、三ヶ日まで の話にはなりますが、皆さんが参拝する「辺津宮」の境内は広くはないので、どうしても参拝待ちの列は渋滞になってしまいます。

江ノ島神社の参拝は、仲見世通りを抜けた赤い鳥居のところから、階段で上がっていきますけども、その階段が長い列になっていて、なかなか進まないんです。

実は、その階段一番右側には、参拝の列とは別に「ご祈祷」のための専用通路が用意されています。

しかもご祈祷の列はガラガラなので、参拝のために並んでいる列の皆さんを、尻目に見ながら ささっと階段を上って行けます。

ご祈祷の待ち時間もそんなに長くないので、参拝の列が少しずつ進んでいる間に、ご祈祷を終わらせて、おみくじを引いて、お守りを買うことができます。

大体2時間もかからないぐらいで 仲見世通りには戻ってこれるはずです。

 

この御祈祷を受けて、参拝の渋滞を回避する方法は、ご祈祷の費用がかかるので、ご祈祷受けるつもりのある方向けのお話にはなってしまいます。

でも、神様の前で厳かにお祓いを受けるというのも、1年の始まりに気が引き締まって良いものだと思いますよ。

江ノ島神社の初詣の時のご祈祷の種類

江ノ島神社の ご祈祷の種類は 江ノ島神社だからと言う特別なものはないです

またお正月だからということでお正月限定の御祈祷があるわけでもないです

車祓いもやって 頂けるのですが 車祓い処が 神社と離れてるので事前の連絡を必要としています

強いて言えば江島神社は 縁結びでも有名なので その辺を意識して 祈願内容を決めるのもいいかもしれないですね

ご祈祷の種類

ご祈祷に際しての祈願内容は、厄除け、家内安全、商売繁昌、心願成就、身体健全、病気平癒、招福除災、交通安全、芸能上達、学業成就、入試合格、旅行安全、社運繁昌、事業繁栄、財運向上、開運、方除、良縁、安産、御礼、神恩感謝など一般的なものがあります。

これら以外には、申出により対応していただけます。

祈願内容は一般的とは言え、今年は何をお願いするかを考えるのも、結構楽しいものです。

たとえば、「恋愛成就」みたいなことを祈願してみるのも良いですね。

私は、還暦過ぎたので健康とか長寿とかお願いしたいですね。

初穂料

初穂料というのは、金額によって祈祷の内容が変わるわけではないです。

祈祷後の授与品が違ったりするくらいで、どちらかと言えばお気持ち次第ということです。

懐が厳しいのに、無理して高額を出す必要はないです。

その一方で、ここで奮発して運気を引き寄せようと考えるのもありです。

初穂料は、五千円、七千円、一万円、二万円、三万円、五万円となっていますが、初宮詣に関しては、七千円からとなっています。

私は、最初のときは見え張って1万円コースにしましたが、年々下げて行き、今は五千円コースでお願いしています。

江ノ島神社 初詣でのご祈祷の受け方

ご祈祷の受け方について、特にこれだというマナーはありません。

ご祈祷を受ける側の、あなたの気持ち次第で判断されて構いません。

例えば、何かを祈願する大事な日だからということでスーツ着用するのも構わないです。

普通にお祓いをしてもらうだけだからということで、普段着で行くことも全然問題ないです。

その辺は、あまり深く考えないで気楽に受けられるのは、ありがたいですね。

 

ご祈祷の受付

ご祈祷の受付は、辺津宮の社務所になります。

初詣のときは、参道の赤い鳥居の先の階段の一番右側に専用通路が設けられますので、参拝の列のように待たずに、社務所に向かえます。

受付時間は、午前8時半~午後5時までとなっています。(正月を除く)

正月の場合は

元旦のみ、午前0時~午後7時

2日~3日、午前8時半~午後7時

となっています。

 

ご祈祷の待ち時間

社務所にて、受付を済ませて、待ちます。

混んでなければ、前の組が終わるまで20分程度待ちます。

呼ばれたら、神社が用意した白装束を羽織り、神殿におもむき祈祷を受けます。

この祈祷も、だいたい20分くらいです。

ご祈祷が終わったら、白装束を返して、授与品を受け取って終わりになります。

 

ご祈祷のマナー

ご祈祷のマナーも、これと言ってありませんが、神殿内では神主さんが厳かに式を進めているので、静かに待っていること。

立ってくださいとか、礼をしてくださいとか、都度説明されるので、従っていれば大丈夫です。

玉串奉納も、説明していただけるので、言われた通りにやれば大丈夫です。

20分程度なので、あっという間に終わります。

 

江ノ島神社で初詣のときのご祈祷をまとめると

江ノ島神社の初詣でご祈祷を受ければ、参拝の長い列で順番待ちしているよりも、確実に早く終わるので、ご祈祷を受けてみたいという気持ちがあるなら、一度試してもらうといいですよ。

もちろん厄年だとか、ご商売されている方なら、当然お受けになる方が良いですよね。

ご祈祷というのは、神様にお願いごとを叶えてもらうのには、最も強力な手段です。

お守りで済ましちゃおうと考えないで、年のはじめに神様にしっかりとお願いして、聞き届けていただくと言うのも、新しい1年を過ごす上では、大事なことかもしれないですね。

 

江ノ島神社の初詣の時の、おみくじやお守り、御朱印に関して詳しく書いた別の記事があります。

江ノ島神社の初詣で特別な御朱印をもらうには

初詣の江ノ島神社でおみくじを引くには

初詣の江ノ島神社で混まずにお守りを買うには

よろしければこちらもご覧ください
ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました