生田斗真が歌わない理由は何?嵐との絆や歌唱力の評価についても

生田斗真

生田斗真さんといえば、旧ジャニーズ事務所に所属しながらも、歌手としてではなく、俳優としてのみ活動していることで有名ですよね。

では、なぜ生田斗真さんは歌わないのでしょうか?

実は歌が上手いのに、歌わない理由があるのでしょうか?

また、嵐との関係や、歌唱力の評価はどうなんでしょうか?

今回は、そんな生田斗真さんの歌に関する謎に迫ってみたいと思います。

なぜ生田斗真は歌わないのか?

生田斗真さんといえば、俳優として活躍する旧ジャニーズ事務所の人気タレントです。その演技力や存在感は高く評価されており、多くのファンを魅了しています。

そんな生田斗真さんですが、旧ジャニーズ事務所所属のアーティストとしては、歌やダンスを披露する機会がほとんどありません。

なぜ生田斗真さんは歌わないのでしょうか。

その理由は、大きく分けて2つあると考えられます。

生田斗真本人の意思のため

生田斗真さんは歌唱力が安定していないことを自覚していたためです。

生田斗真さんは、歌手としても成功したいという思いを持っていましたが、自分の歌唱力ではなかなか評価を得られないことを悟ったのでしょう。

また生田斗真さんは、幼い頃から俳優になることを夢見ていました。

そのため歌手よりも俳優として成功したいと考えたのかもしれません。

生田斗真は、俳優として演技の幅を広げていきたいと考えていました。

そのため、歌手活動に時間を割くことを避けたのかもしれません。

事務所との兼ね合い

生田斗真さんは、1996年に旧ジャニーズ事務所に入所し、ジャニーズJr.として活動を始めました。

その後、嵐のメンバーと同じく、NHKの子供向け番組「天才テレビくん」に出演しました。

しかし、嵐が1999年にデビューしたとき、生田斗真さんはメンバーに選ばれませんでした。

その理由としては、以下のような説があります。

「天才テレビくん」でのイメージが強すぎて、ジャニーズJr.卒業後にグループを組むことができなかった。

これらの説は、生田斗真さんがはっきり語っていないのであくまでも仮説に過ぎません。

生田斗真が歌わないことで得たもの・失ったもの

生田斗真さんが歌わないことで得たものは、俳優として成功する機会でした。

彼は、歌手活動に時間を割かずに、俳優としての演技力を磨くことができました。

その結果、数々のドラマや映画で主演を務め、人気俳優となりました。

一方、生田斗真さんが歌わないことで失ったものは、歌手としての可能性でした。

彼は、歌手としても成功したいという夢を持っていましたが、その夢を叶えることはできませんでした。

生田斗真は実は歌が上手い?

生田斗真さんが歌わない理由の一つとして、歌が下手だったからという説がありますが、これは事実ではありません。

実は、生田斗真さんは歌が上手いのです。

ジャニーズJr.時代には、バックダンサーやユニットを組んで歌っていました。

その中でも、嵐のメンバーと組んでいたMAINというユニットは、かなり人気があり、歌も上手かったと言われています。

また、舞台やドラマなどで歌う機会もあり、その歌唱力は高く評価されています。

例えば、エレファントカシマシの「今宵の月のように」を歌ったときには、かなり上手いという声が多くありました。

生田斗真さんの歌声を聴いたことがない方は、ぜひ一度聴いてみてください。

きっと驚くと思います。

嵐との絆を大事にした?

生田斗真さんが歌わない理由のもう一つとして、俳優としての道を選んだからという説がありますが、これも一概には言えません。

実は、生田斗真さんは、嵐との絆を大切にしています。

嵐がデビューしたときには、悔しい思いをしたそうですが、今では仲良くしています。

番組で共演したり、嵐のMVに出演したりしています。

俺の話は長い[DVD BOX]

俺の話は長い[DVD BOX]

生田斗真, 安田顕, 小池栄子, 清原果耶, 杉野遥亮, 水沢林太郎, 浜谷健司(ハマカーン), 本多力, きなり, 滝沢秀一(マシンガンズ), 西堀亮(マシンガンズ), 倉科カナ, 間宮祥太朗, 長谷川初範, 西村まさ彦, 原田美枝子
16,409円(12/08 07:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

嵐のメンバーからも、生田斗真さんのことを尊敬しているという声が聞かれます。

生田斗真さんは、嵐との関係を壊さないために、歌手としての活動を控えているのかもしれません。

また、嵐の歌を聴くことで、自分の歌に対する思いを確認しているのかもしれません。

まとめ

生田斗真さんが歌わない理由は、本人の意思と事務所の事情の両方にあると考えられます。

生田斗真さんは、今後も歌手活動を行う可能性はあります。

しかし、彼が歌手として成功するには、さらなる歌唱力の向上が求められるでしょう。

また、歌手活動に専念するのではなく、俳優業と両立する形での歌手活動になる可能性もあります。

とはいえ生田斗真さんは、歌や踊りの活動をほとんど行っていないものの、俳優として確固たる地位を築いています。

今後も、彼の活躍に注目していきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました