真空ジェシカの漫才は面白い・つまらない?評価はなぜ分かれるかの理由についても

真空ジェシカ

お笑い界で賛否両論のコンビ、真空ジェシカについてご紹介します。

真空ジェシカは、川北茂澄さんとガクさんの二人組で、毒舌で攻めた漫才が特徴です。

彼らは、2021年と2022年のM-1グランプリに決勝進出し、お笑いファンの注目を集めました。

しかし、彼らの漫才は、面白いと言われる一方で、つまらないと言われることも多いです。

では、真空ジェシカの評価はなぜ分かれるのでしょうか?

彼らの漫才が面白いと言われる人とつまらないと言われる人の違いは何なのでしょうか?

今回は、真空ジェシカの評価について分析してみたいと思います。

真空ジェシカの漫才がつまらない・嫌いな理由

真空ジェシカの漫才がつまらない・嫌いな理由は、大きく分けて以下の2つが挙げられます。

ネタが面白くない

真空ジェシカの漫才は、シュールやナンセンスなネタが多いことで知られています。

しかし、そのネタが面白くないと感じる人も多いようです。

ネタが理解できない、笑えない、という意見がよく聞かれます。

芸風が苦手

真空ジェシカの漫才は、2人とも声が小さく、テンポも遅いため、聞き取りづらく、テンポ感が悪いと感じる人も多いようです。

また、ツッコミが鋭いため、嫌悪感を抱く人もいるようです。

真空ジェシカの漫才が面白い理由

真空ジェシカの漫才が面白い理由は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

ネタの意外性や斬新さ

真空ジェシカのネタは、意外性や斬新さがあり、新鮮さを感じさせるものが多いようです。

また、日常生活の些細な出来事や、身近なモノを題材にしたネタが多いため、共感しやすいという意見もあります。

芸風の個性

真空ジェシカの2人には、それぞれ独特の個性があります。

ボケ担当の秋山竜次は、シュールなネタや、下ネタを得意としています。

ツッコミ担当の山本圭佑は、鋭いツッコミや、感情豊かな演技が特徴です。

それぞれの個性が合わさることで、独特の芸風が生み出されています。

真空ジェシカの人気

真空ジェシカは、テレビやラジオ、YouTubeなど、さまざまなメディアで活躍しています。

その人気から、真空ジェシカの漫才を一度でも見たことがある人は、多いのではないでしょうか。

一度見たことがあると、その個性的な芸風が頭に残り、また見たくなるという意見も聞かれます。

真空ジェシカの芸風や評価

真空ジェシカの芸風は、賛否両論ありますが、その個性的な芸風は、多くの人に認知されています。

真空ジェシカの芸風とは

真空ジェシカの芸風は、一言で言えば「毒舌漫才」です。

彼らは、日常の出来事や社会の問題などを題材にして、辛辣なボケとツッコミを繰り出します。

彼らのボケは、時には下ネタや暴言を含むこともありますが、それが逆に笑いを誘うこともあります。

彼らのツッコミは、ボケを受け流すだけでなく、ボケに対してさらに毒を吐くこともあります。

彼らの漫才は、一見すると攻撃的で不快なものに見えるかもしれませんが、実は知的な要素が隠されていることも多いです。

彼らは、ボケやツッコミの中に、時事ネタや専門用語、歴史や文化などの知識を織り込んでいます。

彼らの漫才は、笑いだけでなく、考えさせられるものになっているのです。

真空ジェシカの評価は

真空ジェシカの評価は、お笑いファンや芸人仲間からは高いものがあります。

彼らは、M-1グランプリに2年連続で決勝進出し、審査員や視聴者からも高い評価を得ました。

特に、2022年のM-1グランプリでは、山田邦子さんから最高の95点をもらいました。

山田邦子さんは、「最後、やめてくれっていうくらいおかしくなっちゃった」と絶賛しました。

また、彼らは、お笑い芸人からも面白いと言われることが多く、彼らのネタの質の高さが伺えます。

例えば、おぎやはぎの矢作兼さんは、真空ジェシカのネタを「シンプルにボケが全部面白い。大喜利が強い漫才」と評しました。

また、劇団ひとりさんは、真空ジェシカのネタを「かまいたちの麻薬によって」と表現し、見事な構成によるネタの中毒性を絶賛しました。

真空ジェシカの漫才のまとめ

真空ジェシカの漫才は、ネタが面白くない、芸風が苦手、という意見も聞かれますが、ネタの意外性や斬新さ、芸風の個性、真空ジェシカの人気など、面白いと感じる人も多いようです。

彼らの漫才は、知的で洗練されたボケとツッコミが魅力的であると言われるのです。

タイトルとURLをコピーしました