吉高由里子が大河ドラマ「光る君へ」で演じる紫式部とはどんな人?人物像についても

吉高由里子

大河ドラマ「光る君へ」で吉高由里子さんが演じる紫式部について知りたいという方のために、ブログ記事を作成しました。

紫式部ってどんな人だったのでしょうか?

吉高由里子さんが演じるとどうなるのでしょうか?

それでは、見ていきましょう。

紫式部ってどんな人?

紫式部は、平安時代の女流作家で、日本最古の長編小説とされる『源氏物語』の作者です。

紫式部の本名や生年月日は不明ですが、藤原道長の娘である彰子の女房として仕えていたことがわかっています。

紫式部は、貴族社会の恋愛や人間関係を描いた『源氏物語』を書き始めたのは、30代半ばから40代前半の頃と推定されています。

『源氏物語』は、紫式部の観察力や洞察力、文才や教養が光る作品で、現代にも多くの読者や研究者を魅了しています。

紫式部の生涯は

紫式部は、藤原為時の娘として、平安時代中期の天延元年(973年)に生まれ長元4年(1031年)正月中旬に死去したと言われています。

父の藤原為時は学問の才能に優れ、紫式部も幼い頃から文学に親しみ、並外れた才能を発揮します。

10歳で、藤原道長の養女となり、宮中に出仕します。

道長は、紫式部の才能を認め、彼女の文学活動を支援しました。

紫式部は、宮中での生活の中で、さまざまな人々と交流し、その経験を『源氏物語』の創作に活かします。

まんがで読む 源氏物語 (学研まんが日本の古典)

まんがで読む 源氏物語 (学研まんが日本の古典)

1,430円(02/24 17:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

『源氏物語』は、光源氏という主人公の恋愛を軸に、平安貴族の生活や文化を描いた物語です。

紫式部の豊かな想像力と、優れた筆力によって、多くの人々を魅了しました。

紫式部は、亡くなるまでに、さまざまな作品を残しました。

その中でも、『源氏物語』は、日本文学の最高峰として、今もなお多くの人に愛されています。

紫式部の人物像

紫式部は「枕草子」を書いた清少納言に対して

「得意げに真名(漢字)を書き散らしているが、よく見ると間違いも多いし大した事はない」(「清少納言こそ したり顔にいみじうはべりける人 さばかりさかしだち 真名書き散らしてはべるほども よく見れば まだいと足らぬこと多かり」『紫日記』黒川本)

「こんな人の行く末にいいことがあるだろうか(いや、ない)」(「そのあだになりぬる人の果て いかでかはよくはべらむ」『紫日記』黒川本)

というように、批判的な批評をしています。

それらのことを知った人々からは、紫式部が清少納言に嫉妬していたのではといった憶測を呼んでいたそうです。

でも、実際には紫式部と清少納言が宮仕えしていた年代が異なるために面識すらなかったそうです。

紫式部に対しては、歌人の和泉式部や赤染衛門からは「歌は素晴らしい」と評価は受けていたそうです。

大河ドラマで描かれる紫式部とは

ドラマでは、紫式部の幼少期から、藤原道長との出会い、そして『源氏物語』の執筆に至るまでの物語が描かれます。

ドラマを通して、紫式部の知られざる一面や、彼女が『源氏物語』を執筆したきっかけなどが明らかになることでしょう。

吉高由里子が演じる紫式部の見どころ

光る君は、NHKの大河ドラマで、2024年に放送される予定の作品です。

このドラマでは、紫式部が『源氏物語』を書く過程や背景を描いています。

吉高由里子さんが演じる紫式部は、現代の感覚に近い女性として描かれています。

吉高由里子さんは、紫式部の知性や感性、気品や強さを表現するために、独自の研究や準備をして役作りに挑んでいます。

吉高由里子さんが演じる紫式部の魅力は、以下のような点にあります。

  • 『源氏物語』の登場人物との対話や共感を通して、紫式部の創作の源泉や苦悩を感じることができます。
  • 紫式部の生きた時代や環境を再現した美しい衣装やセット、音楽などが、紫式部の世界観を引き立てます。
  • 紫式部の人間関係や恋愛模様を描く際に、吉高由里子の表情や仕草、声色などが、紫式部の感情や思惑を伝えます。

吉高由里子と紫式部の共通点は?

吉高由里子さんは、演技力だけでなく、その独特な存在感やファッションセンスでも人気を集めています。

彼女が演じる紫式部は、どんな人物となるのでしょうか。

吉高由里子さんと紫式部には、いくつかの共通点があります。

  • どちらも文学の才能に恵まれている
  • どちらも華やかな世界で活躍している
  • どちらも強い意志と信念を持っている

吉高由里子さんが紫式部を演じるにあたって、これらの共通点をどのように表現するのかが、注目されます。

星降る夜に DVD-BOX [DVD]

星降る夜に DVD-BOX [DVD]

吉高由里子, 北村匠海, 千葉雄大, 猫背 椿, 長井 短
18,636円(02/24 17:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

吉高由里子さんは、これまでもさまざまな役を演じ分けてきた実力派女優です。

彼女は、インタビューで「紫式部は、とても人間らしい人だったと思う。

彼女の葛藤や悩みも、現代の私たちにも共感できるものだと思う」と語っています。

吉高由里子さんが演じる紫式部は、きっと、現代の私たちにも共感できる、魅力的な人物になるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、光る君で吉高由里子さんが演じる紫式部について紹介しました。

紫式部は、日本文学の巨匠であり、現代にも影響を与える作家です。

吉高由里子さんが演じる紫式部は、紫式部の人間性や創作の魅力を見事に表現しています。

光る君へは、紫式部の生涯や『源氏物語』の世界を、美しくもドラマチックに描く作品です。

ぜひ、放送をお楽しみにしてください。

タイトルとURLをコピーしました