吉柳咲良の演技は上手いの下手なの?演技力の評価と魅力を徹底解説!

吉柳咲良

若手女優の吉柳咲良さんは、朝ドラ「ブギウギ」で美空ひばりさんがモデルの水城アユミ役を演じます。

そこで吉柳咲良さんについて、彼女の演技力や評価について調べてみました。

吉柳咲良さんの演技は上手いのか下手なのか?

その評価はまだまだ難しいと思いましたが、ミュージカル「ピーターパン」やアニメ映画「天気の子」などで注目されていますので、探ってみました。

吉柳咲良のプロフィールや経歴を紹介

まずは、吉柳咲良さんのプロフィールや経歴について紹介します。

吉柳咲良さんは、2004年4月22日生まれの19歳です。

栃木県出身で、ホリプロ所属です。

第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRL 2016」でグランプリを受賞し、芸能界入りしました。

2017年にミュージカル「ピーターパン」の主役に抜擢され、女優デビューを果たしました。

その後も同作品に4年連続で出演し、2019年には座長を務めました3。

2019年には、新海誠監督のアニメ映画「天気の子」で声優デビューし、ヒロインの弟・凪役を演じました。

同年には「初恋ロスタイム」で映画デビューも果たしました5。

2021年には、フジテレビのドラマ「青のSP―学校内警察・嶋田隆平―」とNHKのドラマ「ここは今から倫理です。」に同時期に出演し、連続ドラマ初出演を果たしました。

同年には、NHK BSプレミアムのドラマ「アイドル誕生 輝け昭和歌謡」で山口百恵さん役を演じ、話題になりました。

2022年には、テレビ朝日のドラマ「未来への10カウント」でヒロインの西山愛役を演じました。

2023年には、テレビ朝日のドラマ「星降る夜に」で北斗桜役を演じました。

2024年には、NHKの連続テレビ小説「ブギウギ」で美空ひばりさんがモデルの水城アユミ役を演じることが発表されました。

これまでに多彩な作品や役柄に挑戦してきた吉柳咲良さんは、若手女優の中でも特に人気や実力が高いと言えるでしょう。

吉柳咲良の演技は上手いの下手なの?

次に、吉柳咲良さんの演技は上手いの下手なのか、評価や感想をまとめてみました。

吉柳咲良さんの演技に対する評価は、概ね高いと言えます。

特に、演技力や表現力が高いという声が多く見られます。

例えば、以下のようなコメントがあります。

「吉柳咲良さんの演技は、本当に素晴らしいと思います。年齢や経験に関係なく、役に入り込んで感情を表現する力があります。特に、泣きの演技が上手いと思います。涙を流すだけでなく、声や目の動き、表情の変化など、細かいところまで丁寧に演じています。観ているこちらも感動してしまいます」

「吉柳咲良さんの演技は、自然でリアルで、観ていて飽きません。どんな役でも自分のものにしてしまう才能があると思います。コメディからシリアスまで、幅広いジャンルに対応できるのもすごいです。彼女の演技には、常に新鮮さや驚きがあります」

「吉柳咲良さんの演技は、繊細で感受性が豊かで、心に響きます。彼女の演技には、声のトーンや表情のニュアンスがとても大事だと思います。それが、役の感情や思考を伝えるのに効果的だからです。彼女の演技は、言葉だけではなく、空気感や雰囲気も作り出しています」

一方で、吉柳咲良さんの演技に対する批判や改善点を指摘する声もあります。

例えば、以下のようなコメントがあります。

「吉柳咲良さんの演技は、まだまだ未熟だと思います。彼女は、自分の感情を表現するのは得意ですが、相手の感情に寄り添うのは苦手です。相手の目を見て話すことが少なく、自分の世界に閉じこもっているように感じます。もっと、相手との掛け合いやコミュニケーションを大切にするべきだと思います」

「吉柳咲良さんの演技は、やや単調で平板だと思います。彼女は、役のキャラクターや背景を理解していると思いますが、それを表現する方法が限られているように感じます。もっと、役の個性や特徴を際立たせる工夫が必要だと思います。例えば、声の高低や強弱、話し方や動き方など、細部にこだわることができれば、より魅力的な演技になると思います」

「吉柳咲良さんの演技は、時々不自然で違和感があります。彼女は、演技に対する意欲や努力は認めますが、それがかえって演技に見えてしまうことがあります。演技をするという意識が強すぎて、役になりきれていないように感じます。もっと、演技をするということを忘れて、役になりきることができれば、より自然でリアルな演技になると思います」

以上のように、吉柳咲良さんの演技に対する評価や感想は、人によって様々です。

しかし、どのコメントにも共通しているのは、吉柳咲良さんの演技をよく見て評価していることだと感じます。

吉柳咲良さんの演技が上手いか下手かというのは、あくまでも主観によるものですが見るものをそこまで引き込む力があるという風にもとれますよね。

吉柳咲良の演技の特徴

吉柳咲良さんの演技の特徴は、その透明感のある美貌と、感情を豊かに表現する演技力です。

吉柳咲良さんは、その美しい容姿と、柔らかな雰囲気で、作品に自然と溶け込む存在感があります。

また、感情を豊かに表現する演技力で、役柄の心情を繊細に表現することができます。

吉柳咲良の演技力は「素直さ」が魅力

吉柳咲良さんはミュージカル「ピーターパン」で長いこと主演を務め、その後も数々の映画やドラマに出演しています。

吉柳咲良さんの演技力は、その「素直さ」が魅力です。

役柄の感情を素直に表現し、観客に共感を与えることができます。

例えば、2019年に公開された映画「天気の子」では、主人公の弟・凪の声を演じました。

凪は、心を閉ざした少年ですが、吉柳咲良さんの素直な演技によって、凪の心の変化が自然に伝わってきました。

吉柳咲良は「幅広い役柄を演じられる」

吉柳咲良さんは、これまでに演じた役柄の幅が広いことも特徴です。

例えば、2019年に放送された映画「初恋ロスタイム」では、明るく元気な女子高生を演じました。

一方、2023年に放送されたドラマ「星降る夜に」では、聴覚障害を持つ女性を演じました。

このように、吉柳咲良さんは、明るい役から難しい役まで、幅広い役柄を演じることができます。

吉柳咲良は「努力家」

吉柳咲良さんは、演技をするために日々努力を重ねています。

例えば、2022年に公開された舞台「デスノート THE MUSICAL」では、弥海砂役を演じました。

弥海砂は、アイドルでありながら、冷酷な殺人鬼でもある役柄です。

吉柳咲良さんは、弥海砂の役を演じるために、ダンスや歌のレッスンを重ねました。

また、弥海砂の複雑な感情を表現するために、役作りに時間を費やしました。

吉柳咲良の演技の未来

吉柳咲良さんは、今後もさらに演技力を磨き、活躍の場を広げていくことが期待されています。

吉柳咲良さんは、まだ20代前半であり、演技の可能性はまだまだ未知数です。

今後、さまざまな役柄に挑戦し、その演技力で多くの人々を魅了していくことでしょう。

まとめ

以上のように、吉柳咲良さんは、ミュージカルやアニメ映画、ドラマなど、様々なジャンルで演技力を発揮しています。

彼女は、歌やダンスの才能だけでなく、声の透明感や感情表現の豊かさも持ち合わせています。

また、役柄に合わせて演技の幅と深さを見せることができる魅力もあります。

彼女は、女優になることを夢見て、幼い頃から努力を続けてきたそうです。

その努力の成果が、今の彼女の演技力につながっているのでしょう。

吉柳咲良さんは、まだ19歳という若さですが、今後もさらに成長していくことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました