宮地嶽神社の初詣はおみくじがおすすめ!新年の運勢を占ってみよう。

宮地嶽神社の初詣に行ったら、まずは新年の運勢を占う意味でも、おみくじは引きたいですね。

そこで、宮地嶽神社の初詣の時に、おみくじはどんな種類があって、おすすめや正月限定のおみくじが有るのかについて調べてみました。

おみくじは、一つだけではなく何枚引いても良いのか?引いたあとの処理についても触れてみました。

宮地嶽神社のオススメおみくじの種類と初穂料

宮地嶽神社のオススメおみくじの種類と初穂料

宮地嶽神社に限らず、初もうでに出かけたらおみくじを引きたくなります。

あれは、なんでしょうね?

御祈祷は、心配事や願い事を神様にお願いするようなもの。

お守りは、1年間の間に降りかかる災いを代わりに受けてもらうもの。

いわば、守り側のアイテム。

おみくじは、1年間の運勢を占うもので、どちらかという攻め側のアイテム。

そんなことを考えるのは、私だけでしょうか?

1年の初めに、その年の運勢を占うのは、「吉」だったらいい感じでスタートが切れます。

「凶」だったら、悪い運勢を避けるように、いろいろ取り組めばいい。

そう考えれば、「おみくじ」というものは、手っ取り早くその年の人生計画が立てられる、素晴らしいアイテムですよね。

 

この項では、宮地嶽神社で手に入るおみくじの中から、人気の高いものをまとめてみました。

この記事で紹介している、宮地嶽神社のおみくじは、以下のものです。

気になるところだけお読みくださいね。

  • 1番人気は七福神みくじ
  • イチオシな、だるまみくじ ← 私のイチオシ
  • こちらも人気の風水みくじ
  • 末広がりで縁起の良い扇子みくじ
  • 七色の招き猫みくじ
  • 開運招福のお守が入った血液型みくじ
  • 幸福の石が入った幸福みくじ

1番人気は七福神みくじ

おみくじを引くと、中に七福神のマスコットが入っているおみくじです。

中に入っている、七福神を全部そろえると、いいことあるかしら。

七福神みくじの初穂料は、200円です。

イチオシな、だるまみくじ

イチオシな、だるまみくじ

引用:http://www.miyajidake.or.jp/news/topics/%e3%81%a0%e3%82%8b%e3%81%be%e3%83%9f%e3%82%af%e3%82%b8

屋台でも売っている、だるまさんがおみくじになったもの。

自分の願掛けしたい色のだるまを買って、まずは片目(左目)を入れます。

願いが叶ったら、もう片方(右目)にも目を入れるんです。

願いが叶って、両目を入れた宮地嶽神社にお返しするんです。

だるまの中には、おみくじが入っています。

なんか、これがイチオシかな!

だるまみくじの初穂料は、300円です。

こちらも人気の風水みくじ

風水は、気にしている人には気になる。

風水でいうところの色は、方角別に決まった色があるそうですよ。

引いた色で、その年の運勢を占う。

風水みくじの初穂料は、200円です。

末広がりで縁起の良い扇子みくじ

末広がりで縁起の良い扇子みくじ

扇子のおみくじも、あちこちで見かけるようになりました。

宮地嶽神社でも、扇子みくじ取り扱っています。

扇子は、末広がりと言われていて縁起物でもあります。

扇子みくじの初穂料は、300円です。

七色の招き猫みくじ

7色の招き猫が用意された、招き猫みくじ。

招き猫みくじで、幸せを招き入れるのもよいですね。

招き猫みくじの初穂料は、200円です。

開運招福のお守が入った血液型みくじ

自分の血液型に合わせて引くのが、血液型みくじ。

自分の血液型での運勢は気になるけど、ほかの血液型の中身を知りたくなっちゃいますね。

誰かと初詣に行ったら、見せ合いたいおみくじです。

血液型みくじの初穂料は、200円です。

幸福の石が入った幸福みくじ

こちらのお守りも、中に入っている天然貴石をそろえたいところですね。

天然石は、お財布とかに入れて普段から持ち歩いていると、ご利益があるとか・・・

なかなか、寝強い人気のあるおみくじです。

幸福みくじに初穂料は、200円です。

 

正月限定のおみくじというのは、無かったのですが、天然石入りとか、七福神みくじなど、中に入っているものを、揃えてみたいと思ったら、神社のはしごをして揃えてみるのも手ですよね。

宮地嶽神社の初詣のおみくじ授与所

宮地嶽神社の初詣のおみくじ授与所

宮地嶽神社の初詣に行ったときに、参拝を済ませたらおみくじや、お守りはどこで買えるのか気になるところですね。

福岡でも人気の宮地嶽神社は、大混雑しているので授与所の場所は、事前に確認しておくと迷わずに済みます。

おみくじ授与所の場所と営業時間

宮地嶽神社のおみくじ授与所は、本殿の左右にある社務所で扱っています。

普段は、本殿の左右におみくじ専用の社があるんですが、初詣の時は本殿の左右にある社務所での取り扱いになるので、ご注意ください。

おみくじ授与所の営業時間は、元旦を除き午前7時~午後7時となっています。

元旦は、元旦の祈祷際に合わせて、午前0時からおみくじ授与所が開いているはずです。

いろいろな変わり種でない、普通のおみくじなら24時間引けると思いますよ。

 

宮地嶽神社の初詣時期の混雑は半端ないです。

そこで、宮地嶽神社の初詣の時の混雑時間と、参拝の穴場時間について別の記事で書いてあります。

宮地嶽神社の初詣の混雑と穴場時間はこちら

良ければ参考にどうぞ

おみくじのしきたり

おみくじのしきたり

おみくじにも、しきたりがあるかって?

実はあるんですよ。

この項では、そんなおみくじのしきたりなどについて書いています。

気になるところをお読みください。

  • おみくじは複数引ける?
  • おみくじは、持ち帰る?結ぶ?

おみくじは複数引ける?

おみくじには、引くのは1回だけという決まりはありません。

かといって「大吉」が出るまで引きつずけるというのも、あまり関心はしませんが。

ただし、たくさん引くと、すべて結果が違った場合にはどれを信じていいかわからなくなりますので、1回にしておいたほうが良いです。

どうしても、もっと引きたいというなら、日を改めるのが良いですよ。

おみくじは、持ち帰る?結ぶ?

引いたおみくじは、境内の決まった場所に結んでいくものと思ってませんか?

実は、おみくじは、持ち帰ってもよいのです。

「吉」であろうと「凶」であろうと、おみくじには1年の過ごし方などがきっちりと書かれています。

ですから、家に持ち帰って時々見直すのが良いんです。

その一方で、「結ぶ」という行為には「神様と縁を結ぶ」という意味も込められています。

そこで、「凶」が出たときは、利き手ではない方の手だけで結ぶことが「修行」とみなされて、「凶」転じて「吉」となるともいわれています。

そこで、引いたおみくじが

  • 「吉」系なら自宅に持ち帰る。
  • 「凶」なら結んできて、置いていく。

と考えてみるのが良いと思います。

 

もし、おみくじを結んできたい場合には、必ずおみくじを結ぶ場所と指定されているところに結んでくださいね。

やたらに、「松」の木とか見つけて結ぶと、新芽のある成長過程の木に悪影響があるというので、神社では嫌うところが多いのでご注意ください。

宮地嶽神社の初詣のおみくじのまとめ

宮地嶽神社の初詣のおみくじのまとめ

宮地嶽神社の初詣に行って、おみくじを引いて新年の初占いをしてみたいというのは良いことです。

仮に結果が悪くても、どういう事が起きるのかがわかっていれば、それを回避することを考えて過ごせばよいわけで、決して悲観することではありません。

なので、臆せずおみくじを引いてみましょう。

僅か200円や300円で、その年の運勢が占えるなんて、実はおいしいことですよ。

ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました