松尾淳之介(東海大学)はどんな選手?進路は?

96回箱根駅伝で、9区を走る東海大学の4年生松尾淳之介選手は、4年生の意地を見せる激走を見せましたが、青山学院を捉えることは出来ませんでした。

そんな松尾淳之介選手はどんな選手なのか気になりました。

調べると、笑顔が可愛いと言う情報が多数上がっていました。

すでに東海大学の4年生ということで、春にはどこへ進路を定めているのかということにも、触れてみました。

松尾淳之介(東海大)はどんな選手?

東海大学の4年生の松尾淳之介(22歳)選手は、笑顔が可愛いと言われています。

笑顔が可愛い松尾淳之介選手は、人気者です。

秋田高校時代では、3年で主将を務める実力者。

全国高校駅伝には、3年連続出場を果たしていて、高2のときには全国優勝に貢献しています。

2015年の世界クロスカントリー選手権大会のジュニア男子8kmに日本代表に選ばれています。

東海大学での最後の箱根9区を走りましたが、惜しくも差が広がってしまいました。

後は、アンカーの郡司陽大選手に期待ですね。

 

箱根駅伝での過去成績は

93回の時4区で12位

94回の時5区で12位

自己ベストは

10000mで、28.37.95

ハーフで、1.02.17

です。

松尾淳之介(東海大)の進路は?

東海大学の4年生の松尾淳之介選手は、卒業後の進路はDeNAと決まっています。

DeNAへは、同じ東海大から鬼塚翔太選手と館澤亨次選手も行くことが決まっています。

DeNAへ進んだ後も、同期のライバルが居ることで、実業団の中で松尾淳之介選手は活躍していくだろうと予想されます。

DeNAは、2018年11月から駅伝からは撤退しているので、来年のニューイヤー駅伝で、松尾淳之介選手の活躍が見られないのは寂しいですが、マラソンやトラック競技での活躍を期待しましょう。

松尾淳之介(東海大)はどんな人?進路は?のまとめ

96回箱根駅伝で、青山学院を追う東海大学の松尾淳之介選手は9区を走りました。

惜しくも、前を行く青山学院を捉えられませんでしたが、4年の意地を見せる熱い走りでした。

東海大学の松尾淳之介選手は4年生ということで、進路についても調べておきました。

松尾淳之介選手は、笑顔が可愛いと言われているので、DeNAに移っても、人気の選手でしょう。

ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました