土井善晴の美食探訪1月14日は銀座のおでん

土井善晴の美食探訪

土井善晴の美食探訪1月14日の放送で紹介された、東京で静岡おでんが食べられるお店。

静岡おでんは、牛すじでとった出汁と濃口醤油の真っ黒なスープが特徴。

アツアツの具に鰹節粉や青のりをたっぷりと掛けて食べるのが、静岡おでんの食べ方です。

土井善晴の美食探訪1月14日の放送で、静岡では駄菓子屋でも売っているほど、静岡のソールフードとなっている静岡おでんを東京で食べられるお店を紹介していました。

東京の銀座で、静岡おでんを食べられる、おでんの名店について調べました。

スポンサーリンク

土井善晴の美食探訪1月14日放送の銀座で静岡おでんが食べられるお店は

3

銀座で静岡おでんが食べられるお店は、「乃だや」と言います。

乃だやは、もともと静岡では老舗の静岡おでんのお店。

乃だやが銀座に店舗を構えたのは、2018年11月なので、まだ新しいお店です。

この項では、次のことを書いていますので、気になるところをお読みください。

  • 「乃だや」へのアクセス
  • 「乃だや」の特徴
  • 「乃だや」の主なメニュー

「乃だや」へのアクセス

番組で紹介された、銀座にある「乃だや」は、JRの「新橋駅」から徒歩3分になります。

  • 店名:銀座 乃だや
  • 住所:東京都中央区銀座8-7-9 金六ビル 4F
  • 電話:03-6264-5504
  • 平日:16:00~23:00 L.O.22:30
  • 土曜:(10~5月の第2・第4土曜日のみ)17:00~22:30 L.O.22:00
  • 定休日:土曜・日曜・祝日
  • 土曜の休業:10~5月の第1、3、5土曜定休日 6~9月は土曜営業しません。
  • 公式HP:https://nodaya-web.com/ginza/

「乃だや」の特徴

13

温暖な気候の中で育まれた静岡の郷土料理を、東京で味わえるお店。

静岡特産のアメーラトマト、折戸茄子、久能の生姜、わさび漬けは、静岡から仕入れています。

また、桜えび、生しらす、太刀魚、背黒イワシ、岩のりなど鮮魚の多くも静岡から仕入れています。

静岡にこだわった食材で作る静岡の味わいは、乃だやだけで味わえます。

静岡人にとって、東京で静岡の味を食することができるのは、とっても大事なんですね。

「乃だや」の主なメニュー

乃だやで食べるなら、「味噌おでん」は外せないでしょう。

14

牛すじの出しを見せ独自のブレンドした出汁は、創業当時から60年以上変わらない伝統の味。

甘くした白味噌をつけて食べるのが美味しいそうです。

料金は、税別です。

  • 牛すじ:400円、黒はんぺん:150円、こんにゃく:120円
  • たまご:200円、厚揚げ:400円、さつまあげ:150円
  • こんぶ:150円、しらやき:150円、ごぼう巻き:150円
  • ちくわ:150円、味噌かけ大根:400円
  • ガツ(豚の胃袋):250円、じゃがいも:200円、いか太巻き:200円

もちろん、関東風のおでんもあります。(税別)

  • 大根:400円、 たまご:200円、 厚揚げ:400円
    こんにゃく:120円、 和風ロールキャベツ:450円
    こんぶ:150円、 白はんぺん:250円
    やさいあげ(自家製):350円、 げそ団子(自家製):350円
    いわしのつみれ(自家製):350円
    鶏のつくね(自家製):350円、 もち巾着:300円

おでん以外にも、静岡から取り寄せている、生しらすや新鮮な魚介類もおすすめです。

スポンサーリンク

土井善晴の美食探訪1月14日放送、銀座の静岡おでんのまとめ

土井善晴の美食探訪1月14日放送で紹介された、銀座で静岡おでんが食べられる店「乃だや」さん。

静岡おでんって知らなかったけど、静岡では駄菓子屋でも売っているほどのソールフードだなんて驚きです。

乃だやの「味噌おでん」は、一度足を運んで食べてみたい一品です。

土井善晴さん、色々珍しいものを教えてくれます。

 

当日の番組で紹介された、他の名店は、別の記事で詳しく書いています。

美食探訪で紹介した、浅草のおでん屋はこちらから

美食探訪で紹介した、目黒の洋食屋はこちらから

良ければご覧ください
スポンサーリンク
万事好奇心旺盛
タイトルとURLをコピーしました