ケンミンショー1/23高知の土鍋ラーメン

秘密のケンミンSHOW1月23日の放送で、高知の土鍋ラーメンが紹介されました。

高知の土鍋ラーメンとは、高知県須崎市にある「鍋焼きラーメン」のことですね。

そこで、「鍋焼きラーメン」について調べてみました。

高知の土鍋ラーメンとは

高知県の須崎市で昭和20年代~昭和55年まで営業していた「谷口食堂」で生まれた、須崎市のソウルフード。

当初は、店主が出前のラーメンが冷めないようにと、ホーロー鍋で出前をしたのが始まりと言われています。

鶏ガラのスープに、具材はネギに卵、ちくわが入って、土鍋でアツアツのラーメンは、戦後の食糧難の時代でも、体があたたまるごちそうとして定着していったそうです。

昭和55年に谷口食堂が閉店した後、この味を残そうと須崎市内で「鍋焼きラーメン」を出すお店が増えていき、徐々に全国に知れ渡って行ったそうです。

「鍋焼きラーメン」の七つの定義

「谷口食堂」の味を守るために七つの定義が決まっています。

  1. スープは、親鳥の鶏がらの醤油ベースであること
  2. 麺は、細麺ストレートで少し硬めに提供されること
  3. 具は、親鳥の肉・ねぎ・生卵・ちくわ(すまき)などであること
  4. 器は、土鍋(ホーロー、鉄鍋)であること
  5. スープが沸騰した状態で提供されること
  6. たくわん(古漬けで酸味のあるものがベスト)が提供されること
  7. 全てに「おもてなしの心」を込めること

高知県須崎市の「鍋焼きラーメン」のお店

高知県の須崎市で昭和55年に閉店した「谷口食堂」の後を付いだのは、昭和47年に創業した「橋本食堂」です。

創業者の橋本さんは、「谷口食堂」の味の再現をまっさきに取り組んだお店です。

橋本食堂は、「土佐新荘駅」から徒歩11分です。

  • 店名:橋本食堂 (はしもとしょくどう)
  • 住所:高知県須崎市横町4-19
  • 電話:0889-42-2201
  • 営業時間:11:00~15:00(L.O.14:50)
  • 定休日:日曜・祝日

「鍋焼きラーメン」の作り方

ご家庭でできるかんたん鍋焼きラーメンの作り方(一人分)

ここでは、次のことについて書いています。

  • 材料(具材)
  • 材料(出汁)
  • 材料(トッピング)
  • 作り方

材料(具材)

  • 鍋用ラーメンの麺:1玉
  • 鶏の切り身:60g
  • ちくわ:小口切りで1本分

材料(出汁)

  • 水:350cc
  • 清酒:大さじ2杯
  • 本みりん:大さじ2杯
  • 顆粒鶏ガラスープの素:大さじ1杯
  • 鶏油(ラードでも可):大さじ1杯
  • 醤油:大さじ1杯
  • 塩:適量

材料(トッピング)

  • 筒切りのねぎ:適量
  • 生卵:1個

作り方

  • 鶏肉を茹でておきます
  • ラーメンは固茹でしておきます
  • 鶏油と茹でた鶏肉を鍋に入れます
  • スープの材料を加えます
  • 鍋が沸騰してきたら、ネギと麺を入れます
  • 生卵を真ん中に落とします
  • さらに沸騰したら完成です

 

鍋焼きラーメンは、アマゾンで買えます。

アイランド食品 箱入須崎鍋焼きラーメン橋本食堂 4食

クリックして、アマゾンで買えます

ケンミンショー1/23高知の土鍋ラーメンのまとめ

秘密のケンミンSHOW1月23日の放送で、高知の土鍋ラーメンが紹介されました。

高知の土鍋ラーメンというのは、高知県須崎市にある「鍋焼きラーメン」ということが分かったので、鍋焼きラーメンの作り方や、有名なお店を紹介してみました。

寒さが応える冬にうってつけの、アッツアツの鍋焼きラーメンは絶対オススメです。

ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました