コロナで不要不急を自粛してる中高年の気分転換は?

コロナウィルスの対策で「不要不急の外出」に自粛要請が出ています。

中高年のわたしは、感染リスクが心配なので、危険と言われるところへの外出は控えています。

 

でも、ずっと自宅待機では、どうしても気分が滅入ってくるものです。

どこかで気分転換は必要だと感じています。

 

カラオケとか考えたけど、閉鎖空間は危険と言われるし、出かける人が減ったから旅行と言っても公共交通機関を使うのは、やはり怖いです。

 

そこで思いついたのは、マイカーで行ける範囲ならどうだ!

これなら妻と出かけられるし、今は色々と開花するシーズン。

他人との接触が不安なら、お弁当持って車から降りなきゃ良いし。

不要不急の外出ってどの程度まで?

「不要不急とは、重要ではなく急ぎでもないこと」と定義されます。

ビジネスでは、それをしないとビジネスに影響が出ること。

プライベートでは、今やらなきゃいけないこと。

 

明確なようで、かなり曖昧ですよね。

 

その人それぞれの立場や環境、置かれている状態で解釈が変わるからですね。

 

ただ、中高年の私にとっては、重症化で苦しみたくはないので感染のリスクを下げたいですね。

中高年の感染リスクから見た避けるべき場所

やはり、感染リスクを下げるには、感染の危険性について正しく理解しておかないと。

政府から発表されている集団感染の共通点

  • 換気が悪い
  • 人が密に集まって過ごすような空間
  • 不特定多数が接触するおそれが高い場所

 

政府から発表されている集団感染が起こりやすい場所

  • スポーツジム
  • 屋形船
  • ビュッフェスタイルの会食
  • 雀荘(じゃんそう)
  • スキーのゲストハウス
  • 密閉された仮設テント

 

これらのリスクを考慮して見てみると、やはり手短なカラオケボックスなども危険度が高いことが分かります。

 

気軽に息抜きも出来ないって、絶対ストレスのもとになるなぁ~

ずっと自宅待機していると気持ちが滅入る

そうは言っても、毎日自宅にこもっていると、どんどん気が滅入ってきます。

 

今はコロナウィルスの収束へ向かった動きが明確になっていないので、先の見えないトンネルの火にいるようなものですよね。

 

中高年の夫婦の場合、毎日自宅に居ても楽しいと思えるのはごく少数でしょう。

 

やはり、お出かけしないと気が滅入ってきます

 

中高年の夫婦が楽しめること?

カラオケもだめ!

公園行っても、臨時休校で子どもたちが多いからお互い気が引ける。

孫に会いに行くのも気が引ける。

電車やバスも、できるだけ乗りたくない!

 

どうすりゃいいのよ?

一体。

 

こりゃヤバいですよ。

万が一、ストレスで夫婦げんかになんかなった日には・・・

自宅待機の中高年の娯楽は?

そこで、考えました。

なんとか外出する方法。

マイカーで行けば良いんですよ!

今は、まさに開花シーズン。

 

花の名所では、今の時期○○まつりなんですが、コロナウィルスの自粛要請で軒並み中止ですよね。

都内なんか行くのは大変だけど、郊外だったら車で行っても大丈夫ですね。

 

別に、屋台がなくても良いんですよ。

イベントがなくても良いんですよ。

 

満開に咲いた花が見れれば、気分は晴れますよ。

 

行った先に人が多ければ、車から見ればいいじゃないですか。

そういうところを探していけば良いんですよ。

 

中高年の夫婦が、今この時期にストレスを発散するにはこれですね!

まとめ

コロナで不要不急の外出は自粛しないといけない。

特に中高年は感染リスクを避けないと危険です。

でも、いくら不要不急と言われても、自宅待機ばかりではストレスたまります。

 

かといって、手軽なカラオケですら危険。

 

そこで思いついたのは、あちこちで中止になっている「お花見イベント」。

郊外でマイカーで行けるところなら、人少ないし最悪来るから見れるところを探していけば、他社との接触も避けられますよね。

 

勝手な解釈と言われるけど、自宅待機ばかりじゃ気が滅入ってストレスが溜まっちゃいます。

ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました