閉鎖病棟 映画のあらすじで見えてくること

笑福亭鶴瓶師匠も、最近はすっかり役者になっています。

そして、コミカルな役ばかりではなく、シリアスでハートフルな役作りも出来るようになりました。

そんな鶴瓶師匠が、殺人という過去を引きずる閉鎖病棟で死を願っているという難しい役どころに挑んでいます。

そんな、閉鎖病棟と言う映画のあらすじに触れています。

閉鎖病棟 映画 あらすじ

「閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー」とは、2019年11月1日に封切りとなる、笑福亭鶴瓶さん、綾野剛さん、小松菜奈さん共演の映画です。

「閉鎖病棟」と言う映画には原作があります。

実写化すると、多少なりと原作と違う部分が出てくるのは、限られた時間にすべてを表現しないといけないという制約が生じるからです。

これは仕方ないところです。

閉鎖病棟あらすじ

舞台は長野県の山奥にある精神科の病院。

そこで生活しているのは、死刑執行が失敗して生き長らえている梶木秀丸(笑福亭鶴瓶)

幻聴に苛まれているサラリーマン塚本中弥(綾野剛)

DVにより入院せざるを得なくなった女子高生の島崎由紀(小松菜奈)

病院で知り合った3人は、日常から虐げられた世界で心を通わせ生きていこうとしています。

そして、法定で次々と明かされていく真実の中を3人の余りにも脆すぎる心は、開かれた世界に戻せるのか?

 

秀丸は、母親と義父とその子供を殺して、死刑になるが生き残ってしまい、2度は死刑に出来ないということで放免された身の上。

一度は社会復帰するが馴染めず病院で住み込みで働いていたが、事故で歩けなくなり患者になった。

チュウさんこと中弥は、朝鮮からの引き上げ家族で、早くから電力会社で働いていたが、幻聴で父親を絞殺しそうになり、強制入院させれた。

由紀はもともと外来で通院していたのですが、元ヤクザの患者重宗に強姦されてしまいます。

このことを知った、チュウさんと秀丸。

由紀を助けるべく、秀丸は再び殺人を犯し拘置所に送られ、チュウさんは由紀を探しますが行方がわかりません。

やがて、様々な真相が見えてきて、3人は深いつながりと絆をかじるようになり、そして結末へと向かっていきます。

閉鎖病棟 映画 キャスト について

 

閉鎖病棟とは

精神病院には、常時開放されている開放病棟と、常時施錠されている閉鎖病棟とがあります。

この映画の舞台となるのは、職員が解錠しない限り出入りができない閉鎖病棟で精神疾患が有り強制入院が必要な患者の受け入れをします。

つまり、閉鎖病棟にいるということは、それなりの理由があり外界との接触が制限される理由があるということにもなります。

閉鎖病棟 映画の狙い

この「閉鎖病棟」と言う映画では、複雑な過去や現在抱える問題に押しつぶされそうなほど脆い人の心を繊細に描いていると思います。

そして、知り合った3人は、抱えている問題は異なってはいるものの、閉鎖病棟という共通の接点で、か細いながらもつながっているわけです。

そして、秀吉が裁かれていく中で3人に共通する接点が明らかになっていき、それぞれに絆が出来ていきます。

普通の人から見れば、異常な人として虐げられる立場の3人が、絆を気付きながら人間としての尊厳を取り戻していくということを描いています。

つまり、この映画が訴えたいのは、どんな立場であっても生きている限り人間でありたいということを訴えていると思います。

閉鎖病棟の原作小説は?

閉鎖病棟 映画 まとめ

閉鎖病棟の映画には原作があります。

原作本がしっかりしていて評価が高いので、映画化されたと思います。

 

ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました