閉鎖病棟 映画 キャストから見える狙い

閉鎖病棟とは、精神科病院に置いて強制入院が必要な方のための閉鎖されて空間です。

そのため、外界との接触機会が限られますが、その分中の空間においては、各々の接点が多くなるのかもしれません。

この記事では、閉鎖病棟の映画のキャストと、そこから見えてくる脚本側の狙いと、キャストの役割やお互いの連鎖について触れてみました。

閉鎖病棟 映画 キャスト

メインキャスト

梶木秀丸(笑福亭鶴瓶)

実母や義父とその子を殺害したことにより死刑を執行されるが、運命の悪戯で生き延びてしまい、2度は死刑を執行できないために放免されるが、社会に馴染めずこの病院で世話になっている。

 

塚本中弥:通称チュウさん(綾野剛)

朝鮮からの引き上げの家族で、早くから電力会社で働き、退職金で家を建てるが幻聴が始まり、通院を勧めた父親を絞殺しそうになり強制入院させられた。

 

島崎由紀(小松菜奈)

とあることから不登校になってしまった女子高生。

この病院へは外来として通院しているが、院内で秀丸やチュウさんと知り合い、二人の優しさに心の平安を感じている。

 

この3人は、患者の重宗が絡む事件に巻き込まれて、平穏な生活は壊されてしまうが絆は一層深まることに。

サブキャスト

井波(小林聡美)

患者に対して常に公平に見守ることを常とする看護師長。

 

重宗(渋川清彦)

元ヤクザの患者で、日常的に暴力的のため他の患者からは疎まれている。

 

丸井昭八(坂東龍汰)

おとなしい患者で、会話が不自由な代わりにカメラが得意、

チュウさんを慕っている。

 

大谷(高橋和也)

この精神科病院の医師で、揉め事が多い病院内で常に冷静な対応をしている。

 

石田サナエ(木野花)

何かと目立つ患者で、家族の元への外泊も多く他の患者の羨望を集めている。

 

重宗は、見るからに悪オーラムンムンですね。

重宗の起こす事件により、メインキャストの3人は好まないのに、外界との接触を避けられなくなり、平穏な生活は壊されてしまいます。

 

閉鎖病棟のあらすじは、こちらから

 

閉鎖病棟の予告編を見てみましょう。

映画 キャストごとの役割

View this post on Instagram

写真は撮影舞台の小諸高原病院内にロケセットとして建てられた「陶芸小屋」。秀丸(笑福亭鶴瓶)は普段ここに身を置き作陶に励みます。チュウさん(綾野剛)、由紀(小松菜奈)も通い、3人の心が寄り添っていく大切な場所となっております。屋外は連日氷点下で大変な作業にも関わらず、何と1週間もかからず建てられました。撮影後、現場を元通りに戻した為、今でこそありませんが、病院の方々のご好意で現在復元に向けて動いております。劇場公開は11月1日です。 #閉鎖病棟 #2019年11月1日公開 #笑福亭鶴瓶 #綾野剛 #小松菜奈 #撮影現場 #美術 #装飾 #見えない裏側

A post shared by 映画『閉鎖病棟 ―それぞれの朝―』公式 (@hb_movie1101) on

由紀は、中2のときに母親の再婚相手の子供を身ごもり、母親に相談できずに中絶費用を体を売って捻出しようとした過去があります。

そんな由紀に、重宗はさらなる追い込みをかけるのです。

 

昭八から由紀のみに起きた事実を聞いた、秀丸とチュウさんは、それぞれの立場で解決策を導き出しました。

 

その結果、秀丸は再び拘置所に収監されて裁判を受けることになります。

そして、チュウさんと由紀は証人として法廷に立つことになります。

閉鎖病棟といういわば外界との接点が少ない環境で、傷ついた心を修復している者にとって、こうした場において、言いたくないことや知りたくないことに振り回されることがどれだけ苦痛なのかを知ってほしい。

閉鎖病棟では、それぞれのキャストには人には言えない過去があり、その過去が物語の進行に大きく関わってきます。

つまり、キャストそれぞれに、大きな役割が与えられているのです。

閉鎖病棟 映画 キャスト感の連鎖

この「閉鎖病棟」では、キャストそれぞれに役割がありますが、それぞれの役割が連鎖することで、物語が進んでいきます。

重宗が起こした事件で、メインキャストの3人は否応なしに外界と接点を持つことになります。

そして秀丸は拘置所に収監されて裁判にかけられます。

その裁判で、明かされていく数々の事実は、衝撃的に3人の心を揺り動かしていきます。

しかし、その一方で3人を不思議な絆で結びつけても行きます。

裁判の過程の中で、由紀とチュウさんは秀丸が死を願っていることに気が付きます。

そこで、2人のとった行動は奇跡を起こすのでしょうか?

このように、閉鎖病棟ではそれぞれのキャストに役割があると同時に、お互いに連鎖していく要素があります。

閉鎖病棟という、いわば限られた空間の中であるがゆえに、お互いの連鎖は必然とも言えます。

閉鎖病棟 映画 キャスト まとめ

閉鎖病棟と言う映画は、外界から遮られた狭い空間の中で生活するために、一般社会で生活するよりも、お互いに対する思いやりや絆はできやすいのかもしれません。

そういう視点を持って見ていけば、この映画でのキャスト同士の関わりには納得がいくのかもしれませんね。

 

ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました