伊藤沙莉の演技がうまい?子役時代はチャラい?

伊藤沙莉

女優の伊藤沙莉さんは、子役時代からの長い経歴を持った女優さんです。

 

伊藤沙莉さんは、かなりの映画やドラマで助演女優として出演してきました。

伊藤沙莉さんの演技力には定評があり、しかもその演技は面白いし、声もハスキーで好きなタイプの女優さんです。

 

伊藤沙莉さんは、子役時代はいじめっ子役が多かったです。

女優時代になっては、チャラいっぽい役が多いようです。

 

伊藤沙莉さんの演技が面白すぎるので、演技力を見つめ直してみました。

子役時代「女王の教室」「GTO」ですでにハスキーボイス?

伊藤沙莉さんは、ドラマ「この世界の片隅」で見せた演技力で一躍注目の的に。

 

伊藤沙莉さんは1994年生まれの(26歳)ですが、子役デビューは2003年(当時9歳)のドラマ「14ヶ月~妻が子供に還っていく~」でした。

ということは、すでに15年の芸歴(2020年時点)です。

 

あの「女王の教室」や「GTO」にも子役で出演していました。

伊藤沙莉さんは、子役時代からハスキーボイスだったんですよね。

 

伊藤沙莉さんの子役時代について次の視点で調べました。

  • 「女王の教室」のいじめっ子役で演技光る?
  • キューティーハニーのハスキーボイスが話題に?
  • 「GTO」のいじめっ子役でも目立つ
  • 魅力は圧倒的な演技力?

「女王の教室」のいじめっ子役で演技光る?

ドラマ「女王の教室」では、いじめっ子の「田中桃」を演じていました。

へぇ~、あの娘が伊藤沙莉さんだったんだって感じですよ。

 

伊藤沙莉さんの演技は、田中桃の演技でかなり評価されていました。

あまりに役にのめり込んで感情移入していたので、逆に「田中桃ムカつく」とか言われたりもしていました。

 

「女王の教室」は、伊藤沙莉さんにとっては3作目でしたけど、すでに演技力は評価されてたんですね。

キューティーハニーのハスキーボイスが話題に?

「女王の教室」の中で、田中桃が「キューティーハニー」を熱唱しました。

その時の声が「ハスキーで可愛い」と評判になってましたね。

 

すでに、この頃から伊藤沙莉さんのハスキーボイスは可愛かったですね。

 

「女王の教室」は動画配信の「Hulu」で見れます。

Huluで、「女王の教室」を見る

クリックでHuluに飛びます

※この情報は2020年4月13日のものです。公式サイトで確認してください。

 

「GTO」のいじめっ子役でも目立つ

ドラマ「GTO」でも、やはりいじめっ子役の「楠見加奈子」を演じていました。

 

当然のごとく伊藤沙莉さんは、役にはまり込んでいたので「楠見加奈子はムカつく」と言われてましたね。

 

「女王の教室」でも「GTO」でも、伊藤沙莉さんは「ムカつく」対象でした。

 

それは、裏を返せば感情移入出来て役になりきれる演技力の高さの裏付けでもあります。

魅力は圧倒的な演技力?

伊藤沙莉さんは、子役時代から圧倒的な演技力を見せていました。

 

たまたま、いじめっ子役がハマりすぎて「ムカつく」系の評価が多かったですが、それは子役でありながら、「ムカつく子役」として注目されていたということですね。

 

伊藤沙莉さんは、2018年はドラマ7本と、引っ張りだこで女優としての地位を固めたと言えるでしょう。

 

女優としての伊藤沙莉さんは、チャラ系の役が多いですが「素はいい子」に見えてしまうところが伊藤沙莉さんの魅力と言えそうですね。

「この世界の片隅に」で見せた抜群の演技力とは?

ドラマ「この世界の片隅に」では、このドラマでオリジナルのキャラの「幸子」という役をもらった伊藤沙莉さん。

 

ドラマの前半では意地悪な役回りでしたが、それが不思議なことに嫌味が感じられないところが不思議でした。

 

伊藤沙莉さんは、いつの間にがそこにいるという違和感がない演技が見る人の興味を引く、居るだけで存在感が有る。

 

「可愛い」を売りにする女優よりも、遥かに存在感が大きい。

憎めない女子を演じた時に見せる魅力

「この世界の片隅に」で伊藤沙莉さんは、あのハスキーボイスで主人公の「すずさん」に悪態をついたのには背景があります。

 

つまり、伊藤沙莉さん演じる幸子は単なる意地悪な女ではなく、片思いの相手の周作のお嫁さんに意地悪をしてみたいという女の子の複雑な心境を描いていたんです。

 

幸子は、ドラマの後半でお見合い話が持ち上がった時の、浮かれまくる女子も見事に演じています。

 

伊藤沙莉さんは、可愛くて優等生な女の子みたいなシンデレラではなく、普通に居る女の子の喜怒哀楽を自然に表現できる女優なんです。

 

伊藤沙莉さんは、話せばハスキーなだみ声だし、理想的な美人顔でもないし、チャラい役でもぶりっ子役でも嫌味が感じられない。

 

「この世界の片隅に」での幸子は、戦時下という設定で暗くなりがちなドラマを、一人で明るくしてくれる光明のような存在でした。

 

どんな役を演じても、乙女心をしっかり表現できる伊藤沙莉さんの演技力は本物です。

映画「獣道」では須賀健太と共演した?

映画「獣道」では、須賀健太さんと共演してます。

 

この映画でも学生役だったので、いじめっ子的なヤンキー役がハマる体当たりな演技を見せていました。

 

こんな伊藤沙莉も泣く・・・動画見てみよう。

女優・伊藤沙莉、クランクアップ時に涙。『獣道』メイキング映像

ハスキーボイスで魅力全開?

「獣道」では、母親のネグレストのため宗教団体の中で育つ「愛衣」と役を演じた伊藤沙莉さん。

「人から愛されること」に飢えながらも、ヤンキーの「亮太」との出会いでダークサイドに転落していく。

そりゃもう、え~と言えるような過激な描写やスゴシーンも有るのに、伊藤沙莉さんは体当たりな演技でこなしています。

 

清楚なお嬢さん系の女優さんじゃ、絶対できないでしょう。

 

「愛衣」は、だんだんグレていきヤンキーのような風貌に変わっていっても、「実は素顔は愛に飢えている可愛い女の子」なんです。

 

伊藤沙莉さんは、めっちゃハスキーボイスで半グレヤンキー娘を演じても、どこか憎めない可愛い女子に見えちゃうのが不思議なんです。

ドラマ 「けもなれ」や「恋のツキ」の演技は面白い?

2018年は伊藤沙莉さんにとって、ハマり年でした。

伊藤沙莉さんをドラマで見ない週はないというくらい、引っ張りだこでした。

確か、7本くらいのドラマに出演してました。

演技にリアリティありすぎ?

ドラマ「恋のツキ」では、フリーターでめっちゃノリが軽い水野晴子約で主演を演じていました。

 

このドラマでも、めっちゃハスキーボイスでチャラすぎるけど、実は素直な娘というお得意のキャラを演じきっていました。

 

もう見てても、普通にそのへんにいるじゃんっていう感じが、かなりリアリティがあり過ぎで感動しちゃいますよ。

けもなれの松任谷さんと一番共感できるらしい?

ドラマ「獣になれない私たち」では、責任感のかけらもない軽過ぎの女子社員「松任谷夢子」を演じていました。

 

松任谷夢子って、リアルに当たり前にいそうな感じの娘でしたね。

 

伊藤沙莉さんって、役柄の女子がリアルすぎると感じさせてくれる演技が得意なんだと思っちゃいますね。

 

「獣になれない私たち」って、結構会話シーンが多いのに「全然面白くない」って声が多かったんですが、松任谷役の伊藤沙莉さんが恋愛談義をするシーンでは、「会話の持って生き方や店舗が良くて面白い」と言われました。

 

じつは、この会話シーンが「けものなれ」の中では一番面白かったとも言われているんですね。

 

伊藤沙莉さんの演技力は、本物ですね。

まとめ

伊藤沙莉さんの演技力について調べた結果。

  • 子役時代から、長い経歴を持っている。
  • 子役時代から、ハスキーボイスが魅力だった。
  • 子役時代はいじめっ子役が多かったけど、どこか憎めない子だった。
  • 女優になってからも、チャラい役が多かった。
  • どんなチャラ役でも、子は可愛いと感じさせてくれる演技力があった。
  • どんな役をやっても、そのへんにいそうなリアリティを感じさせてくれる。

恐らく、ハスキーなだみ声でチャラい役をやっても、嫌味のないどこにでも居る女の子を演じられるのは、伊藤沙莉さんだけですね。

 

そんなイメージを確立しつつ有る、伊藤沙莉さんです。

 

今後、演技の幅を増やしてもっと活躍してほしいですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

全員、片想い [ 伊藤沙莉 ]
価格:4911円(税込、送料無料) (2020/4/12時点)

楽天で購入

 

タイトルとURLをコピーしました