佐藤健の演技力は「演技下手」なのか「演技うまい」なのか?

佐藤健

「恋ずつ」で大ブレイク中の佐藤健さん。

 

大ブレイクしたからには、佐藤健さんの演技力は「うまい」で間違えないはずなのに、ネット上には「演技が下手」というワードが存在します。

 

そこで、佐藤健さんの演技力について再評価してみたほうが良いと考えました。

佐藤健さんの「演技下手」と「演技うまい」のそれぞれの理由について調べて、演技力について評価してみました。

8/21:「亜人」での評価を追記。
(7/23)演技力の評価に「恋つづ」を追記しました。
スポンサーリンク

「演技下手」と言われる理由は?

佐藤健さんが演技が下手と言われる理由について、次の事例で検証してみます。

  • アクションはうまいが演技は下手説
  • 叫ぶ又は目を剥くだけしか出来ない説
  • 台本棒読み説
  • 演技下手だけどかわいいから許される説
  • Q10での演技下手と言われた

順を追ってみて見るので、気になるところをお読みください。

アクションはうまいが演技は下手説

佐藤健さんの評価には、「るろ剣」とか「亜人」などアクション系の作品でのアクションに「上手い」という評価がありますが、その反面「演技派下手」という声があります。

 

佐藤健さんの初主演作である「仮面ライダー電王」では、4人の憑依で異なるイマジンで違うアクションを見事に演じていました。

 

佐藤健さんのアクションは、当時から定評があると言えますよね。

 

ネット上では、やはり演技に関しては「下手」という声がありますね。

 

佐藤健さんは、アクションについては一様に評価されていますが、演技に関してはまだまだ成長過程にあるようです。

叫ぶ又は目を剥くだけしか出来ない説

佐藤健さんの評価には、「叫ぶか目を剥くことしか出来ない」というものも見かけます。

 

でも、多くを語らず表情で伝えるというのは、表現力の一つでもあることに気づいてほしいですね。

 

ただし、佐藤健さんが「叫ぶか目を剥くことしか出来ない」と評価されちゃうのは、演じる役柄の演出によるものでしょう。

台本棒読み説

佐藤健さんの評価には、「台本を棒読みしている」というものもあったので調べてみました。

 

佐藤健さんは、仮面ライダー電王の頃から棒読みと言われてたんですね。

るろ剣のころも、やはり棒読みという意見が多いですね。

 

佐藤健さんは、まだ若いのでセリフにまだまだ感情移入がうまく出来ないのかもしれませんね。

今後に期待ですね。

演技下手だけどかわいいから許される説

佐藤健さんファンにとっては、演技の上手い下手はすべて「可愛い」に包括されてしまうようです。

 

佐藤健さんは、演技に関しては成長過程だとしても、やはりファンにとっては「イケメンは正義」なんでしょうね。

 

顔が良い役者は、ある意味得ですよね。

そこにおごれることなく、演技力を磨いてほしいですね。

Q10での演技下手と言われた

佐藤健さんは、前田敦子さんと共演した「Q10]での演技が下手と言われています。

 

ドラマ「Q10」では、前田敦子さんがロボットの役というかなり特殊な演出だけに、良くも悪くも前田敦子さんの演技の方に目が取られがちで、佐藤健さんが少しかすんでいたのも事実でしょうね。

 

佐藤健さんが「Q10」での演技が下手というよりも、前田敦子さんの演技への印象が強すぎて、佐藤健さんが記憶に残らなかったのが、結果的に佐藤健さんの演技が下手という流れになったような感じですね。

スポンサーリンク

「演技うまい」と言われる理由は?

佐藤健さんが演技がうまいと言われる理由について、次の事例で検証してみます。

  • デビュー時代から上手かった説
  • 演技下手なイメージがあった説
  • 演技力が向上した説
  • 8年越しの花嫁の評価
  • 天皇の料理番の評価
  • 恋は続くよどこまでもの評価(7/23追記)

順を追ってみて見るので、気になるところをお読みください。

デビュー時代から上手かった説

佐藤健さんの初主演デビュー作品といえば「仮面ライダー電王」ですね。

 

仮面ライダー電王は、「史上最弱の仮面ライダー」と言われ歴代の仮面ライダーと違って自分自身はたいして強くなかったんです。

その代わり、4つのイマジンが憑依することで、それぞれの力と組み合わさって驚異的な力を発揮するという設定だったんです。

 

佐藤健さんは、仮面ライダー時代から演技がうまかったと言われるのは、元々アクションは得意だった上に、4つの憑依体をきちんと演じ分けていたことだと思うんですね。

 

これって、きちんと表現力と演技力があってこそできるんです。

 

仮面ライダーは、若手俳優にとってはブレイクのきっかけになる番組で、福士蒼汰さん、菅田将暉さん、竹内涼真さんなど仮面ライダー出演を経てブレイクしていますもんね。

演技下手なイメージがあった説

佐藤健さんは、「演技力が下手」という印象があったけど、確実に成長しています。

 

佐藤健さんは、若手俳優の登竜門と言える仮面ライダー出演後に、ドラマや映画に引っ張りだこです。

 

主演作が多いというのは、佐藤健さんの演技は評価されているということですよね。

演技力が向上した説

佐藤健さんは、最近は演技力が向上しているという評価があります。

 

やはり、いろいろな経験を重ねてくると役者としての幅が広がってくるのと同時に演技力も上がってきているようです。

 

佐藤健さんは、やはり「イケメンは正義」だけの俳優じゃなかったということですね。

 

佐藤健さんの演技が変わってきた様子を見てみましょう。

8年越しの花嫁の評価

佐藤健さんの演技力が上がったと評価されたのは、映画「8年越しの花嫁」ですね。

 

この映画では、ただ泣かせるだけではなくて感動を与えてくれる作品でした。

こうした、感情の表現力が必要な作品での演技力が評価されているというのは、佐藤健さんの演技力が向上していることの証ですよね。

 

この作品では、土屋太鳳さんと共演していましたが、2人共いい演技をしていましたね。

いい作品でした。

天皇の料理番の評価

もうひとつ紹介してみましょう。

ドラマ「天皇の料理番」での佐藤健さんの評価も紹介しますね。

 

この作品で佐藤健さんは、ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞などいくつかの賞を受賞しています。

それだけに、佐藤健さんの演技力は高く評価された作品でした。

 

この評価を見ても分かるように、佐藤健さんも憑依型の俳優に成れたということですね。

その役柄になりきれることで出せる本当の涙を見せていました。

 

佐藤健さんは、いよいよ本物の役者の域に足を踏み入れたわけです。

亜人での評価

(8/21追記)

2017年9月公開の映画「亜人」に出演した佐藤健さん。

「亜人」では、アクションシーンも本人が撮影することが求められて、屋上からダイブするシーンをワイヤー1本で自分で演技した佐藤健さん。

バトルシーンでも、自分で格闘して全力を出し切っていた佐藤健さんでした。

 

こうした激しいアクションシーンに耐えられたのも、佐藤健さんの類まれなる運動神経だったんですね。

佐藤健さんは、「亜人」で日本俳優連合のアクション部会が主催する「ジャパンアクションアワード」を受賞して、アクションについて高い評価を得ています。

 

ファンからも、アクションについて高い評価を得ていますね。

恋は続くよどこまでもの評価

(7/23追記)

佐藤健さんの2020年のドラマ「恋は続くよどこまでも」では「圧巻の演技力」と評価されています。

恋つづでは、ドS医師天堂役の佐藤健さん天堂に恋する看護師七瀬役の上白石萌音さんとというキャスティングが大成功だったと言われています。

宮崎真佐子プロデューサーは、佐藤健さんについて

「佐藤さん演じる天堂の“ツンデレ”っぷりは、きっと世の女性方を魅了していくこと間違いなしです!」

「1話を撮っていた時点でとにかくかっこよかったので、これはキュンキュンしてもらえるだろうなと思っていました」

と、かなり期待を持っていたようです。

その期待通りだったのが

第9話で、意識不明になった七瀬が目を覚ましたとき

天堂が七瀬の好きなところを次々と挙げていき涙し、「好きだ。お前が好きだ。だから二度と俺のそばを離れるな」と告白するシーン

このシーンを見た視聴者からは

「涙が止まらなかった」「演技力すごい」「さすがの演技力」という佐藤健さんに絶賛の声が上がっていました。

佐藤健さんの演技力の評価は一気に上がった作品になりましたね。

 

佐藤健さんが、役に応じた表現力などの演技力が向上していくのには、周りで支える家族の影響が大きいと思えます。

佐藤健さんの人格育成に寄与した家族の関わりや、一部で言われるハーフ説について別の記事で検証しています。

佐藤健の家族構成やハーフ説について

クリックで読めます
スポンサーリンク

まとめ

佐藤健さんの演技力について、下手なのか上手いのかについて調べてみました。

  • アクションについては一様に評価されていますが、演技に関してはまだまだ成長過程にある。
  • 「叫ぶか目を剥くことしか出来ない」と評価されちゃうのは、演じる役柄の演出による。
  • 棒読みと言われるのは、セリフにまだまだ感情移入がうまく出来きないから。
  • ファンにとっては「イケメンは正義」なんです。
  • Q10で共演者が目立ちすぎて、佐藤健さんの演技が目立たなかった。
  • 仮面ライダー電王のころから、きちんと表現力と演技力があった。
  • 仮面ライダー出演後に、ドラマや映画に引っ張りだこになった。
  • 役者としての幅が広がってくるのと同時に演技力も向上している。
  • 8年越しの花嫁では、感情の表現力が必要な作品での演技力が評価された。
  • 天皇の料理番では、役柄になりきれることで出せる本当の涙を見せた。

 

佐藤健さんの演技力は、いろいろな理由で「演技は下手」という評価もありますが、それは役柄であったり共演者との関係によるところも大きかったんですね。

 

ここまで調べてきたところでは、佐藤健さんはいろいろな作品を通して演技力に幅を持つことで成長を続けています。

 

これからも、いろいろな作品への出演を通じて経験を積んで、これからも成長をしていってほしいと考えます。

 

佐藤健 写真集 + DVDブック 『 X (ten) 』

佐藤健 写真集 + DVDブック 『 X (ten) 』

4,384円(10/25 10:54時点)
発売日: 2016/09/12
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク
万事好奇心旺盛
タイトルとURLをコピーしました