約束のネバーランド実写化 レイは原作のイメージに合ってる?

映画

少年ジャンプに連載中の「約束のネバーランド」が、2020年冬に実写化されるということ。

エマ、ノーマン、レイの3人のキャストが分かったので、ちょっと書いてみました。

そして、孤児院の真実は?

スポンサーリンク

約束のネバーランド実写化 キャストはイメージ通り

実写化で、一番気になるところはキャストのイメージが原作に忠実に再現されているかでしょう。

でも、本質はそこではないとは思いますけどね。

エマ役は、浜辺美波

浜辺美波(20歳)は、2011年に「東宝シンデレラオーディション」で芸能界入りを果たし、同年の映画「アリと恋文」で主演女優デビュー。

2016年に「咲」の実写ドラマでドラマ初主演を果たす。

2018年にドラマ「賭け狂い」で主演を演じる。

 

エマ役の浜辺美波さんについては、別の記事で詳しく書いています。

浜辺美波の演技力評価についてはこちら

浜辺美波の髪型オーダー法についてはこちら

浜辺美波の痩せた理由についてはこちら

クリックで読めます

レイ役は、城桧吏

城桧吏(14歳)は、7歳でスターダストプロモーションにスカウトされる。

2018年に大河ドラマ「西郷どん」で、西郷菊次郎役を演じる

2020年夏「都会のトム&ソーヤ」で主演の予定

ノーマン役は、板垣李光人

板垣李光人(18歳)は、5歳でスターダストプロモーションにオーディションで合格する。

2019年映画「凜」で石倉圭役を演じる

2019年ドラマ「神酒クリニックで乾杯を」で天久翼役を演じる

スポンサーリンク

約束のネバーランド原作 キャストの役割

原作のキャストをよく知ることが、実写化での再現度を知ることに繋がると思います。

エマ(認識番号:63194)

孤児院(グレイス=フィールドハウス)で生活する最年長の1人で

能力でフルスコアを度々を出すので、特別な存在として見られている。

院内では、お姉さん的立場だけど、結構お転婆的に活発。

考えるより行動するタイプ。

孤児院が農園であることに気がついたときから、全員で逃げることを主張している。

ママに足を折られて、計画が頓挫しそうになる。

レイ(認識番号:81194)

エマと同じく最年長の1人で、同じくフルスコア組。

エマとノーマンの計画に途中から加わるが、実は内通者と見破られる。

ところが、捕食者である鬼の存在はかなり前から知っていて、脱出計画のためにワザと飼育側にすり寄っていたことがわかり、エマとノーマンとお互いの信頼を得る。

鬼を知ってからずっと準備してきたことで、脱走することには固執していて、常に確実な方法を考えている。

全員で脱獄か一部で脱獄かで、エマとノーマンとは度々ぶつかる。

ノーマン(認識番号:22194)

エマとレイと同じく最年長の1人で、同じくフルスコア組。

一番頭脳的で冷静に見通す力があり、リーダー役になる。

鬼の存在は、エマと一緒に出荷を見たことにより知る。

一度出荷されるが、鬼と協定を結んだラートリー家に引き取られ別の農園に移動する。

新しい農園でもフルスコアを続けて、脱走してエマとレイのもとに戻ることを心に決めている。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド実写化 の再現度

「約束のネバーランド」の実写化で、気になるのはやはり再現度

コアなファンだったら、やはり3人のキャラがアニメのイメージを壊さないか。

でも、もしそれが違っていても、物語の世界観を壊さなければ、それはそれでいいと私は思います。

見た目よりも、この世界観を大事にするほうが大事かなぁと思うんですよ。

それだけ、「約束のネバーランド」という世界は、奥深いものだから。

累計発行部数が1600万部を超える人気漫画が原作のため、実写化による批判はどうしても起きます。

批判について別の記事で詳しく書いています。

実写化による批判について詳しくこちら

よろしかったら、こちらもご覧ください。

スポンサーリンク

約束のネバーランド実写化 まとめ

この記事を書いていて思ったんですけど、「約束のネバーランド」ってすごく奥深いところがあるのが、これだけコアなファンを抱えているんだと気が付きました。

スポンサーリンク
万事好奇心旺盛
タイトルとURLをコピーしました