三浦春馬はパワハラをアミューズから受けていたという疑惑の真相!?

三浦春馬

2020年の7月18日に亡くなった三浦春馬さんが忍ばれます。

 

三浦春馬さんの最初の月命日が過ぎましたが、未だに詳細な発表がなくネットでは様々な憶測が流れ飛んでいます。

 

そんな中で、三浦春馬さんが「アミューズからパワハラを受けていた」という疑惑に着目して真相を調べてみました。

 

※あくまでも、ネットで流れている憶測をもとに調査をしているので、そもそもパワハラが有ったという事実はありません。
スポンサーリンク

パワハラをアミューズから受けていた?

三浦春馬さんのメモには「人間性を全否定するような出来事」という記述がありました。

そこから三浦春馬さんの「人間性を全否定」されるような事とは一体何だったろうかという疑問がわきます。

 

そんな疑問に対する答えの一つとして、ネットで憶測されている「アミューズのパワハラ疑惑」について考えてみました。

  • 多忙すぎるスケジュール
  • 過去に労基から是正勧告を受けていた
  • 留学期間の短さの謎?
  • 退所者が異様に多いという事実

順に説明していくので、気になるところをお読みください。

多忙すぎるスケジュール

こちらは、三浦春馬さんの2016以降のスケジュールです。

かなりびっしりと詰まっていますね。

 

2020年の三浦春馬さんのスケジュールも

  • 1月16~17日:ミュージカルコンサートにゲスト出演。
  • 3月~:ミュージカル「ホイッスルダウンザウィンド」に主演。
  • 4月5日:著書「日本製」出版。
  • 7月3日:映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」公開。
  • 7月24日:ミュージックステーション出演。
  • 8月15日:ドラマ「太陽の子」準主演。
  • 8月26日:セカンドシングル「Night Driver」発売。
  • 9月15日:ドラマ「おカネの切れ目は恋のはじまり」放送。
  • 秋:配信ライブ「SHOW Case Live 2020」配信。
  • 12月~1月:舞台「イリュージョニスト」主演。
  • 2021年:映画「ブレイブ 群青戦記」公開

 

と、多忙を極めていました。

 

三浦春馬さんは、過去「僕に休みはありません」と忙しすぎるスケジュールについて、冗談交じりにインタビューで答えていました。

 

こうした状況から、ネットでは「過労死」疑惑も生じています。

 

三浦春馬さんの事務所が、休みも少ないスケジュールを組んでいたという疑惑が「パワハラ疑惑に」につながったものだと思います。

過去に労基から是正勧告を受けていた

三浦春馬さんの事務所の「アミューズ」は

  • 2013年8月に、渋谷労基署に届けを出していなかったとして勧告を受けた。
  • 2018年10月に、月1日も休まず働いた従業員がいたとして再び勧告を受けた。

といった過去がありました。

 

労基から是正勧告を受けた内容は、アミューズの従業員に対してなので三浦春馬さんのように所属するタレントでは無いと思われます。

 

それでも、三浦春馬さんのマネージメントについて無理がなかったのかという疑問は残ります。

 

そういった見方をした場合に、「パワハラ疑惑」への疑念が生じるものと思われます。

留学期間の短さの謎?

三浦春馬さんは、2017年の夏にイギリスへ短期留学しました。

「長期で留学に行きたいというのは、20歳を過ぎた頃から考えてはいたんです。自分の可能性を広げるためにも英語を学びたくて。でも、結局時間が取れなくて2ヵ月ほどの短期留学になりました」

引用元:https://numero.jp/interview107/p2

 

三浦春馬さんは当初半年の留学を希望していましたが、仕事の都合で2ヶ月の短期留学となっていました。

 

このことについて、当時のルームメイトは

〈私は驚いて、ハルに「一体どうしたんだ! 何が起こったんだい?」と尋ねたところ、彼は突然、私の手を握り締めて「日本の所属事務所は僕に向かって、ロンドンなんかで時間を浪費するな。直ちに帰国して仕事現場に戻ってくれと言うんだ……」。

 私はなぜハルが自信喪失して泣かずにはいられないのか、話す時に突然に私の手を握らなければならなかったのかを考え込んでしまった。そして背筋に何か薄ら寒さを感じた気がした。

 別のある日、私はハルに映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(2015年)にも出ていたよねと尋ねた。ハルは「諫山創氏の原作漫画のファンにはとても申し訳ないと思っている。僕の演技がダメダメすぎて、公開から2年経った今も完成後の全編を観る気が起きないんだ」と嘆息した〉

引用元:https://bunshun.jp/articles/-/39146?page=3

 

こうしたことも「人間性を全否定」ということに繋がった可能性もあります。

 

こうした事実の一方で、同じアミューズ所属

  • 野村周平さんは、2019年5月から約1年に渡りアメリカに留学しています。
  • 吉高由里子さんは、2015年にアメリカなどへ約10ヶ月ほど留学しています。

 

このことから、なぜ三浦春馬さんの場合は「2ヶ月で事務所に戻れと言われたのか?」ということが、「パワハラ疑惑」に繋がっているのかもしれません。

 

でも三浦春馬さんの留学が2ヶ月で打ち切られた裏には、2017年6月に不祥事を起こした小出恵介さんの第約として呼び戻されたという理由がありました。

 

このことについて、三浦春馬さんは

「マネージメントと話をして、自分の俳優人生を長い目で見たら、これは絶対にやりたい、やらせたいという仕事がない時期は吸収の期間にしたほうがいいんじゃないかという結論に。去年の4月中旬から半年くらい留学を考えていたんですが、『これはやっておくべき』という仕事が舞い込んできたりで、結果的に短期間に」

引用元:https://numero.jp/interview107/p3

というように、留学が短期間で終わった理由を延べていました。

 

三浦春馬さんが、このことに心から納得して帰国を早めたのなら、何ら問題ではないのですが留学にも未練が残っていた可能性も否定はできません。

 

この留学の件も、「パワハラ疑惑」として疑念が湧くではと思います。

退所者が異様に多いという事実

アミューズでは最近退所者が急増しています。

  • 浦まゆ:2020年3月31日退所(5年所属)
  • 田口商大:2020年3月31日退所
  • 蓮生シエル:2020年3月31日退所
  • 山本ひかる:2020年3月31日退所(15年所属)
  • 向野章太郎:2020年4月1日退所(16年所属)
  • 高橋優:2020年7月1日退所(12年所属)
  • 正木都:2020年7月31日退所(5年所属)

 

確かに、このところアミューズの退所者が多いのが気になります。

 

退所者が多いということから、「パワハラ疑惑」が連想されるのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

三浦春馬さんが「アミューズからパワハラを受けていた」という疑惑について、調べてみました。

  • ここ数年の三浦春馬さんのスケジュールが多忙を三輪目ていたのは事実でした。
  • 三浦春馬さんが半年を希望した留学が2ヶ月に終わったのは事実でした。

こうした事実から、「過労死」や「パワハラ」の疑惑が浮上しているものと思えます。

 

ただ全てが憶測の範疇にあるので、疑惑の域を出るものではありませんでした。

 

正確なところをきちんと発表していただけることが、これらの疑念を払拭する最善の方法かと思います。

そうした意味でも、きちんとした説明がなされることが求められると感じます。

スポンサーリンク
万事好奇心旺盛
タイトルとURLをコピーしました