台風19号 最新情報 進路上の座間市 被害を減らす対策はこれ

大型で猛烈なで表現されるほど、大型の台風19号が関東平野に上陸する可能性が高まっています。

もし、予想通りなら座間市周辺を通過する可能性が高まります。

そこで、今からでもできる、被害を減らす方法などについて、書いてみました。

台風19号 最新情報 進路予想

大型で猛烈なとか、今世紀最大のとか、台風19号の破壊力についてはいろいろいわれていますが。

先月、関東に直撃して千葉県に大きな被害をもたらした、台風15号は中心気圧960hPa、最大風速40m/sでした。

台風19号は、10日午前6時の時点で中心気圧は915hPa、最大風速75m/sと、台風15号を大幅に上回っています。

さらに、中心付近の最大風速も55m/sもあります。

明日11日には、本州でも風雨ともに強まってきそうなので、早めの対策を心がけたいところです。

予想進路の中心部を進行してきた場合、関東平野を突き抜けるので、座間市周辺を通過する可能性も十分ありえます。

台風19号 最新情報 進路上の座間市のハザードマップ

2

引用:https://www.city.zama.kanagawa.jp/www/contents/1480552509598/files/tizumen.pdf

座間市は、相模川沿いや目久尻川沿いの標高の低い地域と、座間日産跡地周辺の標高の高い地域が存在します。

台風のように、風雨が激しい場合。

周囲が山林に囲まれて比較的風の影響を受けにくい地域と、吹きさらしで風の影響を受けやすい地域とで、被害の度合いが変わります。

また、山林に囲まれた地域では、周囲からの雨水の流入で水位も上がりやすいし、高台でも排水能力を超えれば冠水します。

つまりこれだけの、暴風雨が予想される場合は、座間市内全域で何らかの被害を受ける可能性はあるということです。

前回の台風15合では、倒木などにより送電線の切断が想像以上に多発しました。

本来、電力会社は複数の送電ルートを持ち、一つが破断されても他のルートから迂回給電されるので、長時間の停電は起きないのですが、千葉県のように殆どの送電ルートが破壊されると、長時間に渡り復旧できなくなるんですね。

座間市の場合は、そこまで深刻にはならないと思われますが、周辺市町村も絡むので楽観はできないでしょう。

また、家屋破壊や家屋浸水の可能性も高くなるので、心構えは必要です。

3

引用:https://www.city.zama.kanagawa.jp/www/contents/1190875181871/files/hinanbazyo.pdf

万が一の場合に備えて、お住いの地域周辺の避難所は把握しておきましょう。

台風19号 最新情報 進路上の座間市の対策

台風19号の被害対策としては、内閣府から発表されている資料が役に立ちます。

雨戸やシャッターがきちんと機能するか点検しましょう。

    • 窓に、ひび割れやガタツキがないか確認しましょう。
    • 雨戸やシャッターのない窓には、飛散防止フィルムを貼るか、カーテンを閉めて離れるようにしましょう。
    • 雨樋の詰まりを取り除いておきましょう。
    • 屋根の瓦やトタンに、めくれや浮きがないか確認しておきましょう。
    • テレビアンテナは、緩んでいないか、支柱の針金にたるみがないか確認しておきましょう。
    • 物干し竿は、下におろしておきましょう。
    • 庭木は、倒れないように固定しておきましょう。
    • 植木鉢などは、出来れば飛ばされない場所や室内に入れておきましょう。
    • プロパンガスのボンベがしっかりと固定されているか確認しておきましょう。

屋根の上とか、アンテナ周りは、登って調べるのは危険も伴うので、見れない場合は無理はしないでください。

雨樋に関しても、キレイにしたとしてもすぐに詰まる可能性もあるので、無理をして怪我をしないようにしてください。

物干し竿や、植木鉢など、飛散しやすいものは、なるべく飛散しにくい場所に移しましょう。

雨戸やシャッターがない窓については、万が一の飛散防止対策は、専用のシールがなくても、ラップを貼るなどでも代用はできます。

暴風の最中は、窓に近づかないように。

そして大事なのは、停電に対する供えです。

  • 飲水や、水洗トイレの排水用の水。
  • 非常食料。
  • 電池。
  • むやみに外に出ない。

 

また、住宅が破損した場合も、暴風雨のさなかに避難するのは危険です。

助けを求めるか、なるべく安全な場所で、収まるのを待ちましょう。

危険だと思っている場合は、風雨共に激しくなる前に避難するつもりでいたほうが安全でしょう。

マンションなどにお住まいの方は、やたら避難するより自宅のほうが安全です。

とにかく、自分のみの安全を最優先に考えて行動することが大事です。

台風19号 最新情報 進路 まとめ

大型の台風が通過した後、家屋の破壊や倒壊、倒木による送電線の切断など、被害が大きくなることが予想されます。

台風通過中の身の安全の確保も大事ですが、通過後に停電がながびいいたことも想定した準備も必要です。

今の御時世、電気がなければ何もできなくなります。

ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました