台風 水害対策 浸水しちゃったら消毒が重要だよ

台風19号は、日本列島を通り過ぎ、今は天候も回復しました。

今回も、いくつかの河川は決壊して、住宅が浸水した家屋が出ています。

浸水した場合、水が引いた後の対応をきちんとしておかないといけないんです。

台風 水害対策 浸水しちゃったら

家屋浸水をした場合には、細菌やカビの繁殖により、思わぬ病気になる危険性があるんです。

水が引いた後の、対応は実はとっても大事なんです。

浸水には、床上浸水と床下浸水とに別れます。

やることは、床上浸水の場合は床下浸水の対策の上に、室内の対策が追加になる感じです。

床下浸水の対策

基本的な対策は以下の通り

  • 床下や家屋周辺の不要物や汚泥をきちんと片付けます。
  • 床下に溜まっている水は、雑巾などで吸い取った上に、扇風機などでしっかり乾燥させます。
  • 床下の汚泥はきれいに取り除かないと悪臭の元や菌の繁殖のもとになります。
  • できる限り水で洗い流して、汚泥はきれいに取り除くことが望ましいです。

 

基礎には、地面をコンクリで覆ってしまう「ベタ基礎」と、地面が見えている「布基礎」とがあります。

床下が、布基礎の場合汚泥も染み込んでいくのまだ良いのですが、ベタ基礎の場合はしっかりと洗い流さないと、雑菌の繁殖のもとになったりします。

床下でも床上でも、浸水した場合には、出来れば業者さんに処理してもらうのが安心です。

その際は、除菌処理もお願いすると良いです。

床上浸水の対策

床下浸水の対策に加えて、以下のことが必要です。

  • 濡れてしまった畳を外して乾かします。出来れば畳は取り替えましょう。
  • 家の中に散乱しているもので不要なものは処分しましょう。
  • 家具類をどかして、壁などを良く水洗いして汚泥を取り除きます。
  • 家具類はよく水洗いします。
  • 家具類や壁などは、消毒液でよく拭いてしっかり消毒します。

浸水後の対策として大事なのは

  1. 汚泥をきれいに落とす
  2. しっかり乾燥する
  3. しっかり消毒する

この3つです。

消毒に関しては、次の項で説明するように、ご家庭で普通に手に入る消毒薬で十分対応できます。

汚泥処理も、時間をかけて丁寧にやれば、ご家庭でも対応できます。

どちらも心配なら、専門業者にお願いするのが安心ですが、災害時などは悪質業者も紛れ込むので、十分注意しましょう。

台風 水害対策 浸水しちゃったら消毒が重要

ご家庭で、浸水後の消毒をするのに必要なのは、「逆性石鹸」と「家庭用塩素系漂白剤」の2つです。

これらは、普通にドラッグストアで手に入る製品です。

逆性石鹸

逆性石鹸に含まれる「塩化ベンザルコニウム」は、医療現場で器具の消毒に使われたり、食中毒対策に使われたります。

浸水時には、手や指の消毒や、かぐや床、壁などの消毒に向いています。

 

家庭用塩素系漂白剤

キッチンハイター 特大 2500mL
ワンサカ楽天市場支店

ノロウィルス対策にも有効な家庭用塩素系漂白剤は、食器や衣類、浴槽などの消毒に有効だと言われています。

 

28

29

引用:http://www.city.okayama.jp/contents/000338953.pdf

 

これらの消毒を行う際には、きちんと汚れを落としておかないと意味がなくなるので、良く洗って汚泥をきれいに落としておきましょう。

 

また、汚泥の洗浄作業や消毒作業を行う際には、長沢で長ズボン、メガネやマスク、ゴム手袋など、皮膚や目に雑菌や消毒液が入らないように対策しましょう。

また、部屋の中で作業するときには、室内にこもらないように、換気に気をつけましょう。

台風 水害対策 浸水しちゃった まとめ

今回は、不幸に住宅浸水した場合の事後処理について調べました。

床上にある、家具や食器類の消毒は自力でも出来ますが、正直な所床下の汚泥処理や消毒については、自力でやるのはかなり厳しいというのが実感です。

時間をかければ出来ないこともないとは思いますが、やはり確実に除去するということを考えた場合は、業者にお願いするのが良いと思います。

調べた結果、そういう結論に至りました。

ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました