極主夫道のロケ地「神社でけんか祭り」してたのは千葉県のどこ!?

ロケ地 玉木宏

玉木宏さんの主演しているドラマ「極主夫道」が楽しくて毎回見ています。

 

玉木さんは元極道なのに主夫を演じているギャップが楽しいです。

 

第2話で玉木宏さんがけんか祭りしていた神社があるんですけど、その神社がどこにあるのか調べてみました。

スポンサーリンク

けんか祭りしていた神社はどこ?

ドラマ「極主夫道」の2話でけんか祭りをしていたロケ地は、千葉県の野田市にある「櫻木神社」です。

10

櫻木神社とは

社記によれば平安朝の851年(仁寿元年)に、大化の改新で活躍した藤原鎌足の子孫で藤原冬嗣の三男である藤原嗣良によって創建されたという。

嗣良がこの地に居を移した際、サクラの美しい大木のもとに倉稲魂命(ウカノミタマ)・武甕槌命(タケミカヅチ)の神を祀ったのが始まりであると伝えられ、現存する宮司家社家文書によれば、この地は古くには「桜木村」と呼ばれ、後に「桜台村」となり、サクラが咲き誇る美しい里であったと考えられている。

名称:櫻木神社

住所:〒278-0032 千葉県野田市桜台210−1

最寄り駅:東武野田線 野田市駅 徒歩11分

スポンサーリンク

まとめ

極主夫道のロケ地「神社でけんか祭り」してたのは千葉県のどこか調べました。

 

今回は、千葉県野田市の櫻木神社でした。

スポンサーリンク
万事好奇心旺盛
タイトルとURLをコピーしました