上白石萌音がボス恋インタビューでハマってる「ショウガラゴ」って何!?

上白石萌音

上白石萌音さんは、2021年1月期の火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に出演します。

 

ドラマ開始に先立って行われたスペシャルインタービューの中で、上白石萌音さんは今ハマってるものは「ショウガラゴ」ですと話していたんです。

 

上白石萌音さんがハマってる「ショウガラゴ」って、一体何?ということで調べました。

スポンサーリンク

ハマってると言った「ショウガラゴ」って何?

11月22日の『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』上白石萌音×菜々緒×玉森裕太 SPインタビューの中で出た、上白石萌音さんがハマってる「ショウガラゴ」ってなんでしょう?

 

まずは、SPインタビュー見てみましょう。

【新火曜ドラマ】上白石萌音がハマっているものとは!?『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』上白石萌音×菜々緒×玉森裕太 SPインタビュー【TBS】

ちょうど、3分40秒あたりで「ショウガラゴ」が出てきます。

 

しかも、ハマっているのは上白石萌音だけではなくて菜々緒さんもハマっているようです。

「ショウガラゴ」って何?

ショウガラゴはガラゴ科に属する夜行性のサル目(霊長類)となっていますね。

  • ガラゴ科とは、アフリカ大陸に生息する哺乳類でサル目。
  • サル目とは、キツネザル類、オナガザル類、類人猿、ヒトなど

西アフリカのセネガルから中部アフリカ、ウガンダ、ケニア、タンザニアにいたるまでアフリカ大陸に広く分布している。

アカシアの多い疎林をはじめ、深い森林や川辺林などさまざまなタイプの植生環境に適応している。

その鳴き声と容姿からブッシュベイビーとも呼ばれる。

枝の間を俊敏に飛び回り、素早く走り回る。夜によい視界を確保するための大きな目、強い後足、バランスを保つ長い尾を具える。

昆虫などの小動物、果実、樹脂などを餌とする雑食性。

ショウガラゴって、小さい猿みたいなもんなんですね。

萌音ちゃんのペットはショウガラゴ?

インタービューの中で上白石萌音さんは、あんだけショウガラゴにハマっていると言っているんだからペットして飼っているんでしょうか?

 

菜々緒さんは、何時間でも動画を見ていられると話しているので、菜々緒さんは飼っていないようですね。

ショウガラゴの飼育について

ショウガラゴの飼育について調べてみました。

犬猫とは、やはり違います。

お猿さんです、ある程度の覚悟をもって飼ってください。

嫌なことがあると、噛みます。噛まないしつけはできません。小さいですが歯が尖っているので、噛まれるととても痛いです。

甘噛みですら痛いです。これは我慢するしかありません。本気噛みだと、針で刺されたような激痛です…少し腫れて、血もでます。グッと噛んで離しません。

これを見る限り、犬や猫を飼うような気楽な気持ちでは飼えないようですね。

ベビーの頃から、愛情をもってお世話すれば懐いてくれると思いますが時間がかかります。

警戒心が強い生き物だということを頭にいれてください。(個体差もあります。)懐くのに3ヶ月・しっかりと信頼関係を築くのに半年はかかると思います。

ピザトルは私以外の人には懐いていません。

家の中は縄張りなので、私以外の人が入ってくると威嚇します。襲いかかって噛みつくこともあります。八つ当たりで私も噛まれることがあります。

その時はとても怒っているので、血が出るほど強く噛み付きます。

(家の外は、縄張り外なので誰でも触れますが、触り方には十分注意してあげてください。)

要は、犬や猫のようにペット用として育ってきていないので、信頼関係が出来たとしても野生な部分はあるみたいですね。

トイレのしつけはできません。

♂♀どちらもマーキングをします。オシッコを手につけて湿らせて飛び回ります。ウンチもどこでもします。

ピザトルは私の足の上でもたまにオシッコをしてしまいます…。

毎日、朝夕夜の3回は部屋の掃除をしています。週に1回は大掃除もします。ハンモックの上でもオシッコをしてしまうのでよく洗濯しています。ケージ内は常に清潔に保ってあげることが大事です。

むむむ。

やはり、可愛いだけでは飼えないようです。

 

となると、動画を見てかわいいと癒やされるのが無難な選択のようですね。

 

上白石萌音さんも、忙しい人だからショウガラゴは飼ってはいないようですね。

スポンサーリンク

まとめ

上白石萌音がボス恋インタビューでハマってると言った「ショウガラゴ」について調べました。

  • ショウガラゴは、アフリカ大陸に生息する哺乳類でサル目。
  • ペット用の動物として歴史を積んでいないので、安易な気持ちでは飼えない。
  • 菜々緒さんもハマっている。

 

ショウガラゴは、小さな猿のようですね。

野生がしっかり残っているので、家で飼育するのには覚悟が必要ですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました