NiziUが今年の顔に選ばれた理由と人気の秘密は!?

虹プロ
スポンサーリンク

モデルプレスが選ぶ「今年の顔」にNiziUが選ばれました。

 

NiziUは、虹プロジェクトから選ばれた9人のガールズユニットで、12月2日にデビュー予定ですが、デビュー前に「今年の顔」に選ばれたということは、今年の注目度が高かったということですね。

 

その辺の事情について調べてみました。

スポンサーリンク

今年の顔に選ばれた理由

モデルプレスは、今年の顔を選ぶにあたって

  1. 読者アンケート
  2. 編集部の審査
  3. モデルプレスの記事掲載回数

の3点で今年の顔を選んでいます。

となると、NiziUの人気が高くないと読者アンケートで票を稼げませんし、注目度が高くないとモデルプレスの記事にはならないでしょう。

 

つまり、NiziUは今年活躍して注目を集めて人気も高いということになりますよね。

 

NiziUは、オーディション番組「虹プロジェクト」を勝ち抜いてデビューグループ入りした9人です。

 

虹プロジェクトの様子は、Huluで虹プロジェクトの独占配信がなされて、どこまでもひたむきに頑張る姿、全員がライバルであるにも関わらず支え合う姿が配信されていました。

 

日テレも力を入れていて、たびたび日テレの番組でも紹介されていました。

 

そのため、NiziUの存在は幅広い世代に認知されていると言えます。

 

6月に配信が始まったプレデビュー曲「Make you happy」のMVはすでに1億回を超える再生回数を記録して人気の高さを見せつけています。

 

曲中の「縄跳びダンス」のパフォーマンスも注目を集め、デビュー前にも関わらず早々と紅白歌合戦の出場も獲得しています。

 

モデルプレスの読者の評価も

    • 「アイドルに縁がなかった人もハマっていて、日本に旋風を巻き起こしたと思います!」
    • 「一生懸命頑張る彼女たちの成長を見てしまったら、応援せずにはいられませんでした」
    • 「K-POP文化やオーディション文化を日本に知れ渡らせるきっかけも作ってくれた!」

 

というように、評価が高いのも「今年の顔」に選ばれた理由です。

ネットでも、NiziUが今年活躍したことを評価していますね。

人気の秘密は?

NiziUについては

「ここまでみんな本当にがんばったもんね、いやあ、よかった、よかった」なんて感じで、我が子のことのように喜んでいるおじさん、おばさんも多いのではないか

と言われるほど、幅広い世代に浸透しているんですよね。

 

なぜこれほどの幅広い世代に浸透したかと言うと、虹プロ時代から日テレの「スッキリ」でかなり時間を割いて紹介していたために、スッキリの視聴者でもいつの間にか練習生時代の彼女たちを応援していた人が増えちゃったんですね。

 

幅広い世代がいつの間にか応援するようになった裏には、プロデューサーである「J.Y. Park」さんの彼女たちへの姿勢があると想うんですね

練習生を褒めるときは徹底的に褒めちぎる。

満面の笑みを浮かべ、「あなたに期待するパフォーマンスの中で、最高レベルでした」「あなたは(スターになる)準備ができている人です」と惜しみなく称賛を送る。

そして、この手のオーディション番組の一つの目玉である「ダメ出し」もとにかく優しい。

と言っても、若い女の子たちなので気をつかって優しく接している感じではなく、悪いところはしっかりと指摘しつつも、そこに必ず本人のモチベーションが上がるようなフォローが含まれている。

その絶妙なさじ加減というか、コーチングのテクニックが見事だなと関心しているうちにハマってしまったのである。

 

こういう手法が、おじさん・おばさん世代にもすんなりと受け入れられたところだと思います。

 

NiziUの圧倒的な認知度は、こんなところに秘密があったんですね。

 

もちろんNiziUは、最終的には「J.Y. Park」さんの目を通してデビューできるメンバーとして選ばれたわけですから、ダンスにおけるパフォーマンスの高さや歌唱力は確かなものです。

 

そしてチームとしての協調性やメンバーへの思いやりの高さも、休養のために休んでいるミイヒさんへのメンバーの思いやりからも感じられます。

 

NiziUの強さは、こういう仲間思いの強さにあるんじゃないのかなと思います。

まとめ

NiziUが今年の顔に選ばれた理由と人気の秘密について調べました。

  • NiziUは、幅広い世代に人気がある。
  • 日テレがメディア力をを使って、幅広い世代を味方につけた。
  • NiziUの魅力はダンスや歌唱の力以上に、チーム力の高さかもしれない。

 

NiziUが「今年の顔」に選ばれたのは、それなりに納得できましたね。

現在休養で抜けているミイヒさんが早く戻れるといいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました