さんこいち解散は古川優香炎上が理由?

ユーチューバー
スポンサーリンク

チャンネル登録者数が143万超の人気ユーチューバーグループの「さんこいち」が1月31日で解散すると発表しました。

「さんこいち」は人気故に、解散理由がどこにあるのかというのが気になるところです。

そんな中、メンバーの不仲説がクローズアップされ炎上騒ぎになっているようです。

スポンサーリンク

さんこいち古川優香が炎上?

目ざといファンが注目したのは、1月1日に公開された「さんこいち解散します。」の動画です。

この動画は、「さんこいち」の解散理由についてメンバーが各々コメントしていくものでした。

さんこいちの動画は、いつも「りっくん(ほりえりく)」がリードしていく形で「古川優香さん」や「やっぴさん」はあまり話はしないというイメージが有りました。

ところが、「さんこいち解散します。」の動画を見てみると、ある違和感を感じるんです。

さんこいちの解散理由は発展的な解散とあげているんです。

「古川優香さん」と「やっぴさん」の2人は、解散という節目に際して踏ん切りがあるのかニコニコしているところが見えます。

でも「りっくん」は、一人悲しそうにしているんです。

「古川優香さん」と「やっぴさん」が炎上

「さんこいち解散します。」を見て違和感を感じた人が多かったようです。

コメント欄には、2人に対してコメントで炎上騒ぎになってしまいました。

問題の動画はこちら

さんこいち解散します。

グッドクリックよりもバッドクリックの多さが際立っています。

コメント欄でも、「古川優香さん」と「やっぴさん」にむけたコメントが圧倒的に多いのが分かります。

この炎上を受けて、1月6日の「やっぴさん」が、1月8日に「古川優香さん」が釈明動画をアップしました。

本来なら、この動画できちんと釈明して収まるはずだったんですが、逆に炎上したことで慌てて釈明したと受けたられてしまったのか、更に炎上するという結果に。

「りっくん」も1月3日に自身の見解を述べる動画「僕はYouTubeを辞めます。」をアップしていますが、「古川優香さん」と「やっぴさん」とは違って誠実に自分の気持ちを話しているのが伝わってきます。

視聴者が3人の動画をどう評価しているかは、りっくんの動画だけ「グッドクリックが圧倒的に多い」という結果から見えてきます。

りっくんの「僕はYouTubeを辞めます。」

僕はYouTubeを辞めます。

やっぴさんの「今僕が伝えたいこと」

いま僕が伝えたいこと。

古川優香さんの「私が今思うこと」

私が今思うこと。

さんこいちの不仲説とは?

さんこいちは、2017年12月に「さんこいちの不仲説について話します。」という動画を公開しています。

この動画の中では、「さんこいちのメンバーは不仲なんてことはありません。」と明確にメンバー間に不仲は存在しないと断言しています。

でも、「さんこいち」の不仲説は実際にはくすぶっていたのではという憶測もあります。

「さんこいちの不仲説について話します。」

さんこいちの不仲説について話します。

さんこいち解散理由とは?

実は、「さんこいち」のメンバーはそれぞれ個人でチャンネルを持っています。

  • 古川優香:チャンネル登録者数79万人(83万人)
  • やっぴ先生の美容研究所:チャンネル登録者数39万人(41万人)
  • ほりえりく:チャンネル登録者数21万人(15万人)

( )内は炎上する前のチャンネル登録者数

さんこいち解散に伴う炎上を持って、それぞれのチャンネルの登録者数に変動があったみたいですね。

実は、さんこいちが解散しても「古川優香さん」と「やっぴさん」の個人チャンネルのブランド力が大きいので個人でやっていけると踏んでいるのではないかと見る向きもあります。

「りっくん」のチャンネル登録者数が一番少ないとは言え、必要十分なファンを獲得していると言えますよね。

「りっくん」は、「僕はYouTubeを辞めます。」の中で

  • 古川優香さん、Yapp!さんの裏で支えてきた
  • 最近は個人で活動できてきた
  • 支えることが少なくなってきた
  • 僕の役目は終わった

というふうに、「さんこいちの解散理由」について話していますが、これが本音じゃないかなと思えます。

「りっくん」の今後

りっくんは、「元々、副業を始めていた仕事を本格始動する」と話しているので、ユーチューバーとしての活動は縮小していくのかなと思います。

さんこいち解散のまとめ

さんこいち解散は古川優香炎上が理由についてまとめました。

さんこいちは過去にも不仲説はありましたが、今回の炎上騒動で明らかになったのは、古川優香さんとやっぴさんにはブランド力が強く個人でもやっていけるけど、りっくんにはそこまでのブランド力がないために、結局やめることになるということ。

この温度差の違いが明確になったことですね。

りっくんの今後を心配する声が多いですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました