高橋一生の実家は赤坂の金持ち?生い立ちや家族構成についても

高橋一生
この記事は約6分で読めます。

ドラマ「カルテット」や映画「岸辺露伴」など、個性的な演技で多くのファンを魅了する俳優・高橋一生さん。

その端正な顔立ちとクールな雰囲気から、一見ミステリアスな印象を持たれがちですが、実はとても気さくでユーモアあふれる性格の持ち主としても知られています。

そんな高橋一生さんですが、実は赤坂の裕福な家庭で育ったセレブ御曹司であることはあまり知られていません。

今回は、そんな高橋一生さんの実家や家族について、具体事例を交えて詳しくご紹介していきたいと思います。

高橋一生の実家は赤坂のどこ?

高橋一生さんの実家は東京都港区赤坂にあると言われています。

具体的な場所については公にはされていませんが、豊川稲荷の近くとの情報もあります。

赤坂は東京の中心部に位置し、政府の施設や大使館、高級ホテルなどが立ち並ぶエリアです。

そのため、高橋さんの実家が赤坂にあるという情報は、彼の家庭が裕福であるという噂を支持する一因となっています。

高橋一生は赤坂小学校出身?

高橋一生さんは、赤坂小学校出身という情報もあります。

赤坂小学校(東京都港区赤坂4丁目8−5)は、少子化の流れで港区立青南小学校に統合されてしまったようです。

赤坂小学校であれば、豊川稲荷も近く「実家が豊川稲荷の近く」という情報とも合致しますね。

また、赤坂小学校には赤坂御所の関係者の子息も多かったようで、「小学校時代は赤坂御所でよく遊んだ」という情報とも合致します。

2017年2月17日(金曜日)よる8時放送「ぴったんこカンカン(TBS)」の「気になる俳優 高橋一生に迫る!ツアー」が放送されていて、赤坂小学校周辺でよく遊んでいたということも話されていたようなので、実家は当時この周辺にあったようですね。

ただ、番組では「現在は、ここに高橋一生さんの実家はないようです」とも言っていたので、現在の実家の場所は不明のようです。

高橋一生の実家はお金持ち?

高橋さんの実家がお金持ちとの噂があります。

実家が赤坂という高級住宅地にあること、また、高橋さんが多くの習い事をしていたことなどから、その噂が広まったようです。

しかし、高橋さんの家庭環境は波乱含みで、裕福な時期とそうでない時期があったとも言われています。

高橋一生の実家が金持ち説の事例

具体的な事例として、高橋さんは幼少期から音楽や演劇など多岐にわたる習い事をしていたと言われています。

これらの習い事は通常、費用が高額になるため、一般的な家庭では難しいものです。

例えば、ピアノやバイオリンのレッスン、または子役としての演技レッスンなど、これらの経験が彼の多才さを支えています。

彼が現在のように幅広い分野で活躍できるのも、幼少期からの恵まれた環境のおかげでしょう。

高橋一生の家族構成は?

高橋さんの家族構成は、母親、高橋さん自身、そして4人の弟から成り立っています。

母親は3度の結婚を経験しており、弟たちはそれぞれ異なる父親を持っています。

高橋一生の父親は

高橋一生さんの父親については、公にはあまり詳しく語られていません。

ネット上にある情報を拾い集めてみると

高橋さんの母親は3度の結婚を経験しており、そのため高橋さんには3人の父親が存在したと考えられます。

高橋さんの実の父親は、彼が5歳の時に他界していると言う情報があります。

高橋さんの母親が18歳の時に彼を出産しているので、実の父親も若くして亡くなった可能性があります。

一方で、芸能活動している三男の安部勇磨さんはインタビューで「1人目の父親以外はみんな他界している」と話しているので、情報が交錯しただけで高橋一生さんの実父は生存されている可能性もあります。

高橋一生の母親は

高橋一生さんの母親については、公には詳細が語られていませんが、いくつかの情報を元に紹介します。

高橋さんの母親は、彼が5歳の時に他界した父親の後、3度の結婚を経験しています。

そのため、高橋さんには4人の異父弟がいます。

母親は、事業を興しては失敗を繰り返すバリバリのビジネスウーマンだったとされています。

また、一部の情報では元ホステスだったとも言われています。

母親は、2015年に53歳でがんのため亡くなっています。

理由は明らかではありませんが、高橋一生さんは幼少期から母親との折り合いが良くなく、幼少期は祖母に育てられていたという情報もあります。

高橋さんと母親の関係は複雑で、10年ほど連絡を取っていなかったと言われています。

しかし、母親ががんで余命わずかと知った高橋さんは、10年ぶりに再会し、最期を看取ったとのことです。

高橋一生の兄弟は

高橋一生さんは5人兄弟の長男で、下に4人の弟がいます。

  • 長男の高橋一生さんは、最初の父親との子
  • 次男と三男は、2番目の父親の子
  • 4男と5男は3番目の父親の子

それぞれの弟について詳しく見ていきましょう。

三男:安部勇磨さん

安部勇磨さんはバンド「never young beach」のボーカルとギターを担当しています。

バンドは2014年春に結成され、2015年に1stアルバム「YASHINOKI HOUSE」をリリースしました。

2017年にはアルバム「A GOOD TIME」でメジャーデビューを果たしました。

また、安部勇磨さんは、高橋一生さんが主演を務めた2020年1月公開の映画「ロマンスドール」で主題歌と劇中歌を担当しました。

次男、四男、五男について

次男は一般人であり、名前や年齢は公開されていませんが、デザイン系の職に就いているとされています。

高橋さんは次男に敬語で話すことがあるそうで、兄弟仲も良好であることが伺えます1。

四男は一般人で、具体的な職業は不明ですが、高橋さんは彼に家計簿をつけさせていたというエピソードがあり、家族としての責任感を感じさせます。

五男は寿司職人見習いで、高橋さんは彼に対しても父親代わりとしての役割を果たしていたようです1。

高橋一生の兄弟仲は

高橋一生さんと弟たちの母親は2015年に他界しており、母親ががんになった際には、三男の安部勇磨さんが高橋さんに伝え、最終的には高橋さんが母親の看取りを行いました。

この出来事は、高橋さんが弟たちに対して持つ深い愛情と責任感を示しています。

高橋一生さんと弟たちの関係性は、血のつながりを超えた深い絆で結ばれていることがわかります。

異父兄弟である彼らの間には、互いを支え合う強い家族愛が存在しているのです。

高橋一生の生い立ちは複雑だった?

高橋さんの生い立ちは確かに複雑です。

母親が3度の結婚を経験し、父親が3人いるという状況は一般的ではありません。

しかし、高橋さんはその環境を力に変え、今日の成功を手に入れました。

また、高橋さんが子供の頃からお世話をしていた弟たちとの関係は、彼が人間性と家族愛を深く理解する助けとなりました。

具体的な事例としては、高橋さんが子供の頃に家族を支えるためにアルバイトをしていたことが挙げられます。

まとめ:高橋一生の実家は赤坂の金持ち?

高橋一生さんの実家や家族について掘り下げてみると、その生い立ちは一見複雑に見えます。

しかし、それらが彼を形成し、今日の彼を作り上げた要素であることは間違いありません。

彼の人間性や演技力を更に理解するために、彼の背景を知ることは非常に有益です。

これからも高橋一生さんの活躍を応援していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました