桐谷健太の出身校(大学・高校・中学・小学校)は?

ドラマ『ケイジとケンジ』がクランクアップしたばかりの桐谷健太さん。

気になる桐谷健太さんの学歴について、みっちり調査してみました。

 

なんと桐谷健太さんは大学を中退していました。

その理由がなんと・・・

 

高校時代には「ケンズノンノ」の表紙を飾ったとか?

「メンズノンノ」の間違いじゃないかって?

 

桐谷健太さんの大学中退から愉快な高校生活を始め、中学や小学校までみっちりと調査してみました。

 

桐谷健太さんの学歴を追っていくと、彼の芸風の礎が見えてきますよ。

出身大学の情報とエピソードは?

桐谷健太さんの出身大学と中退した理由、学生生活について調べてみました。

出身大学の駒澤大学を中退?

桐谷健太さんの出身大学は、駒沢大学です。

駒沢大学は、東急の「駒沢大学前駅」から徒歩10分くらいのところにあります。

  • 所在地:東京都世田谷区駒沢1丁目23−1
  • 所属学部:経済学部

 

桐谷健太さんは、駒沢大学に入学後に俳優養成所の「アクターズクリニック」に通い始めました。

アクターズクリニックは映画監督の塩屋俊さんが主宰していて、鈴木亮平さんや深田恭子さんの卒業生として有名です。

このアクターズクリニックを卒業する際に、俳優業に専念するために駒沢大学の中退を決めました。

 

桐谷健太さんは、俳優業と学業の両立と俳優業専念との間で悩み抜いて、俳優業専念を選択して駒沢大学を中退しました。

 

この決断が、俳優としての覚悟を桐谷健太さんに与えたことで現在の成功に繋がっていると思えますね。

大学でのサークルは?

そんな桐谷健太さんは、駒沢大学在籍中はテニスサークルに入っていました。

 

実は、桐谷健太さんは後述する中学時代はテニス部のキャプテンを務めていました。

 

テニスサークルというと、チャラけたイメージもありますが、テニス部キャプテンを務めた経験のある桐谷健太さんのテニスの腕前はかなりのものだと想像できます。

 

駒沢大学のテニスサークル時代は、「アクターズクリニック」での勉強もありあまり参加できていなかったようですが、かなりの人気を集めていたのではと想像しちゃいますね。

出身高校の情報とエピソードは?

それでは、一つ遡って桐谷健太さんの高校時代について調査してみました。

出身高校は大阪府立桜塚高等学校?

桐谷健太さんの出身高校は、大阪府立桜柄高等学校です。

桜柄高等学校は、阪急の「岡町駅」から徒歩12分くらいのところにあります。

所在地:大阪府豊中市中桜塚4丁目1−1

 

桐谷健太の卒業アルバムの情報がツィートされていました。

高校時代も、結構目立っていたようですね。

 

高校時代の桐谷健太さんは、ラグビー部と軽音楽部に所属という面白い組み合わせですよね。

体格の良かった桐谷健太さんは、ラグビーではロックのポジションを任されていたそうです。

 

桐谷健太さんは、体格的に見て中学時代のテニスよりもラグビーのほうがあっている気がしますよね。

 

この桜柄高等学校の卒業生には、火野正平さんや田中直樹さん、亀田一恵さんがいます。

「ケンズノンノ」表紙を飾る?

桐谷健太さんは高校時代に「ケンズノンノ」というオリジナル雑誌を作って、自分で表紙を飾ったそうです。

雑誌のネーミングもさること、そのユーモアのセンスが笑えますね。

 

さらに、自分の写真でブロマイドを作って配りまくったという話をテレビ番組で話していましたね。

 

桐谷健太さんは、高校時代にはバンドを組んでいてドラム担当だったそうです。

しかもドラムの腕前はプロ並みというからすごいです。

 

バンドでは「THE BOOM」「ユニコーン」「オージーオズボーン」「ニルヴァーナ」などの楽曲を演奏していたそうです。

 

さらに驚いたのは、高校生にして日本ダービーで国歌斉唱を担当したことが有ることです。

 

中学ではテニス部のキャプテンで、高校ではラグビーのロック担当。

その上、プロ並みのドラムの腕前と抜群の歌唱力。

 

高校時代の桐谷健太さんは、まさにオールラウンドプレイヤーみたいで、さそや楽しい高校生活を送ったんじゃないかと羨ましい限りですね。

出身中学の情報とエピソードは?

さらに、桐谷さんの出身中学まで遡ってみましょう。

出身中学校は大阪市立豊崎中学校?

桐谷健太さんの出身中学は、大阪市立豊崎中学校です。

大阪市立豊崎中学校は、阪急の「天神橋筋六丁目駅」から徒歩10分くらいの場所にあります。

 

中学生時代の桐谷健太さんは、テニス部に所属してキャプテンをしていました。

桐谷健太さんは、中学生の時に映画「今を生きる」に感銘を受け俳優を目指すという目標を持ったようです。

 

桐谷健太さんは、中学時代に行った沖縄で三線に魅了されて度々沖縄に出かけているようですが、実際に三線を始めたのは22歳位からということですが、CMの中では見事に奏でるまでの腕前になっています。

 

高校生になってバンドを組みきっかけになったのは、中学生の時に聞いた「THE BOOM」の矢野顕子さんとのコラボ「からたち野道」だそうです。

この曲を聞くと今でも中学時代を思い出し泣いてしまうと、桐谷健太さんにはセンチメンタルな部分もあるんですね。

 

「からたち野道」を見てみましょう

ザ・ブーム からたち野道

 

豊崎中学校の卒業生には、俳優の金山一彦さん、号泣会見の野々村竜太郎元西宮市議などがいます。

出身小学校の情報とエピソードは?

さらに遡って、桐谷健太さんの小学校を調べてみましょう。

出身小学校は大阪市市立豊崎本庄小学校?

桐谷健太さんの出身小学校は、大阪市立豊崎本庄小学校です。

豊崎本庄小学校は、阪急の「天神橋筋六丁目駅」から徒歩10分くらいのところにあります。

小学校時代の桐谷健太さんは、成績が良くてスポーツのよく出来る文武両道なタイプで、クラスのムードメーカー的な存在だったようです。

出身地情報が暴露されすぎ?

桐谷健太さんの出身地情報がネットでかなり細かいところまで晒されています。

 

 

桐谷健太さんの出身地が「天神橋6丁目で天神橋筋商店街がある」とかなりピンポイントまでネットに出回っているということは、すでに実家まで特定されているかもしれませんね。

 

なんで、こんなに詳しくバレちゃってるんでしょうね?

 

そんな桐谷健太さんですけど、結婚して子供さんまで持った現在では、家族のことがばれないように家族のことは秘密にしています。

そこで、桐谷健太さんの子供さんに関して詳しく書いた記事が別にあります。

桐谷健太さんの子供の幼稚園について

クリックで読めます

まとめ

桐谷健太さんの学歴について調査しました。

  • 出身大学は駒沢大学ですが、俳優業に専念するために中退していました。
  • 大学ではテニスサークルに所属していました。
  • 高校は、桜柄高等学校でラグビーに所属していました。
  • 高校時代に「ケンズノンノ」の表紙を飾り、バンド活動をして日本ダービーで国歌斉唱を担当しました。
  • 豊崎中学校時代には、テニス部のキャプテンをしていました。
  • 豊崎本庄小学校では、文武両道でクラスの人気者だった。
  • 主審値がかなりピンポイントでバレている

かなり細かく調査できたのは、桐谷健太さんの情報がかなりネット上に流れていたからです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

香音ーKANON- (初回限定盤 CD+DVD+フォトブック) [ 桐谷健太 ]
価格:2475円(税込、送料無料) (2020/3/12時点)

楽天で購入

 

ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました