小松菜奈は演技うまいの声に下手すぎの謙遜?演技力の評価はどう?

小松菜奈さんを知ったのは、映画「恋は雨上がりのように」でした。

原作の漫画が好きだったので、映画の中の小松菜奈さんがイメージ通りでちょっと感動しちゃいました。

 

小松菜奈さんは、女優ですがファッションモデルでも有るのでスタイルも抜群で、ハーフのような顔立ちが印象的でした。

 

小松菜奈さんはテレビではあまり見かけません。

映画の女優さんなんでしょうか?

 

少し秘密めいた部分の有る小松菜奈さんの演技力については、どんな評価があるのか気になりませんか?

そこで、小松菜奈さんの演技が上手なのか下手なのか、演技力の評価について調べてみることにしました。

小松菜奈の評価はどう?

2008年に「ニコプチ」でモデルデビューした小松菜奈さん。

2014年に映画監督の中島哲也さんに発掘されて女湯デビューしました。

 

「近キョリ恋愛」や「バクマン。」などを経て、2014年に「沈黙 -サイレンス-」でハリウッドデビューも果たしています。

 

小松菜奈さんは映画出演が多いのですが、それは大根仁監督や園子温監督や中島哲也監督にたかいひょうかを受けているからだと思います。

 

つまり、名だたる監督たちが小松菜奈さんの演技力を評価しているということは、演技力は本物だと思えます。

演技力は、上手いの?下手なの?

テレビにはあまり出演していない小松菜奈さんは、演技力の評価はなかなか難しいですね。

 

小松菜奈さんは、映画監督からの評価がとても高いです。

これは、小松菜奈さんの演技力は評価されているということで、少なくとも「演技が下手」というレベルではないと思います。

 

映画の演技は、テレビよりもシリアスになるものです。

映画界での女優は、テレビ女優よりも遥かに刺激的で独特の空気感をもっています。

 

小松菜奈さんのハーフっぽい独特に引き込まれるようなビジュアルと演技力は、まだまだ伸びしろを十分秘めています。

 

小松菜奈さんは、周囲からの評価に対しては謙虚すぎるほど謙遜しています。

 

映画「渇き」で役所広司さんと共演した時には「もっと余裕を持って、加奈子らし区演技したら良いよ」とアドバイスを受けています。

 

映画「バクマン」では、佐藤健さんに「お芝居の上手い上手ってなんですか?」と聞いていました。

 

小松菜奈さんのことを共演者の皆さんは「芝居に入ると、普段と違い200%の力が出る」と評価されています。

 

まだまだ経験が足りない小松菜奈さんですが、これから経験を積んで世界に通じる女優に育ってほしいです。

まとめ

女優の小松菜奈さんは、ほとんど映画しかでていない女優さんです。

映画界では、テレビのように制約が少ない分、よりシリアスな演技が求められ、それを表現できる環境とも言えます。

 

小松菜奈さんの出演した映画の監督や共演者は、一応に彼女のことを評価していることで演技力が評価されていることがわかります。

 

小松菜奈さんは、まだまだ経験が足りない若手女優ですから、これからどんどん経験を積んで誰にも「演技が上手」と言ってもらえるようになってほしいです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

18 小松菜奈first photo book [ 小松菜奈 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/4/10時点)

楽天で購入

 

ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました