FirstLove初恋のキャストとあらすじ

Netflix佐藤健
スポンサーリンク

Netflixが2022年に公開予定の「FirstLove初恋」に佐藤健さんと満島ひかりさんがW主演と発表されています。

コロナ禍でロケも延期されてましたが、すでに北海道方面でのロケが始まっていて佐藤健さんや満島ひかりさんの目撃情報も出ています。

「FirstLove初恋」のキャストはどうなっているのか、またどんな話なのか気になります。

そこで「FirstLove初恋」のキャストとあらすじについて調べました。

スポンサーリンク

FirstLove初恋のキャスト

「FirstLove初恋」のキャストについて調べました。

並木晴道(なみき はるみち):佐藤健

並木晴道を演じる佐藤健さんは、満島ひかりさんの希望によるキャスティングと言われています。

並木晴道は、航空自衛隊のパイロットやめて別の道を進む真っ直ぐな性格で、満島ひかりさん演じる野口也英とは高校時代に最初に出会っている。

野口也英(のぐち やえ):満島ひかり

満島ひかりさんが演じる野口也英は、フライトアテンダントを目指していたけど不慮の事故で諦めている。

並木晴道とは出会いと別れを繰り返し、再び出会うという役どころ。

役不明:井浦新

井浦新さんの目撃情報が上がっているので、キャストの1人と思われます。

役不明:濱田岳

濱田岳さんの目撃情報が上がっているので、キャストの1人と思われます。

記事執筆時点では、佐藤健さんと満島ひかりさん以外のキャスティングについては未発表なので、分かり次第補足していきます。

佐藤健さんと仲が良い神木隆之介さんが出演したりしたら楽しいですよね。

FirstLove初恋のあらすじ

佐藤健さんと満島ひかりさんがW主演する「FirstLove初恋」は、1999年に大ヒットした宇多田ヒカルさんの「First Love」と2018年に発売された「初恋」に影響を受けて制作されるNetflixのオリジナルドラマです。

もととなる宇多田ヒカルさんの楽曲に合わせて、「FirstLove初恋」は

  • 1990年代後半:2人は高校生時代
  • 2000年代:並木晴道は航空自衛隊のパイロットを目指し、野口也英はフライトアテンダントを目指す
  • 現在:お互いに目指していたものとは別の世界にいる

という3つの時代の中で「初恋の記憶」というテーマの中で2人のラブストーリーが展開されていくようです。

ドラマは、90年代後半と、ゼロ年代、そして現在の3つの時代が交錯し、 20年余りに渡る忘れられない“初恋”の記憶をたどる一組の男女の物語となっている。

「FirstLove初恋」のあらすじのキーワードは、宇多田ヒカルさんの「First Love」と「初恋」になることは間違いないのでこの2つの曲について見てみましょう。

宇多田ヒカルさんの「First Love」

「First Love」は宇多田ヒカルさんが15歳の時の楽曲です。

歌詞からは、初めて出会った2人の別れを想像します。

ここから想像できるのは、並木晴道と野口也英は高校時代に出会い恋に落ちるけど、やがて別の道に分かれていくという流れかもしれないですね。

もしくは、野口也英が並木晴道に恋心を抱くが伝えることが出来ずに卒業を迎えてしまうと言う流れかもしれません。

宇多田ヒカルさんの「First Love」を聞いてみましょう。

宇多田ヒカルさんの「初恋」

「First Love」から19年を経て宇多田ヒカルさんが発表したのが「初恋」です。

歌詞から読み取れるのは、想い人に出会ってしまって恋に落ちてしまう様子が感じ取れます。

ここから想像できるのは

並木晴道は航空自衛隊のパイロットを目指し、野口也英はフライトアテンダントを目指している時に再び出会ってしまった2人。

今度は、本当に恋に落ちてしまう。

だけど、やがてある理由により再び別れてしまう。

やがて現在にいたり、2人は出会った頃を振り返っている。

こういう流れなのかなと予想しています。

現在で描かれる2人は、ハッピーエンドというよりは結ばれていないという気がします。

宇多田ヒカルさんの「初恋」を聞いてみましょう

脚本・監督の寒竹ゆりさんは

寒竹ゆりさんは

  • 2009年:映画「天使の声」で初めて長編映画を監督
  • 2012年:映画「ケランハンパン」で第23回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞受賞

と言う経歴で映画「天使の声」で、女性監督の視点でラブストーリーを描いているので「FirstLove初恋」も繊細なラブストーリーになるのではと予感されます。

坂本プロデューサーから宇多田ヒカルさんの「First Love」と「初恋」を繋ぐ物語を作りたいと声をかけてもらって、すぐに「やりたい!」と思ったんです。多くの人にとって宇多田さんの曲は特別だと思うけれど、私は彼女と同じ学年ということもあって、そういう意味でも、常に気になる存在、特別な存在でした。いまでもよく覚えているのが、宇多田さんが15歳でデビューしたとき、学者みたいな人が、難しい顔で歌詞を分析していたこと。そんな大人を同い年の子が感心させていることがショッキングでしたし、自分達の方が彼女の歌詞を本質的に理解できている気がしました。このドラマのセリフにもありますが、その時「私たちの時代が始まった」と思わせてくれたんです。そんなこともあり、宇多田さんの「First Love」から「初恋」の間に起きた20年間のエポックを、也英と晴道の20年間のドラマを通して描くことがすんなりイメージできましたし、あの歌詞からこの物語を描く必然性を感じました。

https://screenonline.jp/SCREEN_Plus/17414250

宇多田ヒカルさんと同年代の寒竹ゆりさんが「FirstLove初恋」をどのように描いてくれるのか楽しみですね。

具体的なあらすじが見えてきたら補足しますね。

FirstLove初恋のキャストとあらすじのまとめ

FirstLove初恋のキャストとあらすじについて調べました。

最初に主演に選ばれた満島ひかりさんが、ラブストーリーを演じるなら佐藤健さんが良いと指名をしたことでW主演に決まったとのこと。

宇多田ヒカルさんの楽曲からイメージされた脚本を寒竹ゆりさんがどのように描いて作品にしていくのかが楽しみです。

記事執筆時点では、詳しいキャストもあらすじも発表されていないので、分かる範囲で調べてみました。

Netflixで「FirstLove初恋」が公開されるのが楽しみです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました