浜辺美波「あの花」めんまがかわいい?実写がひどいとは?

浜辺美波
スポンサーリンク

浜辺美波さんは15歳の時にアニメ原作の「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の実写ドラマにヒロインの本間芽衣子(めんま)役で出演しています。

浜辺美波さんの「めんま」がかわいいと評判でした。

でも中には実写化はひどすぎるという声もあったので調べてみました。

スポンサーリンク

浜辺美波「あの花」めんまがかわいいけど年齢は?

アニメで大人気だった「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)」が実写化されてドラマとして放送されたのは2015年9月でした。

ヒロイン役には、同じ年の朝ドラ「まれ」に出演したことで話題になっていた浜辺美波さんが起用されました。

浜辺美波さんが演じたのはヒロインの本間芽衣子(めんま)役でした。

浜辺美波さんは幽霊役

あの花に登場する「めんま」と言う役は、実は7年前に事故死した少女の役なんです。

メンマの事故死を心の傷として持っている幼なじみたちの前に幽霊として現れためんまは、実は自分の死を受け入れられずにいるといった役回りでした。

当時まだ中学生だった浜辺美波さんが、めんまを演じることで話題にもなっていました。

浜辺美波さんのめんまの評価は

浜辺美波さんは当時中学生だったのにも関わらずめっちゃ可愛かったので、演技の未熟さよりも浜辺美波さんの「めんまがかわいい」と評価されていました。

たしかに、めんまを演じる浜辺美波さんは可愛すぎますよね。

15歳でこのビジュアルだから、今でも人気がすごいんですね。

実写版「あの花」でめんまを演じた浜辺美波さんの透明感の凄さが衝撃だったようですね。

浜辺美波さんの透明感は現在でも変わらず生きていますが、すでにあの花の時には完成していたということですね。

それにしても、めんまを演じる浜辺美波さんがかわいいですね。

浜辺美波「あの花」の実写がひどいとは?

浜辺美波さんがめんまを演じた実写版「あの花」で、かわいいと言う評価が多かったようです。

でも、中にはあの花の実写化については否定的な声もあったようです。

実写版「あの花」の評価

浜辺美波さんの「めんまはかわいい」と好評だったんですが、実写版「あの花」については厳しい声もあったようです。

その理由について調べてみました。

アニメ版「あの花」の影響力

アニメ版「あの花」は2011年に放送されています。

当時は、「泣ける恋愛ファンタジー」として話題になっています。

「あの花」の舞台は埼玉県秩父市で、アニメの中でも実際の場所がリアルに描かれていたおかげで、アニメファンの間では秩父市は聖地として見られていたようです。

その影響力は、秩父鉄道が記念乗車券を発行したり関連イベントを行ったりと、秩父市への観光業に与えた影響は計り知れないようでした。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 [DVD]

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 [DVD]

村上虹郎
3,600円(11/29 21:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

実写版「あの花」がひどいと言われたのは

アニメ版の「あの花」は全11話というスパンで、めんまや幼馴染の関わりをじっくりと描いていました。

だからこそ人気が出たのだと思います。

でも、実写版の「あの花」ではわずか2時間という枠に全てを詰め込むことになったために「めんま」を始めとする幼馴染の面々の心の細かい部分までは踏み込めていなかったようです。

そんなことからアニメ版「あの花」のファンからもあまり共感を得られなかったというところが、実写版「あの花」はひどいという声が生まれた理由ではないかと思います。

まとめ

浜辺美波「あの花」めんまがかわいい?実写がひどいとは?について調べました。

浜辺美波さんが「めんま」を演じた実写版の「あの花」は、アニメ版の評価が高かったのでアニメファンの期待に答えきれなかったという点では、厳しい評価があるのは仕方ないかもしれません。

また、女優としては成長過程にある浜辺美波さんの演技についても、評価が割れるところはあったようです。

とは言っても、浜辺美波さんが演じる「めんま」のビジュアルの可愛さったら無いですよね。

浜辺美波さんならかわいいから許すといった声も多かったようです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました