福士蒼汰の演技が下手すぎから上手くなったに変わった理由は?演技力評価の変化についても

福士蒼汰

福士蒼汰さんは、日本の俳優であり多くのドラマや映画で活躍していますが、演技に対する評価は様々です。

中には彼の演技に対して批判的な声もあります。

そこで福士蒼汰さんの演技が下手と言われる理由や、彼の演技がうまくなったと言われる理由、そして彼の演技力の評価がなぜ変わったのかについて調べてみました。

福士蒼汰の演技が下手すぎと言われる理由

福士蒼汰さんは、2010年に俳優デビューし、2013年にはNHK連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインの相手役を演じ、一躍脚光を浴びました。

しかし、その後、演技が下手すぎると批判されることが増えてきた。

その理由として、以下のようなものが挙げられます。

  • 感情表現が乏しい
  • 台詞回しが棒読み
  • 役に入り込めていない

それぞれについて詳しく見てみましょう。

感情表現が乏しい

福士蒼汰さんは、感情表現が苦手だとよく指摘されています。

喜び、悲しみ、怒りなどの感情を、自然に表現することができず、棒読みに聞こえてしまうことがあります。

例えば、2015年に公開された映画「ストロボエッジ」では、主人公の高校生の役を演じたが、感情表現が乏しく、台詞回しも棒読みで、役に入り込めていない印象を与えた。

台詞回しが棒読み

福士蒼汰さんは、セリフを棒読みすることが多くあります。

セリフのイントネーションや抑揚がうまくつけられていないため、感情が伝わりにくく、演技が単調に聞こえてしまいます。

役に入り込めていない

福士蒼汰さんは、役に入り込めていないとよく指摘されています。

同じような役柄を演じることが多く、演技の変化に乏しいと感じる人が多いようです。

2018年に公開された映画「BLEACH」では、主人公の黒崎一護の役を演じたが、役の魅力を表現しきれず、物足りなさを感じさせる演技だった。

福士蒼汰の演技がうまくなった理由

でも福士蒼汰さんも、いつまでも演技が下手すぎと言われているわけにも行きません。

最近では、演技への評価も変わってきているようです。

福士蒼汰さんの演技がうまくなってきた理由として、以下のようなものが挙げられます。

  • 演技の勉強をしてきた
  • 役者として経験を積んできた
  • 監督やスタッフからのアドバイスを受け入れるようになった

それぞれについて詳しく見てみましょう。

演技の勉強をしてきた

福士蒼汰さんは、演技の勉強をして役作りに力を入れるようになったことで、感情表現が自然になり、演技の幅が広がりました。

役者として経験を積んできた

福士蒼汰さんは、これまで役者として経験を積んできたことで役柄の幅を広げることが出来、演技の変化が感じられるようになりました。

監督やスタッフからのアドバイスを受け入れるようになった

福士蒼汰さんは、監督やスタッフからのアドバイスを受け入れることで、棒読みがなくなり、感情表現が豊かになりました。

こうした努力を積み重ねることによって、福士蒼汰さんは役柄に合わせた演技ができるようになったことが挙げられます。

また、福士蒼汰さんは、演技に対して熱心に取り組んでいることでも知られています。

そのため、演技力が向上したと言われることもあります。

福士蒼汰の演技力の評価が変わった理由

福士蒼汰さんの演技力の評価が変わった理由として、以下のようなものが挙げられます。

  • 批判を受けて演技を改善しようとした
  • 役者として成長したことで、演技力が向上した
  • 監督やスタッフからの評価が高まった

福士蒼汰さん自身も、批判を受けて演技を改善しようと努力していることを明かしています。

また、役者として成長したことで、演技力が向上したことも間違いないです。

さらに、監督やスタッフからの評価も高まっており、演技力を高めることに成功したことを裏付けています。

まとめ

福士蒼汰さんの演技が下手と言われる理由は、感情表現が苦手、棒読み、演技の幅が狭いことが挙げられます。

しかし、近年では、役作りに力を入れ、演技の幅を広げ、演技の技術を磨いたことで、演技力が大きく向上しています。

その結果、演技がうまくなったと評価する声が増えています。

今後も、福士蒼汰の演技に注目していきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました