高畑充希の歌がうますぎる理由を歌声動画で検証すると?

高畑充希

「過保護のカホコ」の特別編放送で、箱入りむめのカホコの純愛でキュンキュン再来ですね。

 

そんなとっても可愛い高畑充希さんは、歌がとってもうますぎると言われています。

女優で、可愛くて歌が甘くって歌声が綺麗なんて、高畑充希さんは最高ですね。

そこで、高畑充希さんの歌がうますぎる理由について調べてみました。

スポンサーリンク

歌がうますぎる理由は?

高畑充希さんは、舞台鑑賞が好きな両親と「オペラ座の怪人」などの舞台作品に触れる機会が多く、子供の頃から名曲になれ親しんでいました。

 

そんな関係で、幼少期から舞台への興味を強く持つようになったんですね。

 

高畑充希さんは、小学生になってからは本格的に舞台の世界に張りたくなってだと思いますが、舞台や芸能事務所のオーディションを10数回受けたそうです。

 

残念ながら、全部落ちてしまったそうです。

むしろ高畑充希さんの舞台女優になりたいという思いに火を点けてしまったのか、コーラスや声楽を学び始めました。

 

高畑充希さんは、中学生になってからは軽音楽部に入ってボーカルを担当するようになりました。

この頃は、軽音楽系のクラブコンテストに出場したり、スニーカーエイジのグランプリ大会に出場していました。

 

幼い頃に舞台を見初めてしまった高畑充希さんは、舞台女優になるという夢に向かって確実に駒を進めていったんですね。

 

高畑充希さんの歌がうますぎるだけでなく歌声が心に響くのは、自分の将来の目標を早くに立てて夢に向かって進んできたからの結果ですね。

スポンサーリンク

ミス・サイゴンのキム役で

高畑充希さんは、2020年の舞台「ミス・サイゴン」のオーディションを受けて、ヒロインのキム役を獲得していました。

 

高畑充希さんは、今回がラストチャンスと考えて挑戦したと話していました。

それだけ思いを込めていたのに、緊急事態宣言のせいで公演は中止になってしまいました。

 

舞台女優としての集大成を見せるつもりだったんでしょうね。

 

再公演の予定は今のところ立っていません。

 

ミス・サイゴンのPVを見ましょう。

スポンサーリンク

歌声は業界でも注目されている?

高畑充希さんの心にしみる歌声は、音楽業界での高く評価されているようで、竹内まりあさんや小渕健太郎さんなど多くの方から楽曲提供を受けています。

 

ドラマで共演したことがある黒木瞳さんは

「歌声の力強さ、清らかさが素晴らしくて度肝を抜かれました。

その潜在能力の高さはまさにミュージカル界を背負っていかれる逸材」

と、高畑充希さんの歌声を高く評価しています。

 

ここまで、高畑充希さんの歌唱力は評価されていると分かったので、実際の歌声を聞いてみたくなります。

スポンサーリンク

歌声を動画で検証

高畑充希さんの歌声が高く評価される理由は、実際に彼女の歌声を聞くのが一番です。

そこで、高畑充希さんの歌っている動画をいくつか紹介します。

どれも、高畑充希さんの歌声に心が染みますよ。

城田優さんとヂュエットした映画シンデレラの日本語版のエンドソング

高畑充希さんの声域の幅の広さと、透き通るような歌声が素晴らしいです。

「木蘭の涙」を歌う高畑充希さん

本当に透き通る声で、心が揺さぶられます。

それにしても、音域の幅がすごいです。

 

高畑充希さん歌う映画『いつまた、君と ~何日君再来~』

歌うますぎる。

透き通る声で、映画の余韻が伝わってくるような美しい歌声です。

 

高畑充希さん歌う「ホームにて」

バラード歌うと、心に響いてくる綺麗な歌声ですね。

音域の広さが改めてよく分かりますね。

 

高畑充希さんの歌声の使い分けが素晴らしい WEB限定MV「ワタシは酔わない」

これはすごいですね。

繊細な歌声と力強さにあふれて歌声を使い分けています。

いや、びっくりです。

 

高畑充希さんと星野源さんが熱愛?という噂をキャッチ。

確かに、高畑充希さんは星野源さんとの共演機会が多いのであり得るかもと思い、共演の様子から熱愛に繋がる事実を探った記事が別にあります。

高畑充希さんと星野源さんの共演から探る熱愛の可能性について

クリックで読めます
スポンサーリンク

まとめ

高畑充希さんの歌がうますぎる理由について調べてみました。

  • 舞台鑑賞が好きな両親の影響で幼少期から名曲に慣れ親しんでいた。
  • 小学生で舞台女優を目指して舞台や芸能事務所のオーディションを受けまくるがすべて落選した。
  • それでも舞台女優を夢見て、コーラスや声楽を学び始めました。
  • 中学生になってからは軽音楽部に入ってボーカルを担当した。
  • 軽音楽系のクラブコンテストやスニーカーエイジのグランプリ大会に出場していた。

 

高畑充希さんが歌がうますぎる理由は、幼い頃から舞台女優になるという夢を持って、そのために一つずつ確実に歩んできたからだということが分かりました。

 

実際、どれほどの歌唱力かということも、いくつかの歌っている動画から、高畑充希さんの透き通るような歌声と、幅広い音域の幅で聞き手の心にしっかりと感情を伝えられる素晴らしいものだと分かりました。

 

高畑充希さんが舞台女優の集大成と位置づけた「ミス・サイゴン」が中止になったのが残念です。

再公演が実施されるのが楽しみですね。

スポンサーリンク
万事好奇心旺盛
タイトルとURLをコピーしました