吉高由里子は演技上手いのに同じという声が?演技力評価についても

吉高由里子
この記事は約5分で読めます。

ドラマ「星降る夜に」でヒロインの雪宮鈴を演じる吉高由里子さん。

演技派の吉高由里子さんの演技は上手いと思います。

でも吉高由里子さんの演技はいつも同じとか下手という声もあるようです。

そこで、吉高由里子さんの演技力の評価も含めて調べてみました。

吉高由里子は演技上手いの?同じで下手なの?

吉高由里子さんは、最近ではドラマ「星降る夜に」以外でも主演を演じることは多いです。

つまり、主演級の女優であることは間違いないです。

吉高由里子のプロフィール

まずは、吉高由里子さんのプロフからチェックしてみましょう。

  • 誕生日:1988年7月22日(35歳)
  • 出身地:東京都
  • 2004年:高校1年のときに原宿でスカウトされる。
  • 2006年:映画「紀子の食卓」で女優デビュー、第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞

吉高由里子さんは

  • 最優秀新人賞:1回
  • 最優秀助演女優賞:1回
  • 新人賞:4回
  • 主演女優賞:7回
  • 最優秀女優賞:2回
  • 女優助演賞:2回

という受賞歴があります。

これだけの経歴を持っている吉高由里子さんですから、演技は上手いに決まっていると思えます。

吉高由里子の演技はいつも同じ?

吉高由里子さんの経歴に対して、意外にも「演技がいつも同じ」とか「演技が下手」という見方もあるようです。

調べてみると吉高由里子さんの演技には感情移入が足りないとかセリフが棒読みという意見が見られるようで、結果的に「演技が下手」と受け止められているようです。

吉高由里子さんの話し方に「少し舌足らずな気がする」と感じる人が結構いるようです。

でも、逆に吉高由里子さんには「舌足らず」を売りにしているという見方もあるようです。

また演技のうまい吉高由里子さんは、脚本に忠実に役を演じられるので「感情を押し殺す」「戸惑いを感じる」といった演技もきちんとこなしているように感じます。

吉高由里子の演技は感情表現の幅が狭い

吉高由里子さんは、喜怒哀楽の感情表現がやや単調で、感情の起伏がわかりにくいという指摘があります。

例えば、喜びの感情を表現する際には、口角を上げて笑顔を浮かべるだけ、悲しみの感情を表現する際には、目尻を下げて涙を流すだけ、といったように、感情表現がワンパターンになりがちです。

吉高由里子の演技は自然でない

吉高由里子さんの演技は、ややオーバーアクションで、演技をしている感が出てしまうという指摘があります。

例えば、怒りの感情を表現する際には、声を荒げて叫んだり、体を震わせたり、といったように、感情を表現するためにわざとらしく演技してしまうことがあります。

吉高由里子の演技はうますぎる

吉高由里子さんの演技に対して、マイナスのイメージを感じる人は演じている役をそのまま見て感じるイメージで判断しているようにも見えます。

役を忠実に再現できる吉高由里子さんだからこそマイナスのイメージを感じさせられるというのは、ある意味脚本家の勝ちとも取れますよね。

それは、裏を返せば脚本家のイメージ通りに役を演じきれる吉高由里子さんの演技が上手すぎるということになるのではないでしょうか。

吉高由里子の演技には凄みさえある?

吉高由里子さんが2021年に主演したドラマ「最愛」での評価を見ると、凄みさえ感じる圧巻の演技を見せたという声があります。

女性からしたら、三角関係のヒロインになっている女なんて鼻持ちならない……と思われがちなのが世の常。ですが、本作の吉高由里子は、観ている女性をざわつかせない納得感を醸し出しています

https://joshi-spa.jp/1122165

見る側にこうした感情を抱かせること自体、吉高由里子さんの演技の凄みではないかと感じます。

事件前の天真爛漫で純粋に大輝を好きな青春期は、まるで少女のような透明度の高い演技を披露。そこから一転、15年後には実業家としてたくましく成長した梨央を、ミステリアスな大人の女性として見事に演じ分けており圧巻でした!

https://joshi-spa.jp/1122165

吉高由里子さんは、一人の女性の人生を演じ分けられるだけの演技力の幅の広さを持っているんですね。

これだけみても、吉高由里子さんの演技は上手いという事実を疑う余地はないと感じます。

吉高由里子の演技力評価は?

吉高由里子さんの演技力の評価について

まず「吉高由里子の演技が上手い」というコメントをよく目にするが、これはやや違うかもしれない。もともと吉高は業界内で、「常に主演として及第点のアベレージを出せるタイプの女優」と評価されている。

https://biz-journal.jp/2021/11/post_265899.html

という見解があるようです。

吉高由里子さんの演技が抜群に上手いわけではないという評価ですが、「常に主演として及第点のアベレージを出せる」ということ自体すごい評価ではないかと思えます。

吉高が「いかに難しいタイミングで主演を任され、安定した演技で乗り切ってきたか」がわかるのではないか。彼女には常に主演女優にふさわしいレベルを出せる安定感があり、今回の『最愛』でも同じようにその重責をまっとうしているのだ。

https://biz-journal.jp/2021/11/post_265899.html

「常に主演女優にふさわしいレベルを出せる安定感」という評価自体が、吉高由里子さんの演技力を高く評価している以外の何物ではないと感じさせます。

吉高由里子さんの演技力は間違いなく本物で、数々の受賞歴がそのことを証明していると感じました。

吉高由里子は演技上手いのまとめ

吉高由里子は演技上手いのに同じという声が?演技力評価についても調べました。

演技力の高さで定評のある吉高由里子さんには、「演技が同じ」とか「棒読み」とか「舌足らず」と言った声があるようです。

調べてみると、そのように見せる演技を巧みに演じているのでは感じざるをえないことがわかりました。

また、吉高由里子さんには常に主演を演じられる安定感があるという評価も見られました。

結論として言えば、吉高由里子さんの演技は圧巻の演技力で支えられていると感じました。

タイトルとURLをコピーしました