渋沢栄一の生家「血洗島」はどこ?

ドラマ&映画 渋沢栄一 青天を衝け
スポンサーリンク

大河ドラマ「青天を衝け」で吉沢亮さんが演じる渋沢栄一さんの生家がある「血洗島」はどこにあるんでしょう?

NHKはロケのために東京ドーム5個分の広さのオープンセットをつくちゃったようです。

血洗島について調べてみました。

スポンサーリンク

血洗島はどこ?

渋沢栄一さんが生まれたのは、現在の埼玉県深谷市にあった「血洗島」というそうです。

血洗島の由来

血洗島って、なんか不気味な響きですが、由来はどういうことなんでしょうか。

渋沢栄一さんは大正初期に「龍門雑誌」で地名の由来について談話を乗せていたそうです。

『…恐ろしげなるこの村名のかげには幾多の伝説と口碑(言い伝え)とが伝わっている。
 しかしそれは赤城の山霊が他の山霊と戦って片腕をひしがれ、その傷口をこの地で洗ったという種類のもので…』(日光の山霊=大蛇と赤城の山霊=ムカデが戦場ヶ原で戦ったという伝説)続いて『…斉東野人(孟子〔万章〕の事理を知らない田舎者の例え)の語たるは言うまでもない』と地名に対しては、あまり伝承や口碑にはこだわらなかったようですが各地を訪れる先々で血洗島の由来を質問されたそうです。

引用元:渋沢栄一デジタルミュージアム

他にも

  • アイヌ語の「ケシ=厚岸、ケセン=気仙沼、ケッセン」(岸、末端などの意)で血洗(この当て字が憶測のもと)という説。〔因みに利根川のトネはアイヌ語で(tanne)長いという意味〕
  • その昔、この辺りで合戦があり(一説に平安時代に八幡太郎義家の奥州遠征の途中)家臣の一人が切り落とされた片手を洗ったので血洗島と言い、土地の人がその手を近くに葬った墓が手墓と言う伝説がありました。

という説もあるようです。

血洗島の場所は

渋沢栄一さんの生家は、現在渋沢栄一記念館として一般公開されています。

場所名:血洗島

住所:〒366-0006 埼玉県深谷市

最寄り駅:JR岡部駅 徒歩58分

渋沢栄一の生家は

渋沢栄一の生家は、上の「血洗島」の近隣にあります。

場所名:旧渋沢邸 中の家

住所:〒366-0006 埼玉県深谷市血洗島247−1

オープンセットはどこ

大河ドラマ「青天を衝け」の渋沢栄一の生家周辺のオープンセットは、群馬県の安中市松井田町に組まれました。

セットには、生家(通称・中の家(なかんち))や親戚の尾高家のセットが組まれたそうです。

オープンセットでの撮影は、8月~12月の間の通算21日間で行われたそうです。

渋沢栄一の生家のまとめ

渋沢栄一の生家「血洗島」はどこについて調べました。

  • 渋沢栄一さんの実際の生家は、埼玉県深谷市に残っています。
  • 撮影は、群馬県安中市松井田町に作られた、広大なオープンセットで行われました。

渋沢栄一の生家の撮影のために、東京ドーム5個分もの広さのオープンセットを組んだなんて凄いですね。

放送が楽しみですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました