有村架純は普通過ぎるのになぜ人気?

有村架純

映画「るろうに剣心」の最終章で、緋村剣心の妻の雪代巴を演じることが決まった有村架純さん。

有村架純さんはドラマもよく出ているので、あちこちで目にします。

 

女優さんですから公に出る画像はメイクもバッチリで、とってもきれいな方ですよね。

でも、インタビューなんかで見る有村架純さんは、普通の女の子という印象を受けます。

 

でも、そんなに普通すぎる有村架純さんは、なぜあちこちで見かけるように人気なんでしょうか?

ふと、気になったので有森架純さんは普通なのに何故人気なのか?調べてみました。

スポンサーリンク

普通過ぎるのになぜ人気?

https://www.instagram.com/p/B9Eu3bbJwC1/

有村架純さんがブレイクしたのは、朝ドラの「あまちゃん」で、天野春子の若い頃の役を演じたからですね。

 

「あまちゃん」に出演が決まった理由の中に

『きれいだけど、田舎にいても「こういう娘がいそう」』

ということが結構大きなポイントだったそうです。

 

有村架純さんは「○○の奇跡」とか「超美人」とかではなく、どこでも居そうな普通すぎる女の子感の強い女優だったわけですね。

 

ある意味有村架純さんの親近感が、老若男女を問わず支持される理由になったという感じですね。

スポンサーリンク

女性ウケが良いから?

有村架純さんは割と普通なために、有村架純さんのメイクを真似たりして見たいと思う女性が多いようです。

現にネットでは、有村架純さんのキーワードに「メイク」とか「髪型」とかが多いことで裏付けされます。

 

「○○の奇跡」とか「超美人」と言った代名詞がつく女優さんだと、なかなか真似しても有村架純さんになりきるのは難しいから敬遠されちゃいますよね。

 

当の有村架純さんは、でびゅーとうじは「普通すぎる自分が嫌だった」とコメントしていました。

 

最近では、「私って、本当に普通だし、今後も普通で行きます」

とか

『見かけた人に「全然普通」とか言われても気になりません』

とコメントしています。

 

有村架純さん自身も、自分が普通っぽいからブレイクできた!と思っているかもしれないですね。

スポンサーリンク

男性ウケが良いから?

実は、有村架純さんは女性だけでなく、男性のウケも良いと聞きます。

 

有村架純さんが普通すぎるというのは

  • 髪を縛ると普通に見える。
  • 普通に可愛い。
  • 普通に性格良さそう。
  • 画像を見ていると普通の人に見えてくる。

 

この有村架純さんの「普通」すぎるところが、女性だけでなく男性からもウケが良いわけですね。

 

男性目線から見た有村架純さんは、「癒やし系」であったり「守ってあげたい」という感情が湧くみたいですね。

スポンサーリンク

過激演技力だから?

https://www.instagram.com/p/B1WaOPGpw97/

有村架純さんは、自分の演技を大事にする女優さんです。

 

有村架純さんは、作品に出演する際は役になりきる努力を怠りません。

  • 「ビリギャル」では、金髪ミニスカートのJKに。
  • 「失恋ショコラ」では、ベッドシーン。
  • 「スターマンこの星の恋」では、濃厚キスシーン

というように、色々過激と言えるような演技も体当たりで演じきっています。

 

有村架純さんは「あまちゃん」に出演した時に、あることがきっかけで、「何かを変えなければ」「このままではいけない」と気がついたといっています。

 

有村架純さんは、役を演じる時には常に体当たりであり、自分の演技を常に向上させようと考えています。

スポンサーリンク

まとめ

有村架純さんは、普通すぎるのに何故人気なのかについて調べてみました。

 

有村架純さんは、女優だからと言って気負うところは一切なく、自分自身から「普通である」ことを目指しています。

 

そんな姿勢に、女性も男性も惹かれ、真似をしたいと思ったり、守ってあげたいと思うようです。

 

また、有村架純さんは自分の演技に対して、常に向上心を持っています。

 

そんな有村架純さんの姿に、「なぜ人気」の秘密があるように感じました。

 

有村架純さんの演技が下手くそと言われる理由について、別の記事で詳しく書いています。

有村架純の演技が下手すぎについて

クリックで読めます

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

深呼吸 有村架純1st写真集 [ 細野晋司 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/3/22時点)

楽天で購入

 

スポンサーリンク
万事好奇心旺盛
タイトルとURLをコピーしました