上白石萌音モテるけどハードスケジュールで大丈夫!?

上白石萌音

2020年に「恋はつづくよどこまでも」の大ヒットでブレイクした上白石萌音さん。

 

今年は、歌にドラマに映画とモテモテでたくさんの仕事をこなしてきました。

上白石萌音さんは、2021年もすでにお仕事が2つ決まっています。

 

さすがにハード過ぎないと心配になっちゃいます。

スポンサーリンク

モテモテで仕事多すぎ

2020年は萌音ちゃんイヤーと言えるくらい、あちことで萌音ちゃんが登場しています。

2020年を振り返っても

  • ドラマ「恋はつづくよどこまでも」
  • ドラマ「未満警察」
  • ドラマ「ほんとにあった怖い話」
  • ドラマ「SUIRTS2」
  • ドラマ「記憶捜査2」
  • 映画「トロールズミュージックパワー」
  • 舞台「美女と野獣」

これ以外にもライブやアルバム発売、CM出演やバラエティ出演など、ほんとに見ない日がないほどですよね。

 

しかも、2021年の1月期の「恋はつづくよどこまでも」と同じ枠の新ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」で主演が決まったばかりなんです。

 

さらに、2021年の大河ドラマ「青天を衝け」で第13代将軍・徳川家定の正室・篤君役が決まりました。

 

この役は、2008年の大河ドラマ「篤姫」で宮崎あおいさんが演じた主人公という役割で、「青天を衝け」の中でも重要な役です。

 

上白石萌音さんの大人気ぶりは分かるけど、いくらなんでもハードすぎますよね。

スポンサーリンク

ハードスケジュールで大丈夫?

上白石萌音さんは、2021年が始まったばかりで2つの大仕事を抱えたわけです。

 

「篤姫」に出演した宮崎あおいさんも、当時は映画「少年メリケンサック」と2つ抱えていて心身ともにヘトヘトだったと言われています。

 

上白石萌音さんの場合は、2つともドラマということで宮崎あおいさん以上にハードではないかと心配されています。

 

ただ救いがあると言えば、上白石萌音さんは2011年の「江〜姫たちの戦国〜」と2018年の「西郷どん」で大河ドラマへの出演経験があり、大河ドラマ出演というプレッシャーに対してはアドバンテージが有るということですね。

 

とは言っても、仕事に対しては真剣勝負の上白石萌音さんですから、ハードすぎると心配になっちゃいますね。

 

心配になっちゃうくらいモテすぎですよ。

スポンサーリンク

まとめ

上白石萌音モテるけどハードスケジュールで大丈夫と心配だったので調べました。

  • 2020年は「恋はつづくよどこまでも」でブレイクしてからは、仕事が立て続けに入っている。
  • 2021年は、恋つづ枠の新ドラマの主演と、大河ドラマ「青天を衝け」で重要な役割が決まりました。
  • ドラマ以外にも、歌手活動やCMもありバラエティも引っ張りだこ。

 

上白石萌音さんは、誰にでも好かれるかわいい女優さんだけど、仕事に対しても真剣だから体力面で心配になっちゃいますよね。

タイトルとURLをコピーしました