「青天を衝け」渋沢栄一の子役は誰?

ドラマ&映画 渋沢栄一 青天を衝け
スポンサーリンク

大河ドラマ「青天を衝け」が始まります。

主人公の渋沢栄一役は吉沢亮さんが演じますが、渋沢栄一の子供時代の子役は誰が演じるのでしょうか?

調べてみると小林優仁(こばやしまさひと)君が演じるようです。

小林優仁君とはどういう子役なのか調べました。

スポンサーリンク

渋沢栄一の子役は誰?

渋沢栄一さんの子供時代を演じるのは、小林優仁(こばやしまさひと)君です。

上の写真がそうですが、なんかとても可愛いですよね。

プロフは?

  • 生年月日:2011年4月25日(9歳)
  • 出身地:東京都
  • 職業:子役
  • 事務所:OFFICE U
  • 身長:132cm
  • スポーツ:サッカー バスケットボール シャドーボクシング
  • 特技:体幹 ストレッチ ダンス 作曲
  • 趣味:登山 お菓子づくり 映画・ドラマ鑑賞 ライヴ通い
  • 夢:俳優 ダンサー ミュージシャン サッカー選手
  • デビュー:2017年歌舞伎座八月公演「刺青奇偶」長屋の子役

TV出演は、「青天を衝け」が初めてのようですね。

2017年から舞台には出ていたようですが、テレビ初出演が大河ドラマというのは、かなりの抜擢ですよね。

しかも、まだ9歳というのが凄くないですか?

調べてみたら、小林優仁君は4歳のときに松竹の歌舞伎座寺子屋スクールのオーディションを受けて芸能界入りしたそうです。

小林優仁君の母親は海外でバレリーナをしていたそうで、優仁君には日本の伝統芸能を覚えてほしかったようです。

そのために、優仁君は歌舞伎座の公演からデビューしたんですね。

小林優仁君は、2021年1月からFMとおかまちの音楽番組「Space Brothers」にレギューラー出演しています。

小林優仁君は、ルックスが女の子みたいで可愛いですよね。

「青天を衝け」出演で、ファンが増えそうですね。

渋沢栄一ってどんな人?

大河ドラマ「青天を衝け」の主人公の渋沢栄一さんは、一体どういう人なんでしょうか?

江戸時代末期に現在の埼玉県深谷市の富農の家に生まれたが、尊王攘夷運動に身を投じ故郷を出る事となる。一橋家家臣となったが、主君一橋慶喜が将軍となったことから、幕臣に身分が変わり、パリ万博派遣使節の一員として西欧文明に接する機会を得る。

帰国後は静岡藩を経て、請われて明治政府に出仕、大隈重信や井上馨、伊藤博文らと各種の新たな制度作りに係わる。大久保利通との財政運営の考えの違いから官を辞し実業界に転じ、合本主義の考えのもと第一国立銀行や東京商法会議所、東京株式取引所を初めとし、500を超える企業や経済団体の設立・経営に関わると共に、同時に、東京養育院等の社会福祉事業、東京慈恵会、済生会等の病院医療、東京商科大学等の実業教育、東京女学館、日本女子大等の女子教育、二松學舍や早稲田大学等の私立学校等の設立、運営、支援等、700を超える社会事業にも尽力した。

また実業経営の一線を引退した後も、民間外交による対外関係の改善に向けて尽力を続けた。これらの功績を元に「日本資本主義の父」と称される。

Wiki

渋沢栄一さんは、日本の資本主義社会の礎になった人なんですね。

大河ドラマが取り上げるにふさわしい人物像なんですね。

渋沢栄一さんの子供時代は、農村地帯で暮らすも富農の家に生まれのために多少なりとも豊かな生活だったんでしょうね。

そのころを、小林優仁君がどう演じるかが楽しみですね。

渋沢栄一の子役のまとめ

「青天を衝け」渋沢栄一の子役は誰についてまとめました。

  • 渋沢栄一さんの子供時代を演じるのは、小林優仁君(執筆時9歳)です。
  • テレビ出演が初めてで大河ドラマの主人公の子供時代の役に抜擢されました。
  • 渋沢栄一さんは、「日本資本主義の父」と言われる日本の資本主義社会の礎を作った人です。
  • 子供時代は農村時代過ごしたところを、小林優仁君が演じます。

テレビ初出演の小林優仁君がどういう演技を見せてくれるのか楽しみですね。

ルックスも可愛いですからね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました