玉森裕太が上白石萌音とのドラマで見せる子犬系男子の特徴とは?

ボス恋玉森裕太
スポンサーリンク

玉森裕太さんはドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」で上白石萌音さんとラブコメを演じます。

ドラマの設定では、玉森裕太さんは「子犬系男子」となっています。

子犬系男子って一体どういう人を言うのか、きちんと理解しているとドラマも楽しめると思い、きっちり調べました。

スポンサーリンク

玉森裕太が演じる子犬系男子とは?

1月12日スタートのドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の中で、上白石萌音さんと恋仲になる子犬系男子という設定になっています。

ここで「子犬系男子」について、よく理解していると玉森裕太さんと上白石萌音さんの恋の様子についてもより楽しめるかと思います。

子犬系男子の特徴

犬系の男子を簡単に表すと、「人懐っこくて、誠実で裏切らない。」というイメージのようです。

いつも笑顔で表情が柔らかい

ザクッと言うと、童顔で幼い顔立ちで、目が大きく口角が上がっていて話しやすそうに見える。

玉森裕太さんに当てはめてもクリアしそうです。

社交的で人懐っこい

子犬がじゃれるように、自分から積極的に絡んでこれる人。

玉森裕太さんも、そういう感じがあるのでクリアしそうです。

素直で一途

何事にも前向きで一途に取り組んで行く。

ドラマが始まってないので、玉森裕太さん演じる潤之介が一途なのかはわかりません。

玉森裕太さん自身は、キスマイでの活躍を見る限りブレるところは見れないのでクリアかな。

嫉妬深いので注意

かなり癒やし形に見える反面、寂しがりやで嫉妬深い面もある。

玉森裕太さん自身が嫉妬深いかどうかは不明ですが、演じる潤之介にそういう一面があるかどうかが見ものですね。

子犬系男子の恋愛観は

いつも繋がっていたい

好きな人とはいつも一緒にいたいし、まめに連絡を取らないと不安になっちゃう。

甘えるのも甘えられるのも好む

とにかくスキンシップが好き。

ひと目は気にならないので、どこでも手をつなぎたい。

尽くしたい

つねに好きな人の笑顔を見たいので、彼女のためなら何でもしちゃう。

玉森裕太と上白石萌音は胸キュンになる?

子犬系男子の特徴や、恋愛観が分かってきました。

これらの情報を、「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に当てはめると、玉森裕太さんの演じる潤之介が、上白石萌音さん演じる奈未の気持ちを射止めるのかが見えてくるはずです。

この記事を書いている時点では、ドラマは放送前なので潤之介の性格も奈未の性格もわからないので、なんとも言えないですよね。

予告編などを見ていると、いきなり潤之介が奈未にむかって「俺の彼女になって」と告るのは分かってますよね。

そのあと、2人の関係が胸キュンになるのかは、見ないとわかんない(泣)

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」は、動画配信のParavi で全話見放題視聴ができます。

(最新話は、放送終了後に公開)

さらに、Paraviオリジナルストーリー「オー! マイ・ツンデレ! 恋は別冊で」も配信されます。

玉森裕太の子犬系男子のまとめ

玉森裕太が上白石萌音とのドラマで見せる子犬系男子の特徴について調べました。

犬系の男子を簡単に表すと、「人懐っこくて、誠実で裏切らない。」というイメージのようです。

ただ、意外と嫉妬深い側面があるので注意しないといけないですね。

これらを踏まえて、「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」を見てみると、玉森裕太さんの演じる潤之介が上白石萌音さん演じる奈未の恋を楽しめる気がしますね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました